*

足裏 痛い反射区をチェック!弱っている臓器を見つけよう!動画あり

公開日: : 最終更新日:2017/03/04 健康 , , , , ,

テレビでよくやっている芸能人の足ツボ体験で
「イタタタタッ!」と悲鳴をあげていますね。

 

SPONSORED LINK

 

押さえて痛いところは、老廃物が溜まっていますので
反射区を押して、膀胱に流してしまえば、
痛みは軽減されますが、

それでも飛び上るほど痛い場合は、
病気が潜んでいる場合があります。
早期発見につながりますね。
 

弱っている臓器を見つけよう!

下記の図を見ながら、各反射区を探してみましょう。

8(目)・9 (耳)は、実際左右反対の位置になります。
例えば、左足裏の 8(目)は右目になります。 

健康チェックポイントも見てみよう!
各反射区が弱ってくるといろんな症状がでてきますね。

反射区をもんで機能を高めましょう。

1 大脳・・・・・・頭痛・脳血栓・視覚障害・脳卒中・頭重    
2 副鼻腔・・・・・頭痛・脳卒中・不眠症・蓄膿症    
3 小脳・・・・・・不眠症・めまい・高血圧
4 脳下垂体・・・・発育不全・痩せすぎ・不妊症・内分泌機能の失調
5 三叉神経・・・・偏頭痛・顔面神経痛・耳鼻咽喉系の病気・不眠症 
6 鼻・・・・・・・鼻炎・アレルギー性鼻炎・蓄膿症
7 首・・・・・・・肩こり・肩と首の痛み・高血圧・頚部循環障害
8 目・・・・・・・白内障・緑内障・眼底出血・遠視・近視・眼精疲労
9 耳・・・・・・・耳下腺炎・耳鳴り・難聴・耳炎
10 肩・・・・・・・肩こり・腕のマヒ・無力症・五十肩
11 僧帽筋・・・・・手のしびれ・脱力感・睡眠不足によるコリ・
12 甲状腺・・・・・甲状腺肥大・肥満・痩せすぎ・情緒不安定・甲状腺炎
13 副甲状腺・・・・骨折しやすい・偏頭痛・手足が冷える・無気力になる
14 肺・気管支・・・咳・気管支炎・肺炎・喘息・肺気腫
15 胃 ・・・・・・胃痛・胃炎・胃潰瘍・心臓圧迫・嘔吐・腹部膨満感
16 十二指腸・・・・十二指腸潰瘍・消化不良・胆汁の分泌障害
17 膵臓・・・・・・糖尿病・すい臓炎・新陳代謝障害

18 肝臓・・・・・・肝炎・肝硬変・黄疸・慢性疲労・情緒不安定
19 胆嚢・・・・・・胆結石・消化不良・胆のう炎
20 消化器系神経叢・神経性の胃腸病・下痢・めまい・精神不安定
21 副腎・・・・・・不整脈・けいれん・リウマチ・関節炎・喘息
22 腎臓・・・・・・腎不全・関節炎・リウマチ・動脈硬化・高血圧
23 輸尿管・・・・・尿管炎・関節炎・高血圧
24 膀胱・・・・・・膀胱炎・頻尿症・膀胱痙攣
25 小腸・・・・・・腸炎・下痢・老化・低血圧・ガスで腸が張る
26 盲腸・・・・・・盲腸炎・下腹部膨満
27 回盲弁・・・・・腹痛・下腹部膨満感
28 上行結腸・・・・腹痛・便秘・下痢
29 横行結腸・・・・腹痛・便秘・下痢
30 下行結腸・・・・腹痛・便秘・下痢
31 直腸・・・・・・痔・直腸炎・便秘
32 肛門・・・・・・痔・静脈曲張・炎症
33 心臓・・・・・・心臓肥大・心筋梗塞・狭心症・呼吸困難・心臓けいれん
34 脾臓・・・・・・貧血・食欲不振・運動による腹痛
35 膝・・・・・・・関節炎・疼痛・損傷
36 生殖腺・・・・・男性(インポテンツ・睾丸充血)女性(生理痛・不妊症)
37 仙骨・・・・・・腰痛・背の痛み

男としての深刻な悩みはこれで解決できるらしい!
ご愛用者様15万人突破!○○ス充実率98.7%!

反射区の位置がわかったところで、

    足ツボスタート!

  1. 22(腎臓)⇒ 23(輸尿管)⇒ 24 膀胱(ぼうこう)
  2. 腎臓の反射区をグッ!と押す、押しながら輸尿管を通り、膀胱でグッ!と押す。

  3. 次は、気になる足裏のチェック・・各反射区を押してみましょう
  4. 再度、腎臓から輸尿管を通り、膀胱へ
  5. その後、コップ1杯強の白湯を飲んで、トイレで排泄するという流れになります

最初の頃より、ずいぶん痛みがマシになっていると思いますが
いかがでしょうか?

22(腎臓)の部分は強く押さないとツボに当たりませんので
頑張ってください(苦笑)

24 膀胱(ぼうこう)の位置は、
図にある足の真裏ではなく、
足の内側(側面)のふっくらした部分になります。

下記の動画も参考にしてみてくださいね。


子宮編

alert避けた方が良い場合

  • 妊娠中
  • 高血圧
  • 熱がある
  • ペースメーカーをつけている

 

SPONSORED LINK

 

thint足は第ニの心臓といわれているのはなぜか?

心臓から全身に送られる血液は、一方は噴水のように近距離の頭まで昇り、
あとは足先に向かって引力の力をかりてスムーズに下りてきます。

下りた血液は、
心臓までの長い道のりを自力で戻らなければならないのです。

上まで戻っていくには、日常生活の中で歩いているこの動作が
足裏に流れる血管を押したり、離したりして、足底にたまりがちな
血液の循環を促進しているのですね。

カラダの重みで押さえつけ、一歩踏み出すために足をあげる。
このポンプのような動きが血液を送り返す働きを助けているんです。

この働きをさして、足裏は「第二の心臓」と呼ばれているんですね。

ダウンロード (6)

足ツボは老廃物を排泄して、自然治癒力を高めます!
手軽にできますし、病気になる前の健康管理にいかがでしょうか?

●症状別でわかる反射区はこちら

●腎臓とすい臓の反射区を押さえてみて、「痛い!痛い!」と
飛び上るほどに痛かったアナタはこちらもお読みくださいね。

SPONSORED LINK
 

関連記事

インフルエンザ予防効果に梅干しパワー!胃がん・糖尿病の予防にも!?

インフルエンザが猛威を振るっているようですね。 近くの小学校が学級閉鎖になっています。

記事を読む

糖尿病とは?予防・改善に雑穀ごはんを!マグネシウムが必要だった!

  そもそも糖尿病ってなぜなるのか? 原因は肥満。ではないんですね。 やせていても発

記事を読む

コレステロールを下げる食事とは?対処方法はある?

人間ドックで、「コレステロール値が少し高いですね、 甘いものは控えてくださいね」と言われた。

記事を読む

つわりの症状と時期について!軽減できる飲食物はある?

  妊娠しても、悪阻(つわり)のない人もいますし、 1人目は軽かったのに、2人目は

記事を読む

花粉症とアレルギー性鼻炎の違いは?治す方法はあるの?

  花粉の飛散は例年、2月上旬ごろから始まりますね。 前年夏の7月上旬~8月中旬の日照

記事を読む

冷え性の改善に効果的な方法とは?

  長年、冷え性で悩んでいた管理人は アロマの仕事を始めてから、冷え性が治りました。

記事を読む

水出し緑茶に多いカテキンに免疫力がアップする効果が!カテキンとは?

お茶といえば、 お湯を入れるのが当たり前になっていたので 冷水で作る方がカテキンがたっぷりなんて

記事を読む

免疫力UPにリンパマッサージが効果的!特に風邪の引きやすい人におススメ!

風邪をひきやすい、口内炎やヘルペスになることが多い、 毎年インフルエンザにかかったりしている人は

記事を読む

コレステロールを減らし、動脈硬化を予防する「こめ油」とは?

  健康に自信はあったが、人間ドックの結果 悪玉コレステロール(LDL-コレステロー

記事を読む

膝痛の原因と症状に合わせた改善法!動画あり!

  膝が痛いといっても、いろんな症状があります。 加齢や、肥満が原因の場合は、 筋肉

記事を読む

  • 5f420844166d03ffeb9729a355d9f2b1597c5254d8ca10efd9pimgpsh_thumbnail_win_distr
  • a1370_000413-400x299
  • ar
  • tarotbana-
  • DSC_1054-300x254
PAGE TOP ↑