ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

ほうれい線ができる原因は?若いのに目立つのは?

      2015/06/26

 
ほうれい線は、重力に逆らえない皮膚のたるみで、
加齢によるものと思われがちですが、

いやいや、若くてもほうれい線の目立つ人がいます。

ほうれい線は、元々あるのですが
年々、深くなって髭(ひげ)を書いたようになり
お婆さん化してしまうのです。

なぜ、若い人がほうれい線で悩むのでしょうか?
まず、ほうれい線ができる原因を探ってみましょう。

SPONSORED LINK

お顔のみならず、胸も、下がってきます。
下へ下へ下がろうとする力「重力」が働いているからなんですね。

しかし、若くてほうれい線が深くなるのは
別の意味も含まれます。

 

ほうれい線はなぜできるのか?

重力はもちろんですが、

若い頃の肌は、この重力に負けないだけの構造が備わっているため、
たるまないわけです。

    それではなぜ?

  • 親から譲り受けた骨格や筋肉のつき方が原因
  • パソコン、スマホの普及でうつむく姿勢が多くなった
  • 片方の足に重心をかけて立っていたり、噛み合わせが悪い
  • いつも左(右)でバッグを持つクセがある
  • 表情筋が劣化したため、脂肪より重い筋肉がたるんで、支えられなくなった
  • 頭皮のたるみから、顔の皮膚が下がってきている

 
更に!

前かがみの姿勢(猫背)が多いため、僧帽筋が固くなっている(肩こりの人に多い)

僧帽筋(そうぼうきん)ってなんだ?
肩が凝ったら、もみほぐしてくれる場所です。

顔の皮膚筋肉は図にある僧帽筋が引き上げているので、
前かがみの姿勢が多くなると僧帽筋は固くなって衰えてしまい、
顔の筋肉と皮膚を引き上げる力が無くなってしまうんです。

 
amm-horz

 
コラーゲンの劣化が原因で、肌に弾力が失われるから・・

コラーゲンはどこにあるの?
皮膚の真皮層というところに、網目状につながっています。
網目状のコラーゲンが、プチッ!と切れたり、伸びたりすると
肌を支えられなくなるんです。

コラーゲンの劣化はなぜ起きる?
活性酸素による酸化と、
糖化が肌と身体を老化します。
コラーゲン(たんぱく質)が糖で弱くなってしまうんです

活性酸素を増やす原因になっているのは、
睡眠不足・紫外線・乾燥・栄養不足・喫煙・暴飲暴食・ストレスなど

糖化」とは、体内のたんぱく質と、
食事によって摂取した糖(砂糖・米・小麦・果物など)とが結びつくことで、
固いたんぱく質が体内に蓄積してしまうことです。

糖化の原因になっているのは、
食べ過ぎ・運動不足・太っている・ストレス・加齢など

 

顔に滞っている老廃物

実は、顔にはツボリンパがいっぱいあります。
リンパは皮膚のすぐ下にあり、心臓のようにポンプがない為、
外から圧をかけてやらないと流れません。

余分な水分や老廃物がたまったままなのです。
重みで、たるみを加速させます。

毎日のスキンケアの時に
ひと手間かけて、顔の上を軽くプッシュしたり、

耳タブの下あたりから、鎖骨に向けて、
軽くリンパを流すと、ほうれい線等タルミの防止になりますよ!

 

ほうれい線を消す方法

固くなった僧帽筋のコリをほぐすと同時に、
ほほ骨の下にたまる老廃物も流しましょう。
この動画を参考にして、いつでもどこでもプッシュ!

ダウンロード (6)

ほうれい線があると、老け顔に見られますよね。
生活習慣に気をつけて、
正しいスキンケアとリンパ流しなどで
エイジングケアを目指したいです。

 - 美容 , , ,