*

妊娠線予防にクリームとアロマ(精油)レシピの紹介です♪

公開日: : 最終更新日:2016/05/23 アロマ , , , ,

妊娠線って、なぜできるのでしょう?
皮膚の潤いが足りないために表皮が伸びにくくなると、
妊娠線ができやすく、残りやすくなります。

SPONSORED LINK

妊娠中期からクリーム塗布や、トリートメントをして
予防しましょう。

妊娠5ケ月(16週)~
お腹が出てきて腹帯をするようになります。

妊娠初期は使えない精油も、
この頃から一部使えるようになります。

クリーム派の方も、しっかり保湿しましょう。

妊娠線に効果的なクリーム

妊娠線はできてしまったら薄くなっても完全に消えないといわれています。
できる場所も、人それぞれです。

クリームや、オイルで、朝・晩の2回、
お腹、胸、腰、お尻、脚、腕にたっぷり塗りこみましょう。

妊娠5ヶ月になると、爪や眉毛、髪の毛が生えてきます。
赤ちゃんの頭の大きさはニワトリの卵ぐらいの大きさになるようです。

結構、大変そうですが、
おなかの赤ちゃんに話しかけるように
やさしく、ママのぬくもりを感じてもらえるように塗るといいですね。

ダウンロード (1)

    クリームの選び方

  • 塗る範囲が広いので、伸びの良いものを探す
  • 塗ったあと、手がべとべとしないもの

おススメのクリーム
↓   ↓   ↓
ベルタ妊娠線クリームは、
クリームののびがすごく良いので、少量でもよく肌にのびてコスパが高いと評判です!
肌に、すぐクリームがなじむので、そのまま下着や洋服を着ても大丈夫!

妊娠線に効果的なアロマ(精油)

アロマオイルトリートメントは、
通常のオイルと違って、けい皮吸収されると、べたつきが残りません。

心地よい香りで癒されながらのトリートメントは
女性の幸せを感じるひとときになるでしょう。

<おすすめレシピ>

例1)
スィートアーモンドオイル(植物油)・・30ml
ネロリ(精油)・・・・・・・・・・1滴
ラベンダー(精油)・・・・・・・・1滴
オレンジ・スィート(精油)・・・・1滴
例2)
スィートアーモンドオイル(植物油)・・30ml
ローズウッド(精油)・・・・・・・3滴

通常、マッサージオイルは精油が1%の濃度になるように作りますが
妊娠中のため、精油の濃度は0.5%にしてあります。

SPONSORED LINK

重要!

    妊娠線予防をアロマで行う際の注意

  • アロマのケアを始める前に、産科の担当医師に了承を得てからにしましょう
  • 精油はアロマ専門ショップなどから100%ピュアのものを購入しましょう
    アロマの基礎知識の一部

    原液をつけないでください
    精油を肌につける時は必ず植物油などで希釈し、
    つける前に湿疹や、かゆみなどの肌トラブルを避けるため、
    必ず材料のパッチテストを行いましょう。

    パッチテストの方法
    腕の内側に材料(レシピでつくったもの)を少し塗り、
    24~48時間放置して様子をみます。
    異常を感じたらすぐ水洗いし、使用を中止します。

    1週間以上は同じ精油を連用しない
    違う精油を配合した2タイプをローテーションで使ってくださいね。

    光毒性に注意
    柑橘系精油使用のオイル塗布後、
    紫外線あたると赤くはれ上がり、炎症・しみなどの原因になります。
    半日程度は日光に当たらないようにします。

  
クリームや、オイルを塗っても保湿が足りないとき、
先に化粧水などを塗っておきましょう。

また、どんなに妊娠線の予防をしていても
肌質によっては、妊娠線はできてしまうことがあると言われています。

しかし、妊娠線、できない人もいますから、
不安になることもないですが、

急に体重が増えると要注意ですので、
しっかり予防をしていれば、最小限に抑えることができますね。

赤ちゃんとの対面まで、頑張ってくださいね~。

SPONSORED LINK
 

関連記事

肩こり解消に効果的なアロマテラピーレシピです!

肩こりで悩まれている方は非常に多いですね。 同じ姿勢での作業や、OA機器を使ったデスクワーク、

記事を読む

風邪かな?と思ったらアロマバスが即効です!

鼻水、くしゃみ、身体も重い感じがする。風邪かな? 明日は絶対休めない日、今日中に治しておかないと!

記事を読む

ラベンダーのパワーは凄い!効果効能はこちら!

アロマといえば、ラベンダーは一般的ですね。 テレビのCMから耳に入ってきているのではないでしょうか

記事を読む

アロマセラピストとは?資格はいる?開業に免許は必要?

アロマテラピーの勉強をしてみたい? セラピストになって人を癒やしてあげたい? では、こちらからど

記事を読む

こころの悩みにアロマテラピーを!「不安・眠れない・落ち込んでいる」

不安、悲しい、悔しい、辛い、せつない、淋しいなど いろんな感情が湧いてくるのは人間だから仕方ないこ

記事を読む

精油とは? 選び方のポイント!取り扱いに注意することとは?

アロマテラピーで、 心が癒されるとか、体臭が軽減されるとか、 ダイエットに効果があるとかいわれて

記事を読む

身体の悩みにアロマテラピーを!「頭痛・花粉症・便秘・生理痛」

身体の悩みもアロマで治せるの?って思いませんでしたか? アロマテラピーは医療ではありませんが、

記事を読む

ローズマリー(精油)の使い方は?心や体、肌にどんな作用があるの?

ローズマリーと言えば、認知症に効果があるということで ご存知の方も多いのではないでしょうか。 ク

記事を読む

タバコの消臭に効果的なアロマスプレーを作ろう!

タバコを吸う本人に染みついたニオイ (髪・衣服・指・吐く息・車の中など)は、 周りに迷惑をかけて

記事を読む

妊娠中のつわりに効果的なアロマ(精油)とは?

妊娠につきものといわれている悪阻(つわり)ですが、 あれは、本当に辛い(;>0<);:*。 つわ

記事を読む

  • 5f420844166d03ffeb9729a355d9f2b1597c5254d8ca10efd9pimgpsh_thumbnail_win_distr
  • a1370_000413-400x299
  • ar
  • tarotbana-
  • DSC_1054-300x254
PAGE TOP ↑