*

夫婦の価値観が違い過ぎると愛の賞味期限は短い!?

 
育った環境の違うものどうしは
価値観が違って当たり前なんですよね。

しかし、同じ屋根の下で暮らすには、共通したものがないと苦痛だと思います。

「愛さえあれば」なんて言う人もいますが、
愛にも賞味期限がありますから。。

SPONSORED LINK

 

結婚すると、夫婦二人の他に
それぞれの家族との関係も増え、事あるごとに風習の違いを感じたり、
二人の価値観も大きくズレていると、それはそれは大変!

結婚するまで見えていた彼のやさしさが、タダの優柔不断な性格だったり、
思い通りにさせてくれる人と思っていたら、
自分の考えがなくて、相談しても一緒に考えてくれない。

イヤな面が見えてきて、何回注意しても無視される。

いろんなところに遊びに連れて行ってくれて、
楽しませてくれていた彼は、結婚後も家庭を顧みず、独身気分

自分だけの時間を費やしていて、家庭を築くという感覚がないので淋しい。

愛されていると思っていたのは、タダの独占欲、束縛が強すぎて
こちらの気持ちを汲んでもらえず、自由に行動できない。など

まだまだ、いろんなパターンがあるでしょうね。

恋は盲目」って言葉のとおり、
付き合っているときは、良いところだけしか見えない、というか、
良く見ようとしているんでしょうね、きっと!

 

夫婦愛を育てる方法①

合わないから別れる!って事ではなくて、
お互い理解しあって、仲良く暮らすにはどうすればいいのでしょうか?

基本的に男性は甘えん坊です。
女性からみると、力強くて、頼もしくて、包容力があって、、、など
いろんな男性像があるでしょうけど、

大半の男性は、いくつになっても
女性に甘えたいし、癒やして欲しいし、包容力があってほしいと思っているんです。
女性がいないと生きていけないでしょうね。

大半の女性も、男性に甘えたいと思っているので、
甘えさせてあげたいという意識は薄いかもしれませんね。

この違いが大きな期待外れとなって、不満がでてしまいます。

どうすればうまくいくのでしょう。

 

夫婦愛を育てる方法②

女でいることを忘れないこと^^

子どもができると、母になります。
子ども中心の生活になっていくのは仕方ないことなんですが、

逆の立場で考えてみるとわかりやすいかもしれませんね。

好きな彼と一緒になって、ワクワクするやいなや
第3者が現れて、自分に目を向けてくれなくなったら?

2人の子供とはいえ、
夫婦愛は継続していかないと、ある日突然、ボキッ!と折れてしまいます。

20140804120346-280S

一度折れてしまうと、そこにできたキズはなかなか修復できずに
深くなっていくのが現実ですよね。

     
    男性の本音を聞いてみる。

  • ストレス社会で生きている
  • 生活を支えるための経済力がのしかかっている
  • 愚痴(ぐち)を聞いてもらえる相手がいない
  • ねぎらいの言葉どころか、「お帰り!」も言ってもらえない
  • 自由に使えるお金が無い
  • 家に帰っても、自分の帰宅を喜んで待ってくれていない
  • 食べたい時に料理がでてこない。他力本願の生活を強いられている
  • 奥さんとは冷めてしまった。、子どもの母親であり、女としてみられない

 

夫婦愛を育てる方法③

 
男という動物を理解することが大事かな?

それには、夫婦愛の営みしかないでしょう!
外に目を向けてしまわれないように、貴女がきっちりガードしましょう。

浮気願望の男性は多いはず!
毎日同じものを食べるより、たまに違うものも食べたくなる心理は
ココにも、例外なくアリです。

それを防ぐには
喜ばせてあげる努力が必要なんですね。
ココにも思いやりが必要なんですよ~!

a0001_000274

詳細は、お二人仲良く話あってね( ̄∀ ̄;)

 
相手を変えることはできません。
自分の見方を変えれば、どんな問題でも、悲劇の主人公にならなくてすみますよ!

人生、死ぬまで自分にあった課題が提供されますが、
目前だけを見ていると、解決しませんよ~。

違う方向からも見てみると、意外と簡単に解決できることがあります!
思い悩むことなかれ( ̄∀ ̄;)

 

SPONSORED LINK
 

関連記事

祭りの露店のくじ引きは当たる?

  祭りといえば、 出店で賑わい、子供たちが嬉しそうな顔をして 店に寄って行きますが

記事を読む

クロネコメンバーズ 荷物を送っても受け取ってもポイントがたまる!

  貯まると嬉しいポイントですが、 荷物を受け取るだけでポイントがたまるって知らなか

記事を読む

ハロウィンの由来とは? かぼちゃと仮装の意味は?

  もうすぐハロウィン♪ そもそも、ハロウィンって何なん? かぼちゃとか、仮装と

記事を読む

土用の丑の日 2016夏はいつ?なぜうなぎを食べるの?

  「土用の丑は夏」って思っていた人いませんか? 春夏秋冬あわせて 2016年は計4

記事を読む

地震に備えて「非常持出し品チェック!」緊急地震速報が流れた時の行動は?

地震、いつどこで起こっても不思議ではないので、 地震に備えて「非常持出し品チェック!」をしておきた

記事を読む

稼げるSNS TSU(スー)はマルチ商法?Facebookと何が違うの?

TSU(スー)とは、Facebookに似ているが、 違うところは、広告収入の一部がユーザーに還元さ

記事を読む

バレンタイン 渡すタイミングで失敗しない方法とは!

  バレンタインデー 2017年 2月14日(火曜日) いよいよ、告白をしますかぁ~♪

記事を読む

クリスマスプレゼントに男性が喜ぶものとは?

  プレゼントを決めるって、結構労力いりますよね。 趣味も好みも全く同じということ

記事を読む

ホワイトデーのお返しで失敗しない方法!ランキングは?

  2016年3月14日(月)はホワイトデーですよ! チョコをもらったアナタ!お返しに

記事を読む

病院の紹介状とは?メリットはある!?

大病院や、総合病院に行くには、 紹介状が必要になるような記事を目にしました。 201

記事を読む

  • 5f420844166d03ffeb9729a355d9f2b1597c5254d8ca10efd9pimgpsh_thumbnail_win_distr
  • a1370_000413-400x299
  • ar
  • tarotbana-
  • DSC_1054-300x254
PAGE TOP ↑