ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

ハーブ「ローズマリー」の効能と利用方法!

      2016/05/24

ローズマリーといえば、
ローズマリーの精油が認知症に効果があるよ!と
メディアで騒がれてからは、一躍人気者?になりました。

SPONSORED LINK

そのローズマリーの効能が
「健康と美容」に本当に素晴らしいのです!
なんと!「若返りのお茶」として有名なお話もあるほどです。

花粉症で悩まれている方も多いと思いますが、
ローズマリーはそんな悩みも解消してくれますよ!

r-horz
他にもいろいろ効能があります!
今からみていきましょう~!

ローズマリーのプロフィールと効能

科 名:シソ科
原産地:地中海沿岸地方

ハーブの使用部位:花・葉・茎
精油の抽出部位 :葉

香り
クリアでしみ通るような、スーッとした強い香り
フレッシュで樟脳に似た清涼感のある香り

効能

  • 頭脳を明晰(めいせき)にして、集中力、記憶力を高めるといわれています
  • 精神的な疲労を癒して前向きな明るい気分にしてくれます
  • 頭痛と偏頭痛に効き、軽いめまいにもいいですよ!
  • 利尿作用があるので、むくみ対策に利用できます
  • 低血圧の人の目覚めを良くします
  • コレステロール値を下げてくれますよ
  • 更年期障害の症状を緩和してくれます
  • お腹の張りをしずめます
  • 歯肉炎なども防いでくれますよ
  • 鼻水や鼻づまり、タンがからむのどをスッキリさせるのに有効ですよ
  • 血行がよくなるので、筋肉疲労や、リウマチ、神経痛の症状を緩和してくれます
  • フケや抜け毛を防いでくれますよ!
  • 脂性肌の改善を行ってくれるので、にきびの予防に役立ちます
  • 強い収れん性作用があるので、たるんだ皮膚に効果を発揮します!
  • 肉の臭みを消して、鮮度を長持ちさせることができます
  • ロズマリン酸が多く含まれていて、花粉症やアレルギー性皮膚炎などの
        アレルギー症状に効果的です

記憶力・集中力アップで知られる「ローズマリー」は
受験生にもおススメです!!
勉強部屋に、ローズマリーの精油を香らせるんです。

こちらのショップで、精油などが購入できます。
キャンドルものは、火の扱いに注意が必要ですので避けた方がいいですよ。

ハーブ系アロマ精油☆アロマオイル ローズマリー 10ml 【レビューを書いたら送料無料!】 エッ…

使用上の注意
きわめて刺激が強いので、乳幼児、高齢の方
妊娠中、高血圧症、てんかん、心臓疾患のある人は、量を調節するか、
使用を控えるか、注意が必要です。

SPONSORED LINK

ハーブと精油の関係

ハーブとは
香りのある植物で、その香りにはさまざまな薬効があるといわれています。

ハーブはそのままでも香りますが、摩擦を与えることでより強く香ります。
それは、ハーブの葉や花にある精油のポケットがはじけるからなんですね。

生のまま(フレッシュハーブ)か、乾燥させて(ドライハーブ)利用します。

精油(エッセンシャルオイル)は
そのハーブの揮発性の有効成分を抽出したもので、
そこには、ハーブのもつ薬効が凝縮されています。

凝縮されているため、即効性はありますが、
取扱いには多少注意が必要ですね。

精油については、別ページ(作成中)にて。

ハーブの利用方法

ハーブを使ったいろいろな健康法は、
民間療法として昔から伝えられています。

香りや作用が穏やかなので、
料理やお茶、化粧品、クラフト、染色で、楽しむことができますよ。

また、菖蒲湯やゆず湯のようにお風呂や、足湯に入れてみましょう。

ローズマリーの浸剤でできる事

ハーブティーや、化粧水として利用したり、
フケをおさえる効果があるのでリンスやトニックにも活用できます。

ローズマリーのハーブティーは「若返りのお茶」といわれており、

この化粧水で、若さを取り戻したハンガリーのエリザベート王妃が
77歳の時にポーランド王に求婚されたという話はよく知られています。

ハーブティーの作り方

用意するもの:

ローズマリー(ドライハーブ)
ティーポット
ティーカップ
hh-

ティーポットにハーブをティースプーン山盛り1杯(1人分)を入れ、

沸かしたてのお湯を静かにポットに注ぎ、
香りをにがさないようにすぐフタをして、5~10分蒸らします。

保存はできませんので使いたい分だけ作ります。

飲むときは、香りをかいでから飲んでね。
その香りが心と体に良い働きをしてくれます^^

香りの分子が鼻から入って、
その刺激が大脳辺縁系というところに届き、

「いい香りだなぁ~」と感じることによって、
本能や、情動記憶に、アクセスしてくれます。

香りのメカニズムですね。

ハーブは精油に比べて作用は穏やかですので、
早い効果を求めるならば、精油を使った利用法でお試しくださいね。

ハーブは、プランターなどでも簡単に育てられますので、
自家栽培を楽しまれてはいかがでしょうか~!

“つぶやき”
ペパーミントとレモンバームを、管理人の先に食べた奴がいる。
犯人はこのコ
rira2rira

あっ!言い忘れました~

肩こりで辛い方に、
血行を促進してくれるハーブをブレンドしてみましょう。

肩こりは筋肉に乳酸がたまり、血液の循環が悪くなって起こりますね。
ストレスも原因しているのかもしれません。

リフレッシュしましょう♪

タイム・・・
ペパーミント・・
ローズマリー・・
熱湯

上記の「ハーブティーの作り方」を参考にしてくださいね。

 - ハーブ , , ,