*

認知症とは?生活習慣の改善で予防できる!?

公開日: : 最終更新日:2016/07/17 健康 , ,

 
認知症といえば、若い人には関係のない話でしたが、
最近は18歳から65歳までに発症する「若年性認知症」があります。

SPONSORED LINK

初期症状は、
うつ病などと似ており、医師でも判断が難しいそうですよ。
しかも、女性よりも男性に多いといわれています。

若年性認知症とは

原因不明で脳が萎縮していく「アルツハイマー病」と「ピック病
小さな脳梗塞が脳のあちこちに多発する「多発性脳梗塞

主にこれが3大原因とされていて、
若年性認知症全体の90パーセントも占めているのだとか!

行動に異変が!

こんな行動が現れたら、
若年性認知症を疑ってみるといいかもしれません。

【初期症状】

  • 何を作ろうとして買い物にきたのかさえ、忘れてしまう
  • 買い物は何とかしたけれど、お釣りを貰うのを忘れる
  • 買ったものを袋に詰めたものの、それを持って帰るのを忘れる
  • 料理の順番、包丁の場所がわからない
  • 買い物袋をそのままにして料理をすることを忘れている
  • マヨネーズなど物のある場所がわからない
  • 料理中、トイレに行き、戻ると料理をしていたことを忘れる

yjimage (15)  yjimage (17)

  • 会社に行くことを忘れてしまう
  • 家を出たら毎日どのように通勤していたのかを忘れる
  • 電車の乗り方も忘れる
  • 定期を出すことさえ忘れる

yjimage (16)

  • 自分の部署、あるいは自分のデスクさえ忘れていく
  • 仕事内容や、会社の人の顔や名前も出てこなくなる
  • 帰るにしても、自分の家がわからない
  • 帰ること自体を忘れてしまい、あちこち歩き回る
  • なんでも人のせいにする
  • 財布が盗まれた!など、物盗られ妄想といわれる症状
  • 計算ができなくなる 小銭を使わなくなる
  • ある日、料理の味付けが変わる。本人はいつも通りと主張する

SPONSORED LINK

生活を見直しましょう!

偏った食生活運動不足過度な飲酒喫煙
認知症が発症する可能性が高くなるといわれています。

食生活
果物、緑黄色野菜や魚は細胞の老化を防ぐ働きがあります
栄養バランスのよい食事をとる。

適度な運動
適度な運動は脳を刺激するので、
有酸素運動を毎日継続することが効果的です。

生活習慣
適度なアルコールは脳の血行を促進します。
また、ワインはポリフェノールを多く含み、
動脈硬化を予防して、血管性認知症を防ぐといわれています。

たばこは、脳血管性認知症になる確率が高い

認知症の原因と種類

ココから引用文です。

アルツハイマー病
アルツハイマー型認知症の原因となる病気で、
認知症の中で最も多い疾患です。
発症の原因はいくつかの説がありますが、
いまだ明らかにされていません。

脳内の神経細胞が急激に減り、脳が委縮してしまうことで、
高度の認知障害や知能低下、人格の崩壊などが起こります。

初期の段階では人や物の名前を忘れるなどの
記憶障害がゆっくりと進行し、
徐々に生活に支障が出るようになります。

症状経過の中で、
被害妄想や幻覚などが出現することもあり、
暴言・暴力・徘徊など問題行動が起こります。

重症化すると家族のことがわからなくなったり、
意志疎通ができなくなるなどの認知障害も発症。

身体機能も低下して、寝たきりとなることが多いです。
脳内に「タウたんぱく」という異常物質が沈着して、
「老人斑」といわれるしみ状のものができたり、

神経細胞に異常をきたしたりして、
脳細胞が破壊され萎縮していく病気です。
加齢、女性、糖尿病などが危険因子として挙げられます。

ピック病
大脳の側頭葉と前頭葉が萎縮することで、
神経細胞であるニューロンが侵害され、
ピック小体と言われる神経細胞が現れて
脳が機能障害を起こす病気です。

情緒が不安定になり、粗暴な行為、人格の崩壊、短絡的な判断、
反社会的・反道徳的な行動をするようになります。
記憶力の低下などはみられません。

低年齢で発症するケースもあり、
若年性アルツハイマーと勘違いされることがあります。

脳血管性認知症
脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などによって
神経細胞や神経線維が障害を受けることが原因で起こります。

糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病が
引き金となることが多いといわれています。

前頭側頭型認知症
脳の前頭葉や側頭葉前方部分に著しい萎縮や変性が見られる病気です。
45~65歳の人に発症しやすいといわれています。

アルコール性認知症
長期のアルコールの多量摂取が原因で
脳が萎縮するなどの障害が起こり、
認知機能の低下などが見られることがあります。

さらに、
アルコールの多量摂取による慢性的な低栄養などが
複合して起こるとされています。

アルコールの長期間の断酒によって
認知機能が改善する場合があります。

レビー小体型認知症
「α-シヌクレイン」というたんぱくが変化して
凝集してできるレビー小体が、大脳や脳幹部や、

交感神経系の神経細胞内に多く現れ、
神経細胞が障害される病気です。

パーキンソン病
神経伝達物質のドーパミンが減少することで起こる病気です。
代表的な症状としては運動機能の低下で、

手足の震え(振戦)や筋肉の強張り・委縮、
顔の表情筋の硬直などが起こります。

進行は緩やかで、症状には大別して
運動症状と非運動症状があります。

運動症状は安静時に手足が震える、
歩行時の一歩が踏み出せない、
小刻みで歩行する、まばたきが少なく表情が乏しいなど。

非運動症状は便秘、多汗、排尿障害などの自律神経障害、
うつ症状、認知障害などの精神障害です。

なお、パーキンソン病患者は、合併症として
認知症を発症する確率が高いことが近年わかってきました。

びまん性レビー小体病
大脳皮質の神経細胞内にレビー小体という物質が現れ、
神経細胞が減少する病気です。

幻覚、幻聴、妄想など認知障害が特徴で、
疑い深くなるなどのうつ症状が強くみられます。

症状が進行するにつれ、パーキンソン病の運動障害が現れ、
認知症の症状も進行します。

ハンチントン病
大脳中心部神経細胞が変性・脱落することにより起こる遺伝性の病気です。
大脳の萎縮、脳室の拡大、神経細胞の障害などが認められます。

進行性の舞踏様不随意運動(意思がないのに体が勝手に動いてしまう)と、
認識力低下、性格変化を主とする精神障害が特徴です。

ALS症状を伴う認知症
ALSは「筋萎縮性側索硬化症」と呼ばれる病気で、
運動神経の細胞が消失していき、筋委縮、けいれんなどの
運動機能障害を起こします。まれに認知症を伴うことがあります。

大脳皮質基底核変性症
パーキンソン症状と
大脳皮質症状(手が思うように使えない、動作がぎこちないなど) が
同時にみられる病気です。

身体の左右のどちらか一方に症状が強いのが特徴です。
ときに、言葉が出にくくなったり認知症の症状が現れます。

甲状腺機能低下症
甲状腺ホルモンの分泌が低下して、
無気力や疲労感などの症状があらわれます。
放置すると認知症を合併することがあります。

下垂体機能低下症
下垂体から分泌されるホルモンが低下することで起こります。
重症化で認知症を発症する危険性があります。

欠乏症
ビタミンB1、ビタミンB12、ナイアシン(ニコチン酸)の
欠乏によって様々な疾患を発病します。
放置すると認知症の原因になる場合があります。

低血糖症
血糖値が下がりすぎて低血糖に陥り、
脱力感、めまいなど身体の活動に障害をきたします。
後遺症として認知症を発症する場合があります。

クロイツフェルト・ヤコブ病
プリオン(蛋白質性感染粒子)が異常な蛋白質に変化し、
脳組織がスポンジ状になります。
急速に認知症が進行します。

一部引用

ダウンロード (6)

認知症にはなりたくない!
誰もが思っていることだと思います。

小耳情報
ガン細胞を見つけるために行われる、
早期発見検査「アミロイドPET検査」というものが
認知症にも役立つらしい。

認知症予防に、脳の活性化に役立つらしい!
カジノ(バカラ・ブラックジャック)
パチスロ 
麻雀 

カレーの成分に注目!
ウコン(ターメリック)が含まれており
ウコンの成分である「クルクミン」が抗酸化作用がとても強く
脳の老化を抑制する作用があるらしい!

SPONSORED LINK
 

関連記事

b_ship

肩こり解消には足裏のツボを押す!

肩が凝るから肩をもむ!? それでは一時的に楽になったような気がしますが、 根本的に治っていないの

記事を読む

31YoukQlE9L

性病 「梅毒」の原因は?感染するとどうなるの?予防と治療法とは!

梅毒の原因 梅毒は性行為によって感染します。 他人の粘膜や皮膚に直接触れる性的な接触によってうつ

記事を読む

mi

耳鳴りには主に2つの原因がある! 予防や改善法はあるの?

いきなり「キーーン!」と、耳鳴りすることがあり、 そんな時は首を横ふり(子供がイヤイヤするように)

記事を読む

ダウンロード

つわりの症状と時期について!軽減できる飲食物はある?

  妊娠しても、悪阻(つわり)のない人もいますし、 1人目は軽かったのに、2人目は

記事を読む

nin

認知症かも!? 早期発見で予防できる!

  日常生活に特に支障はないが、 物忘れが多くなって不安になっている人いませんか。

記事を読む

img_body_diabetes_cure_01

糖尿病とは?予防・改善に雑穀ごはんを!マグネシウムが必要だった!

  そもそも糖尿病ってなぜなるのか? 原因は肥満。ではないんですね。 やせていても発

記事を読む

images (6)

睡眠障害「不眠症」の原因とは? アロマとバナナで解消できる!?

  眠ろうとベッドに入るのになかなか寝付けない、 寝返りゴロゴロ30回な~んて

記事を読む

tatsu

たまねぎの効能&効果で血管年齢が若返る!? 

こだわりモーニング: 毎朝、バナナを1本食べたあとに、 トーストの上にたまねぎのみじん切りと納豆

記事を読む

images (9)

糖化とは?肌や髪 全身の老化を進行させる!防ぐ方法はあるの?

  利用されずに余った糖質が、 たんぱく質に結びつくことによって起きる「糖化」。

記事を読む

kan

指の第一関節が痛みだして曲がる変形性関節症はヘバーデン結節かも!

  「指の先が痛み出して変形してきているけど、これってリウマチ?」 ある日、友人からこ

記事を読む

PAGE TOP ↑