ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

ハイビスカス「ハーブの使い方」いろいろ楽しめます!

      2016/05/24

 
夏は真っ赤なハイビスカスを楽しむことができますが
一回 咲いた花は一日で、くるりんと巻いて落ちてしまいますね。

SPONSORED LINK

ハイビスカス(ハーブ)とは

ハーブティーに使われているのはその花びらではなく、
萼(がく)なんです!

ハイビスカス 「ローゼルハイビスカス」
学名:Hibiscus sabdariffa(ハイビスカス サブダリファ)

ハイビスカスの花が咲き終わって萼(がく)が大きくなり始め、
このあと、中の実と共に萼が大きく成長していきます。

赤く熟した萼を採取して乾燥したもの
飲用または食用に利用されるんです。

cats

acceptドライハーブも、古くなるとカビなどの心配があり、賞味期限を設けています。
期限を確認して、できるだけ新しいものを選びましょう。

acceptカビや湿気、害虫から品質を守るために、
パッケージが脱酸素加工されているものや、
乾燥材が一緒に入っているもののほうが安心ですね。

ハイビスカス(ハーブ)の使い方

ハーブティーとして(食用として売られているもの)
梅干しと同じクエン酸を含むため、
酸味はありますが日本人には飲みやすいハーブティーのひとつです。

酸味が苦手な場合、ハチミツで甘みをプラスするか、
ローズヒップとブレンドするとまろやかな味になり、飲みやすくなりますよ!

ハーブティーの作り方
ティーポットに5~10gのハーブを入れ、熱湯を注ぎます。
すぐ、フタをして、3~5分蒸らし、茶こしを使ってこします。

蒸らし過ぎると、薬臭くなるものもありますからご注意を!

透き通ったワインレッドのきれいな色を利用して
お酒やゼリー、ピクルスなどの食べ物や、化粧品の色づけ
に、使う事もできます。

保存はできませんので、使いたい時に作りましょう。

ハーブティーはカフェインを含まないので就寝前でも楽しめます

アイスで飲むときは
冷蔵庫でグラスを冷やします。
1杯分のハーブをポットに入れて、
グラス1杯の量の半分ぐらいの熱湯を注ぎます。

グラスにいっぱい氷を入れて、茶こしを使ってこします。

軽くかき混ぜて、
ミントやレモンバームの葉を飾ってみてはいかがでしょう。

SPONSORED LINK

ハイビスカスの効能