*

身体の悩みにアロマテラピーを!「頭痛・花粉症・便秘・生理痛」

公開日: : 最終更新日:2016/09/01 アロマ , , , , ,

身体の悩みもアロマで治せるの?って思いませんでしたか?

アロマテラピーは医療ではありませんが、
自然の植物の香りには心身を癒やす効果があるのです。

SPONSORED LINK

たとえば胃が痛い!となったとき
ストレスなど心の問題が原因かもしれませんよね。

心と体全体の問題として捉えるアロマテラピーの考え方は
「ホリステック・・全体的・包括的」な観点から行う自然療法として、
日本の医療現場にも浸透しつつあります。

頭痛・偏頭痛

 

目の疲れや肩こり、疲労、風邪など原因はさまざま。
こめかみ、側頭部の鈍痛、頭が締め付けられるような慢性の頭痛は
緊張型頭痛が多いようです。

原因はストレスや、過労などによる血行不良が考えられます。
血行をよくして筋肉をリラックスさせる精油
鎮痛作用のある精油などが有効ですよ。

    方法として・・詳細はこちら

  • ハンカチに精油を1滴落として鼻の前であおりながら嗅ぎます
  • お風呂に精油3~5滴落として全身浴、半身浴でリラックスさせます
  • 洗面器に冷たい水をいれ精油を2~3滴落としタオルを浸して冷湿布

おススメの精油
この中から好きな香りを2~3種類 選んでね。

  • ラベンダー・・・精神を安定させて痛みを軽くする
  • ペパーミント・・気分をさわやかにします
  • クラリセージ・・神経の緊張を鎮めて痛みをやわらげる
  • ローマン・カモミール・・穏やかに痛みをやわらげる

花粉症

花粉症って、辛いですよね。
春だけ、秋だけ、年中とか、どんだけ~~

症状は、
目のかゆみや充血、くしゃみ、鼻水や鼻づまりなどさまざまですが、

その不快感はイライラしてストレスがたまったり、
集中力が低下したりします。

そんな症状をアロマテラピーで解消できるんですよ!
お薬だけに頼らずに、自然の力を借りましょう~!

精油はアレルギーに対する抵抗力を補いストレスなどを
解消して気持ちを穏やかに鎮めるのに効果的です。

aaap-horz

    方法として・・

  • ハンカチに1滴落として吸入する
  • アロマライトなどで部屋の空気を浄化する
  • マスクの外側に1滴浸み込ませておく
  • 全身浴で花粉症に対する抵抗力を高める
  • 洗面器にお湯を張って精油を落としたスチームも効果的
    おススメの精油
    この中から好きな香りを2~3種類 選んでね。

  • ペパーミント・・鼻の不快感を軽減してストレスをやわらげる
  • ユーカリ・・・・鼻水、鼻づまりをおさえてストレスをやわらげる
  • ローマン・カモミール・・目のかゆみなどのアレルギー症状をやわらげる

SPONSORED LINK

便秘

女性に多い便秘の原因は、
運動不足、ストレス、偏食、環境の変化、水分不足、食物繊維の不足
など、さまざまですが、特に便意を我慢して排便リズムが崩れて
便秘になるケースが多いんだとか。

胃腸の働きを高め、衰えた消化器系の働きを正常化し、
排便を促す作用のある精油を用いて少しずつ解消していきましょう。

    方法として・・

  • 全身浴・半身浴で身体を温めることは便秘に効果的
  • おなかの周りをトリートメントし、便意のリズムが整うまで習慣的に行うと良い
  • ローズレッド、ローズピンクのハーブティーを毎食後飲むと有効ですよ
    おススメの精油
    この中から好きな香りを2~3種類 選んでね。

  • フェンネル・・・腸の働きを活発にする
  • ローズマリー・・・胃腸の働きを高める
  • レモングラス・・・消化器系の機能を高める
  • マージョラム・・・ストレスをやわらげ、消化器系の不調を整える
  • スイートオレンジ・・消化器系の機能を高める

生理痛

女性にしかわからない悩みです。
病気ではないのですが予定日の3~10程前から心身の両面に
不快症状があらわれ、情緒が不安定になり気分が沈みます。

月経前症候群(PMS)といい、生理が始まると治まります。
自律神経などのさまざまな症状に有効な精油を用います。

脂肪分やカフェインなどの刺激物を減らし、
ビタミンやミネラルが豊富な食品を摂るようにしましょう。

    方法として・・

  • 温湿布、洗面器に熱いお湯と精油1~2滴いれ、タオルを浸して固く絞る
  • 生理が始まる1週間前から下腹部をオイルトリートメントする
  • ジャーマンカモミールのハーブティーを日頃から飲んでいると良い
      おススメの精油
      この中から好きな香りを2~3種類 選んでね。

    • クラリセージ・・ホルモンのバランスを整えて子宮を強化する
    • ネロリ・・・ホルモンのバランスを整える
    • マージョラム・・生理痛をやわらげる
    • ラベンダー・・・生理痛をやわらげる

トリートメントオイルの作り方、精油の扱い方などの詳細をご覧になってご自分の責任で正しくお使いくださいね。

SPONSORED LINK
 

関連記事

緊張しない方法!驚きのアロマテラピー効果とは!

スピーチ、プレゼンなどの場で、 もうすぐ自分の番が回ってくる。ドキドキドキッ! どうしょう、どう

記事を読む

精油の使い方 冷え性など身体と心のケア16の症状別でみてみる!

「冷え性がひどくて~、」 こんな時、どの精油をどのように使えばいいの? 症状別に精油を選んでみま

記事を読む

レモン(精油)のアロマ効果でアロマテラピーライフを楽しむ方法!

アロマが認知症に効果的という話はよく聞かれていると思いますが、 香りで精神的な病を癒やしたりするこ

記事を読む

乾燥肌の原因とは?かゆみ対策にアロマ「レモンとラベンダー」を!

冬になると皮膚が乾燥して、背中やスネ、腰回り、腕などがかゆくなり、 ボリボリやって皮膚を傷めてしま

記事を読む

ペパーミント(精油)のアロマ効果でアロマテラピーライフを楽しむ方法!

ペパーミントといえば、 歯磨き粉、お菓子、ガムなどの香りづけに利用されていますよね。 ウォーター

記事を読む

アロマセラピストとは?資格はいる?開業に免許は必要?

アロマテラピーの勉強をしてみたい? セラピストになって人を癒やしてあげたい? では、こちらからど

記事を読む

乾燥肌のケアに!アロマフェイシャルスチームが効果的!

 お顔の乾燥肌で悩んでいませんか? カサカサ、かゆかゆ。.。:+*(>ω

記事を読む

アロマ効果と「精油の香り 7つの系統&相性」を見てみる!

アロマテラピーに使われる代表的な 精油50種類は大きく7つの系統に分類されます。 それぞれの香り

記事を読む

妊娠中のつわりに効果的なアロマ(精油)とは?

妊娠につきものといわれている悪阻(つわり)ですが、 あれは、本当に辛い(;>0<);:*。 つわ

記事を読む

アロマオイルの使い方!初心者はこう使う

アロマ、なんとなくわかっているけど 自分が使うとなったら良くわからない! いつ、どうやって使

記事を読む

  • 5f420844166d03ffeb9729a355d9f2b1597c5254d8ca10efd9pimgpsh_thumbnail_win_distr
  • a1370_000413-400x299
  • ar
  • tarotbana-
  • DSC_1054-300x254
PAGE TOP ↑