ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

2017年 節分の意味と由来について! 恵方巻きの由来とは?

      2017/02/02

 
2017年の節分は2月3日(金)です!

2017年の恵方は 北北西の方角ですよ~
無言で巻き寿司をまるかぶりしますヽ(゚∀゚ )ノ

節分といえば、豆まき「鬼は~外、福は~内」や、
巻き寿司の「恵方巻き」・「ひいらぎいわし」など、ありますが、
いつ頃から行われていて、どんな意味があるのでしょうね。

昨年の節分の日、道を歩いていると、
窓から、豆が放り投げられてきてビックリしたことがあります。

家の中から「鬼は~外!」って、大きな声が聞こえてきましたが、
ちょうどその前を通った私は「鬼?」(>へ<。)

微妙な感じを受けましたよ(´∀`;)

道路に散乱している豆はどうするんだろう?
ちょっと気になりました。

SPONSORED LINK

節分の意味は?

節分とは、本来は節(季節)の分かれ目の日のことで、
立春・立夏・立秋・立冬の前日を、すべて節分と言われていました。

なかでも、春の始まりを告げる立春は旧暦の新年にあたるため、
1年の初めは、重要な意味があるとして、
宮中で大晦日に厄を祓って、新年を迎える儀式を節分と言っていたようです。

立春の前日の節分だけが、現在も残されているのですね。

 

どうして、豆をまくの?

 
季節の変わり目には、
鬼に象徴される「悪」や「厄」が、生活の中に入ってきやすいということで
悪や、厄を追い祓(はら)うために「鬼やらい」、
つまり「豆まき」が行われたのですね。

豆は鬼の眼を打ち、邪気をはらい、1年の無病息災を願います。

 

なぜ、ヒイラギといわしなの?

ダウンロード

柊鰯(ひいらぎいわし)といって、
柊(ひいらぎ)の葉の棘(とげ)が、鬼の目を刺すので門口から鬼が入れず、
またイワシの頭は、その臭いで鬼を寄せ付けないと考えられていたんです。

また、地域によっては、
逆に、鰯の臭いで鬼を誘い、柊の葉の棘が鬼の目をさすとも説明されています。

 

なぜ節分に恵方巻なの?

 
2017年の恵方は 北北西の方角ですよ~
無言でまるかぶりしますヽ(゚∀゚ )ノ

images

恵方巻き(えほうまき)とは、
大阪海苔問屋協同組合が、お寿司屋に海苔を納める時に、

「節分の夜、巻き寿司を、その年の恵方に向かって無言で、
丸かぶりすると必ず幸福が回ってくる」と、
いうような内容のチラシを配ったことが発端なんです。

寿司屋は2月に客足が落ちるそうで、

大正初期には、大阪の花街で節分の時期に、
「お新香を巻いた海苔巻きを恵方に向かって食べ、縁起を担いだ。」
という話が残っていて、このことからの発想なのでしょうか。

平成10年にセブン-イレブンが全国発売にあたり、商品名に採用したことで
広まったらしいですね。

大阪海苔問屋協同組合の戦略が大当たり!しましたね^^
 

SPONSORED LINK

節分の由来は?


 
いつ頃から節分が行われたの?

奈良時代
文武天皇の慶雲三年(706年)に、諸国に疫病が流行したので、
鬼儺(おにやらい)の儀式を行ったのが、起源とされています。

平安時代の宇多天皇の頃(887年~897年)に、
鞍馬山の奥の僧正ヶ谷に住んでいた鬼が、都に乱入しようとしたので、
豆を投げ鬼の眼を潰して回避したのが、豆まきの始まりのようです。

室町時代には、
現在のように「鬼は~外、福は~内」と唱えながら豆をまくようになったとさ。

江戸中期頃には、
社寺の行事として行われるようになりました。

明治維新からは、現在の形になっているようです。

節分の豆まきとして、
一般庶民に広まったのは江戸時代頃という説もありますが、
実際のところどうなんでしょうね。

ダウンロード (6)

子ども達が小さい頃は、豆まきをしましたが、
今は、もっぱら恵方巻きだけです^^

2017年の恵方は 北北西の方角ですよ~
無言でまるかぶりしますヽ(゚∀゚ )ノ

 - 生活 , , ,