ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

体の不調チェック!水の飲み方を変えるだけで血液サラサラ~!

      2017/04/11

私たちの体の約6割は水でできているので、
体に不調が起きないように一日「体重×30ml」の水を
飲むように心がけたいものです。

SPONSORED LINK

 

体の不調は水不足?滞り?チェックしてみよう!

体内水のバランスが崩れる要因は、主に「水不足」か「滞り」だといわれています。
それぞれのチェックリストで、あてはまる項目が多いほど要注意です。

水不足  滞り 
□ちょっとしたことで疲れる  □体がだるい 
□口の中がねばついている  □手足がこわばる 
□すぐに目が乾く  □手足にしびれがある 
□口臭がひどくなった  □体のどこかに痛みがある 
□味を感じにくくなった  □頭が重かったり痛かったりする 
□まぶたや手足の筋肉がピクピクすることが多い  □めまい、立ちくらみがする 
□微熱が続いている  □乗り物酔いをしやすい 
□頭痛が続いている  □吐き気やげっぷ、お腹の張りがある 
□以前よりも尿の回数が減った  □便がやわらかく下痢気味だ 
□甘いものをよく食べるようになった  □以前より尿の出が悪い 
□口の中がにがいと感じる  □雨や曇りの日は体調がすぐれない 
□肌が荒れている  □梅雨時になると体調がすぐれない 
□肌にツヤがなくくすんでいる  □冷え性に悩まされている 
□シミができやすい  □胃がもたれやすい 
□風邪をひきやすい  □咳、痰、鼻水、鼻づまりが続いている 
□なんとなくいつも体が重い  □動機が起こりやすい 
●3個未満:水不足の可能性は低いです。●4~9個:慢性的な水不足になっているかも!●10個以上:深刻な水不足に陥ってる可能性が高いです。  ●3個未満:今の所、体内水に大きな滞りはないようです。●4~9個:体内水は滞りぎみです。●10個以上:体内水がかなり滞っています。 

 
チェックの結果はいかがでしたでしょうか?
水、飲んでいるつもりなんだけどなぁ~。

でも、こうやってチェックしてみると意外と
飲んでいなかったことに気づきませんか?

これを機会に「水の飲みかた」について調べてみたいと思います。
 

SPONSORED LINK

 

    水の飲み方を変えるだけで体が変わる!?

  1. 寝起きのコップ一杯の水が血液ドロドロを解消!
  2. 体重kg × 30ml=一日に必要な飲水量(およそ1.5Lが標準)
  3. 一日に何度も小分け飲み!(水の一気飲みに注意!)
  4. 硬水のミネラルウォーターをチビチビ飲みすると良い。
  5. チビチビ飲みルール「朝~昼3:昼食後~夕食まで5:夕食~寝るまでに4
  6. 常温の水を選ぶ(冷たい水は中毒になる。)
  7. 清涼飲料水、アルコール類は水の代わりになりません。
  8. 水道水よりミネラルウォーターが良い。

 
水道水とミネラルウォーターの違いを知っておこう!

【水道水】

安全性は高いけど、
カルシウムやカリウム、マグネシウム、ナトリウムなどの
主要ミネラルはもちろん、シリカやバナジウムといった、
天然水に含まれる微量なミネラル成分もすべてろ過され、
H₂Oとしての水でしかなくなってしまう。

体内の水分不足を解消することはできるが、
プラスアルファの効果は期待できない。

【ミネラルウォーター】

ミネラルウォーターは、地中でろ過され、ミネラル分を
含んだ地下水のことで、天然水はリンクしています。

軟水は飲みやすく、硬水は健康に効果的です。
これは、毎日飲んでいる水ですが、表ラベルには「天然水」って
書かれていて、裏には下記が表示されています。

飲みにくいと思ったことはありませんでしたが・・・

ミネラルウォーターには、体にうれしいミネラル成分が何種類も
含まれています。それらは体内でどのような働きをするのでしょうか?

カルシウム
体内にあるカルシウムのうち、
99%が骨や歯、1%は筋肉や神経、体内水にあり、筋肉の収縮を促したり、
血液の凝固を助けたり、さまざまな働きをしています。

高血圧・動脈硬化・骨粗鬆症を予防したり、
イライラや不安をやわらげて精神を安定させる作用もあります。

マグネシウム
カルシウムとともに骨や歯に含まれ、カルシウムが溶け出すのを防ぐ
重要な働きをしています。

便秘を改善する作用があります。
疲労を防いだり、心臓の働きを支える役割もあります。

ナトリウム
体内水を移動させる浸透圧を生み出すため、体内水の状態に
影響を及ぼします。さらに、ナトリウムには、血圧をあげ、
筋力を向上させるなどの働きもあります。

日本の食生活は塩分が多い為、あえて摂取を心がける必要がない。

カリウム
筋肉の働きを維持したり、神経伝達をスムーズにしたりもします。
摂りすぎたナトリウムの排泄を促すのもカリウムの役割です。

高血圧の原因となる過剰なナトリウムの作用も抑えます。

肉や野菜、魚などさまざまな食材に含まれており、
比較的簡単に摂取できますが、排泄されやすいため、
不足しないように気をつけたいミネラルです。

亜鉛
人体に約2g存在し、骨や皮膚、筋肉、肝臓などに含まれています。
1日の摂取量の理想は10~15mg。
普段の食事で不足しがちなミネラルです。

作用はホルモンの活性化や、脳機能の活性化、抜け毛予防など
さまざまです。

セレン
別名セレニウム。
強い抗酸化力を持っているため、アンチエイジングやガン予防などに
役立ちます。

また、動脈硬化や血行障害、心筋梗塞など血流に関する
トラブルを防ぐ働きもあります。
発育や生殖にも不可欠なミネラルです。

マンガン・鉄・銅・ヨウ素・リンなど・・・

 
水が原因の不調に何がある?

体内水に異常があったらこんな症状が現れる?

    たとえば、むくみにもいろいろありますね。

  • 頭部のむくみ:耳鳴りやめまいとして現れます。
  • 筋肉のむくみ:手足のこわばりや肩こり
  • 消化器系のむくみ:鼻炎や咳
  • 疲労感・だるさ:軽度の脱水症状や老廃物を溜め込んでいる。
  • 便秘・下痢:腸の動きが鈍り、体内水のバランスも崩れている。
  • 肥満:水飲みダイエットで脂肪を燃焼し健康的に肥満解消できる。
  • 肌荒れ:体内水が滞ると血行不良を起こし、ドロドロの血液が肌荒れやシワに!
  • 高血圧:硬水のミネラルウォーターで改善しましょう。
  • 糖尿病:血糖値を上げないためにも数時間おきに水を飲みましょう。
  • 高脂血症:放っておくと動脈硬化の原因に、アルカリ性の水がおススメです。
  • 物忘れ・ボケ:老化現象に加え頭部の体内水が減ると、認知機能が衰えます。
  • イライラ・ストレス・うつ:自律神経失調症には体内水のケアをしましょう。
  • 関節痛:体内水のよどみが関節の痛みとなって現れます。
  • 筋力低下:筋肉の活力を上げるには、脂肪以上に水分が必要です。
  • 骨粗鬆症:カルシウムとマグネシウムの摂取で骨を丈夫に!

心当たりがあったらミネラルウォーターを飲んで改善しましょうね。

体に良いからといって、大量に飲み過ぎると
水中毒になってしまう可能性もありますから
要注意です!

体に入ってくる量と、出ていく量のバランスを意識して
くれぐれもお腹が苦しくなるほど飲まないでくださいね。

引用元:体の不調を治す!水飲み健康法 

 - 健康