*

水素水は本当にカラダに良いのか?効果・効能とは?

公開日: : 最終更新日:2016/05/25 健康 , , ,

昨今、水素水が話題になっておりますが
水素水がなぜ身体に良いのか?
どのような効果効能があるのでしょうか?

SPONSORED LINK

ガンで亡くなられる方が多いように思いますが
病気の90%は活性酸素が原因と言われております。

ストレスや紫外線などさまざまな原因で活性酸素が増え、
細胞を傷つけて錆びさせて(酸化)しまいます。

最初は腸内で活性酸素を発生させます。
水素水の還元力で、その活性酸素を除去してしまいましょう。

水素とは?

水素分子は宇宙で一番小さな分子です。
水素はコエンザイムQ10の863倍、ビタミンCの176倍の還元力をもっているんです。

細胞は、細胞膜というフィルターに包まれていて
サイズの大きいビタミンCなどの抗酸化物質は入り込めませんが、

宇宙最小の元素である水素は、
脂溶性と水溶性を兼ね備えているため、
細胞膜を通過して全身に浸みわたり
脳の細胞内の不要な「悪玉活性酸素」を除去してくれます。

活性酸素と反応して水になり、無害化するんです。

さらに血液と脳の組織液交換を制限する血液脳関門も通過できるため
脳細胞に到達するんですね。

水素水(水素が含まれている水)を飲むと体内のあらゆる場所へ拡散して
10分ほどで内臓に届き、活性酸素をキャッチし、対外に排出してくれるんです!
すごくないですかぁ!

17065345-3c33-4f1a-a426-833b42b2436ahttp://www.irasutoya.com/

 

水素水が排出してくれる活性酸素とは?

酸素を吸って生きている私たちには
活性酸素は自然に発生するものなのですが、増えすぎると害になってしまいます。

活性酸素を増やさないようにする工夫が必要なんですね。
下記のような増やす原因を意識して病気や老化を防いでいきましょう。

  • タバコ
  • 肥満
  • 過剰な運動
  • ストレス
  • 電磁波・放射線
  • 排気ガス
  • 紫外線
  • 農薬
  • 添加物
  • 化学物質など

活性酸素が増えると老化(シミ・しわ等)や病気になりやすく、
肌細胞やコラーゲンなどが破壊されて、肌トラブルが起こりやすくなるのです。

お肌にみずみずしさを与えてくれている成分である
コラーゲンやエラスチンも酸化してしまうんですね。

SPONSORED LINK

水素水の効果・効能とは?

ほとんどの病気が活性酸素と関係があり、
水素は抗酸化力があるためそれら酸化関係の病気改善に
役たつ可能性があるんです。

先進の医療現場では水素治療が始められているようです。

水素は、活性酸素を消してくれますが、
ビタミンCなどと違って毒性の高いヒドロキシルラジカルだけを消します!

水素は、他の抗酸化物質と違って、
毛細血管の先まで届くので効果が高いといわれています。

では、実際にどのような効果が得られるのでしょう。
見てみましょう~!

 
美容効果(アンチエイジング)

皮膚の本体ともいわれる真皮層に活性酸素が増えると、
コラーゲンの産生が抑制されたり、ターンオーバーの乱れを招きます。

網の目状の線維が硬く縮んで古くなったコラーゲンは、
水分の保持ができなくなってしまうのですね。

そのため、肌に潤いや弾力が失せてシワなどが増えていきます。

そこで、水素水パックをすると、真皮まで浸透した水素分子が
活性酸素を消去することで線維芽細胞(コラーゲンの製造工場)が
コラーゲンを産生してくれるようになります。

保湿効果:しっとり感、弾力感、毛穴、シワ、キメの改善が期待できます。
美白効果:シミ、そばかす、くすみ、くまの改善が期待できます。
 
花粉症(アレルギー性鼻炎)

重度の花粉症患者に処方されているステロイド剤はホルモンの一種で、
炎症を抑えたり、免疫反応を弱くする効果があります。

しかし、作用が強いため頭がスッキリしない、眠くなるなどの副作用があるため、
活性酸素を消去する水素水の最新対策が注目を集めています。
水素には、アレルギー反応を抑える働きもあるといわれています。

歯周病

水素水の摂取で、歯周病を予防する効果があることが発表されました。

歯磨きはもちろんのこと、歯石除去、口腔ケアとともに
水素水を飲用することによって歯周病が予防されます。

歯周病は気づかないうちに進行し歯を失ってしまうという。
 
パーキンソン病

この病気は脳内の黒質という場所から
出るはずのドーパミンが分泌されにくくなり、

脳の神経細胞の連絡伝達に異常が生じて、
脳からの指令が届かず、しびれや震え、身体が動きにくくなります。

また、自律神経の機能が低下するため、
便秘、低血圧、排尿障害、発汗障害、性機能低下、睡眠障害や
物忘れなど、さまざまな症状がでます。

現在、治療の中心となっている薬剤療法には副作用がありますが、
水素水は全くの無害。

さらに浸透性の高い水素は、脳の神経細胞はもちろん、
血管から遠い脳の部位まで到達することができるんです。

今、パーキンソン病患者の運動機能の改善と病気の予防に大きく役立つ
新たな治療法として水素水が注目を集めています。
 
ダイエット効果

身体の中に浸透した水素が細胞の中の遺伝子に指令を出して
脂肪をためこむ前に脂肪を代謝するやせる体質を作る。

肩こりが治る?

肩こりの原因に血流の悪さ、乳酸、炎症にありますが、
身体の中に水素を摂りいれた際に、血管の拡張や血流の上昇
おきていることが報告されています。

糖尿病

糖尿病の合併症には血管が関係しています。
血糖値が高いままだと血管の内部では糖化反応が起こります。

これにより本来血管を作るためのたんぱく質が糖化たんぱく質に変化するため
元の機能が失われ、血管が正常に作れなくなるのです。

この糖化の過程で活性酸素が大量に増え、血管を傷つけてしまうのです。
水素水が活性酸素を取り除き、若々しい状態の血管を保つ役目をします。

oumyaku
 

水素はほとんどの病気に効果あり!

脳神経:認知症・パーキンソン病・脳腫瘍
髪  :薄毛の育毛・白髪防止改善
目  :白内障・未熟児網膜症
耳  :難聴
歯  :歯周病

循環器:動脈硬化・脳卒中・脳梗塞・心筋梗塞
呼吸器:ぜんそく・肺気腫・呼吸窮迫

消化器:肝炎・すい炎・胃潰瘍・潰瘍性大腸炎
泌尿器:薬物性腎障害・糸球体腎炎

腫瘍 :がんの発生・がんの転移・がん化学療法と放射線治療の副作用

皮膚 :シミ・しわ・やけど・アトピー性皮膚炎・日光皮膚炎

血液系:薬物性貧血・異常ヘモグロビン症

その他:アレルギー・リウマチ・花粉症・痛風・膠原病・自己免疫疾患

内分泌代謝:糖尿病・肥満・メタボリックシンドローム

 

水素水ならどれも同じなの?

●●が良い!とメディアで取り上げられると
ここぞとばかりに便乗して同じような製品が売り出されますが
商品名だけに信用しないで、配合成分や配合量などもチェックが必要です。

水素水にはたくさん種類がありますが、濃度の高いものを選ぶといいですね。

水素が抜け出てしまわない
アルミニウム容器のパウチタイプがおススメです。
ボトルタイプのものは水とキャップの間に空間があり、
そこへ水素が抜けてしまうんですね。

飲む直前に水に溶かした「水素パウダーSA」は濃度も高く、
飲用後体内で48時間持続するといわれております。
白寿 H2 H.G.H【HGH+プロリンに高濃度水素水を配合】

まず、濃度の高いものを選ぶと良いでしょう。

参考書籍:

SPONSORED LINK
 

関連記事

mi

耳鳴りには主に2つの原因がある! 予防や改善法はあるの?

いきなり「キーーン!」と、耳鳴りすることがあり、 そんな時は首を横ふり(子供がイヤイヤするように)

記事を読む

yjimage (6)

インフルエンザ予防効果に梅干しパワー!胃がん・糖尿病の予防にも!?

インフルエンザが猛威を振るっているようですね。 近くの小学校が学級閉鎖になっています。

記事を読む

catsm

産後によくある症状の原因と解決法!

  「人生の一大イベント」でもある出産のあとは、 今まで経験したことのない症状が現れま

記事を読む

img_body_diabetes_cure_01

糖尿病とは?予防・改善に雑穀ごはんを!マグネシウムが必要だった!

  そもそも糖尿病ってなぜなるのか? 原因は肥満。ではないんですね。 やせていても発

記事を読む

ダウンロード

鼻づまりを即効で治す方法!これで集中力低下を改善できる!

大人も子供も、鼻づまりは苦しいですが、 子どもの場合、集中力が低下すると勉強にも影響するので 早

記事を読む

images (9)

糖化とは?肌や髪 全身の老化を進行させる!防ぐ方法はあるの?

  利用されずに余った糖質が、 たんぱく質に結びつくことによって起きる「糖化」。

記事を読む

ninchi2

アルツハイマ―型認知症の症状と予防に良いとされている7個の項目

  高齢者増加に伴う介護関係の話題が尽きません。 明日は我が身です。 高齢+認知

記事を読む

body_chou_good

便秘解消したい!食物繊維の正しい摂り方で毎日スッキリ!腸年齢チェック!

日本人女性に多い便秘! 48%が便秘と言われています。 食物繊維は便秘に効く? 不溶性と水

記事を読む

images (5)

便秘に効果がある方法とは?

便秘とは、生ごみを腸にためている状態なので、 腐敗物が体内にあるということなんです。 便

記事を読む

images (1)

膝が痛い!原因は? 軟骨のすり減り?

  数年前のこと、左足の膝が腫れているのに気付いた。 腫れているため屈伸ができにく

記事を読む

  • 5f420844166d03ffeb9729a355d9f2b1597c5254d8ca10efd9pimgpsh_thumbnail_win_distr
  • a1370_000413-400x299
  • ar
  • tarotbana-
  • DSC_1054-300x254
PAGE TOP ↑