ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

夏でも足が冷える! 病気が潜んでいるのかも!?原因と改善方法は?

      2017/05/13

夏なのに足先が冷たく感じる!?
女性に多い冷え性、未婚・既婚は関係ない!
元々軽い糖尿病の持病があるという友人の為に調査開始(笑)

SPONSORED LINK

足の冷えが考えられる原因

 
血行障害
血液が十分に足に届かない状態のことをいいます。

血管にコレステロールなどがたまると、
血管が狭くなる、動脈の狭窄(きょうさく)や、
血管が詰まってしまう閉塞(へいそく)が起きます。

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)は、
足の血管の動脈硬化で、血管が詰まる状態の事です。

足のしびれ、痛み、冷たさを感じます。
こんな症状があるときは循環器内科、血管外科などへ。

 
かかと

動脈硬化(血管の老化現象)などが原因
冷えが続くと血流が滞り、動脈硬化になりやすい。

動脈硬化で血管内腔が狭くなり、足に十分な血液が供給されず
末端の毛細血管まで血液が流れにくくなります。

静脈のうっ血によって手足や下腹部にも冷えが起きます。
すると、貧血や低血圧によっても血液が末端まで届かなくなるんですね。

ストレス
交感神経ばかりが優位になると、体が緊張状態になり、
血液の流れが悪くなって体が冷えてしまいます。
リラックスできる環境をつくり、副交感神経とのバランスを心がけるといいですね。

yjimage (1)

運動不足
運動不足による筋肉の減少が原因。

筋肉が減少すると、余分な水分が下半身にたまったり、
脂肪が燃焼しづらく、老廃物として溜まるので冷えの原因になります。
運動すると身体が温まり、血流が良くなっているのがわかりますよね。

冷たい飲食物の摂りすぎ
夏でも冷えると言う人は、冷たいビールを飲み過ぎていませんか?
コレステロールや中性脂肪の数値が高いと指摘されている人は気をつけましょう。

貧血
貧血の人が冷え性といわれることがよくありますね。
鉄分を摂り、運動不足にならないようにする。

更年期障害
手足や腰の冷えを感じたら更年期障害かも!?

40歳になったばかりの友人が、カラダに不調を感じて病院に行くと、
「更年期障害」と言われてショックを受けていました。
ホルモンのバランスが悪いとかで、薬をもらったけど飲みたくないらしい。

薬って副作用があって当たり前?っていうのがイヤですね。
結局、その友人のお母さんから高麗人参のサプリを勧められて、
今は快調で、不安がなくなったと言っていました。

彼女が飲んでいるのはこれです。 彼女いわく、
「プンギ産の高麗人参のみを使用していて
その中でも特に栄養価が高いと言われる「6年根紅参」のみを
贅沢に使用しているみたいだから早く効いたのかも!」

更年期って、ほとんどの女性が通る道、
こういった情報はうれしいですね^^

自律神経の乱れ
自律神経のバランスが乱れると、冷え性になりやすいです。
自律神経は血液循環や体温調節、臓器の働きの調節をしているため、
自律神経失調症になると、冷え性に悩むことになるんですね。

座骨神経痛
生理痛や冷え性がひどくなります。
筋力低下や冷え、そして水分の取り過ぎに注意が必要です。

SPONSORED LINK

 

足の冷えを改善する方法

 
足ツボで改善しよう!

足裏の反射区をもんで、老廃物を排泄します。
自然治癒力が高まり、血流も良くなるので冷えの改善が期待できますよ!

自律神経失調症のポイント

親指全体と、腹腔神経叢(ふっこうしんけいそう)をもみます。
腹腔神経叢は、足裏の土踏まずより1cmほど上あたりです。

冷え性のポイント
①腎臓⇒輸尿管⇒膀胱の反射区をもむ
②副甲状腺⇒副腎⇒心臓の反射区をよくもみます。
③①に戻ります。

反射区の詳細はこちらをごらんください。

 
アロマ効果を実感しよう!

アロマって、香りを嗅いで楽しむだけのものではないの?って
思っていませんか?

確かに「あぁ~いいかおり~♪」って、癒やされますが、
実はそれだけではないんですね。
最近では日本でも医療関係で目にするようになりましたが、
身体の改善にも役立っているんですよ!

薬ではないので「アロマで治ります!」とはいえませんが、
正しい使い方をすれば、いろんな症状が緩和されます。

冷え性の場合、お湯の中に精油を垂らして、足や身体をつける方法があります。

足湯:洗面器やバケツなどに熱めのお湯を張って、精油を3~4滴落とし、
足首からふくらはぎあたりまでつけます。
すぐ冷めてしまうのでお湯を足しながら行います。
おすすめの精油(サイプレス・ジュニパー・レモングラス・ラベンダー)

半身浴:バスタブにみぞおちあたりまでお湯をはり、
精油を3滴落とし、よくかき混ぜてから30分~1時間ほど
ゆっくり浸かります。肩にタオルをかけるなど工夫してね。
おすすめの精油(ゼラニウム・ラベンダー・クラリセージなど)

妊娠中の方は使えない精油があります。
精油の使い方の詳細はこちらにあります。

 
食生活を見直してみよう!

血流を良くしてくれるビタミンEに注目してみましょう。

一部だけですが、他と比べて比較的多く含まれているものをピックアップしました。
煎茶の茶葉・抹茶(粉)・アーモンド(1日15粒目安)
松の実・らっかせい・焼き海苔・マーガリン・マヨネーズ
サフラワー油・とうもろこし油・なたね油・サラダ油
アボカド・卵黄・高野豆腐・すじこ・焼きたらこ
・とうがらし・モロヘイヤ

冷えは万病の元と言われています。
また、女子は特に冷やすと妊娠にも影響があるようですので
できるところから試してみられてはいかがでしょうか。

 - 健康