*

ローズマリー(精油)の使い方は?心や体、肌にどんな作用があるの?

公開日: : 最終更新日:2016/05/31 アロマ , , ,

ローズマリーと言えば、認知症に効果があるということで
ご存知の方も多いのではないでしょうか。
クリアで強い刺激のある香りがします。

SPONSORED LINK

その強い香りは
さまざまな器官を活性化し、修復してくれます。
強い収れん作用もあるので、肌の引き締めにも効果がありますよ。

ローズマリーの使い方

 
注)高血圧・てんかん・妊娠中・授乳中・乳幼児は使用を避ける。
皮膚を刺激することがあるので肌の弱い人は精油の量を少なめにね!

    症状別にローズマリーを使ったアロマテラピー(芳香療法)

  • 無気力・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム
  • うつ・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布
  • ストレス・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布
  • イライラ・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布
  • 集中できない・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布
  • リフレッシュしたい・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布
  • 頭痛・偏頭痛・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布
  • せき、のどの痛み・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布
  • 肩こり・・トリートメント・アロマバス・温湿布(慢性化)・冷湿布(急性)
  • 神経痛・関節炎・リウマチ・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・湿布
  • images

  • ねんざ・打撲・・トリートメント・湿布
  • 免疫力を高める・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム
  • 冷え性・・トリートメント・アロマバス
  • 筋肉痛・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・湿布
  • 肌の衰え・しわ・・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布・スキンケア
  • シミ・くすみ・・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布・スキンケア
  • ヘアケア・ふけ防止・・トリートメント(頭皮マッサージ)・ヘアケア
  • 生理痛・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・温湿布
  • PSM・生理不順・・トリートメント・アロマバス・温湿布
  • 更年期障害・・芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布
  • 妊娠線の予防と改善・・トリートメント・アロマバス・湿布・スキンケア
  • セルライト・・トリートメント・湿布・スキンケア
  • バストアップ・・トリートメント

ローズマリー(精油)をどのように使う?

使い方の詳細はこちらにあります^^
相性のよい精油とブレンドして使ってみるといいですね。
原液ですので、量は正しく使います。

  • 芳香浴・・・芳香拡散器などを使って拡散したり、ハンカチなどにつけて吸入します
  • オイルトリートメント・・・トリートメント用に精油をブレンドして使います
  • アロマバス・・お風呂に入る前にいれてよくかき混ぜてから入ります(手・足浴にも)
  • スチーム・・・蒸気のパワーを利用して呼吸器系や肌のケアに!
  • 湿布・・・症状に合わせて、温湿布と冷湿布で部分的なトラブルケアに最適です!
  • スキンケア・・・安全、無添加の化粧水や乳液、クリームなどが作れます
  • ヘアケア・・・シャンプー・コンディショナーなどが作れます
  • 香水・・・数種類の精油をブレンドしてオリジナルの香りが作れます

この他、ハーブティーを飲む習慣をつけたり、
ルームスプレーを作って、いつでもシュッ!と一吹きしてリフレッシュできる
香りのある生活をお楽しみください^^

 

ローズマリーのプロフィール

ro-zu引用画像:www.vc-tokyo.jp

・シソ科
・低木
・葉から抽出
・水蒸気蒸留法

ラテン語で「海のしずく」の意味があり、
海岸沿いでよく育ち、淡いブルーの花がしずくのように見えるからだとか。

マリー(マリア様)とローズ(バラ)をあわせて「マリア様のバラ」という
ニックネームもあります。

このハーブを使って作られた「ハンガリアンウォーター」は
若返りの妙薬として有名です。

中世ヨーロッパのハンガリー王妃エリザベートが高齢で、
手足が痛む病気になり、痛み止めに使ったところ、

病気が良くなっただけではなく、みるみる若返って、
隣国の王子からプロポーズされたという伝説があります。

現在でも、
シミを予防して肌のハリを保つ効果がある精油として利用されています。
 

SPONSORED LINK

こんなときにおすすめ

 
こころへ

  • 脳細胞に働きかけて、記憶力を増進させる役目があります
  • 眠気をさますような刺激的な香りなので運転中に使うと効果的
  • 自律神経の働きを整え、心のバランスを取り戻す効果があります
  • 不安になって意識を集中できない時など精神疲労を癒し前向きな気持ちに!

 
からだへ

  • 頭痛と偏頭痛に効き、軽いめまいにも効果的
  • 利尿作用があり、むくみ対策に利用できます
  • 脂肪を溶解する作用、代謝を促進する作用に優れています
  • 肝機能を強壮するほか、
    肥満や糖尿病、動脈硬化、高コレステロールなどの予防効果
  • うっ滞除去作用があるので冷え性の改善に有効です
  • 筋肉痛の緩和や、消化不良、血行不良、低血圧などに効果的
  • 静脈瘤膀胱炎に効果的

 
肌へ

  • 強い収れん作用があり、たるんだ皮膚しわなどの解消に効果があります
  • 脱毛・フケの予防など、頭皮の障害を改善します
  • にきびやあかぎれなどの症状緩和にも有効です

ダウンロード (6)
アロマテラピーは副作用がないので、使い方を誤らなければ、
手軽にできるお悩み解決法だと思います♪
アロマ歴16年の私は、もうアロマ無しの生活は考えられないです(苦笑)

 
引用:はじめてのアロマテラピー
   これ一冊できちんとわかるアロマテラピー [生活の木]

SPONSORED LINK
 

関連記事

アロマ効果と「精油の香り 7つの系統&相性」を見てみる!

アロマテラピーに使われる代表的な 精油50種類は大きく7つの系統に分類されます。 それぞれの香り

記事を読む

妊娠中のつわりに効果的なアロマ(精油)とは?

妊娠につきものといわれている悪阻(つわり)ですが、 あれは、本当に辛い(;>0<);:*。 つわ

記事を読む

精油の効能 最初にそろえたい初心者にオススメの5本はこれ!

アロマテラピー初心者の人に特におススメしたい! 用途が広く、ブレンドしやすい精油5本をピックアップ

記事を読む

乾燥肌の原因とは?かゆみ対策にアロマ「レモンとラベンダー」を!

冬になると皮膚が乾燥して、背中やスネ、腰回り、腕などがかゆくなり、 ボリボリやって皮膚を傷めてしま

記事を読む

肩こり解消に効果的なアロマテラピーレシピです!

肩こりで悩まれている方は非常に多いですね。 同じ姿勢での作業や、OA機器を使ったデスクワーク、

記事を読む

乾燥肌のケアに!アロマフェイシャルスチームが効果的!

 お顔の乾燥肌で悩んでいませんか? カサカサ、かゆかゆ。.。:+*(>ω

記事を読む

精油とは? 選び方のポイント!取り扱いに注意することとは?

アロマテラピーで、 心が癒されるとか、体臭が軽減されるとか、 ダイエットに効果があるとかいわれて

記事を読む

ストレス解消はアロマテラピーで!脳が喜びます!

ストレスには、 物理化学的、生理的、心理的ストレスがありますが、 その中でも、心理的ストレスが多

記事を読む

こころの悩みにアロマテラピーを!「不安・眠れない・落ち込んでいる」

不安、悲しい、悔しい、辛い、せつない、淋しいなど いろんな感情が湧いてくるのは人間だから仕方ないこ

記事を読む

虫除けスプレーは手作りで!無添加で安全 虫が嫌う精油を使って効果大!

蚊が目の前をウロウロしだすと気になりますね。 かまれやすい体質の人は、虫よけスプレーを作ってみませ

記事を読む

  • 5f420844166d03ffeb9729a355d9f2b1597c5254d8ca10efd9pimgpsh_thumbnail_win_distr
  • a1370_000413-400x299
  • ar
  • tarotbana-
  • DSC_1054-300x254
PAGE TOP ↑