*

くるみの効能 効果のパワー!

公開日: : 最終更新日:2016/05/24 薬膳 , , ,

最近ナッツ類に、はまっているのですが、
この中でも、外せないのがアンチエイジングに最強の「くるみ」です!

SPONSORED LINK

老化は、見た目だけではなく、内臓も老化してきますよね(’A`)
一日でも元気に若々しく暮らしたいと思うのですが、

「血管」「脳」「肌」「体力」が日に日に衰えていきます。

実は、くるみにはそんな悩みを解決してくれる
アンチエイジング(老化防止)効果があるんですよ!

 

くるみの栄養素と効能

 
胡桃(くるみ)に含まれている主な栄養素と効能

images (3)

  • リノール酸(脂肪分)
    悪玉コレステロールを下げたり、血栓を予防する効果はあるが、
    リノール酸を摂りすぎると逆効果になるので注意です!
  •  

  • ビタミンB1
    疲労回復ビタミンとしても有名なチアミンとも呼ばれる水溶性ビタミンです。
    糖質をエネルギーにかえるビタミンですが、
    甘い物やお酒が好きな人、白米を大量に食べる人は不足しがちで、

    不足すると、ウェルニッケ脳症といって、
    記憶障害運動失調歩行異常眼球運動麻痺を引き起こしますよ。
    酔っ払いがふらふらになっているような状態を想像してみてください

  •  

  • ビタミンB6
    健康な皮膚や髪を作ります。アレルギーの予防にもなります。
    薄毛、抜毛が気になる方は、もしかしたら
    ビタミンB6が不足しているのかもしれませんね。
  •  

  • ビタミンC
    美容に欠かせられないビタミンCです。
    シミや、そばかすの原因となる、メラニンの抑制や、
    くすみの予防、美白、皮膚のハリや潤いを与えてくれますよ!
    免疫力を高め、抗酸化力により、細胞を活性化して老化を防いでくれます
  •  

  • ビタミンE
    脂溶性のビタミンで、末梢血管を広げ血行を良くすることで知られています。
    血流を良くしてくれるので、肩こり、頭痛、冷え性などの改善に役立ちます。

    強い抗酸化作用があり、活性酸素の害からからだを守り、
    がん、心筋梗塞脳卒中などの生活習慣病の予防にもなります

  •  

  • ナイアシン(ビタミンB3)
    皮膚や粘膜の健康を保ち、脳神経の働きを助けます。
    欠乏すると皮膚炎(ペラグラ)、頭痛、不眠、めまいなどの症状がでることがあります
  •  

  • アルギニン(非必須アミノ酸)
    成長ホルモン分泌を促進するアミノ酸の中で代表的なものです。
    抗加齢作用で最も注目され体脂肪低下心血管のリスクを低下させます
  •  

  • トリプトファン(必須アミノ酸)
    脳セロトニン濃度を上げ、ストレスを減少させ、
    セロトニン効果的な睡眠導入に役立ちます
  •  

  • マグネシウム(ミネラル)
    マグネシウムやカルシウムが多く含まれている水は硬水と呼ばれています。
    便秘を解消したり、ダイエットにも効果的なんです。
    カルシウムの働きを調整し、心疾患骨粗しょう症の予防に!
  •  

  • クルミポリフェノール
    くるみの薄皮にクルミポリフェノールという大切な栄養成分が大量に含まれていて、
    ローストして、加熱すると、生のときの2倍近い量に増加するんです。

    悪玉コレストロールを減少させて心臓を守ってくれる抗酸化物質の量と質ともに
    ナッツ類の中でくるみが最も優れているんです!

  •  

  • オメガ3脂肪酸
    くるみに含まれているオメガ3脂肪酸はすぐれものです!

    細胞膜の構成要素の一つであり、体の調整物質の一つです。
    血液中の脂質濃度を下げる働きがあるといわれていることなどから、

    動脈硬化を防ぎ、コレステロール値、中性脂肪値を下げ、
    心臓病、がん、脳溢血・脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満などの予防にも!

    ダイエット効果には、
    良質な油は代謝を促すことから、体脂肪も落ちやすくなります

この他、胡桃には、たんぱく質や、食物繊維も含まれていますよ。

images (2)

 
ローストして食べる
ナッツ類のポリフェノールは、加熱するとさらに量が増え、
特にクルミポリフェノールは加熱によって生のときの2倍近い量に増加します。
抗酸化作用抗菌作用の効果が期待できます!

食べ過ぎに注意 
くるみの食べすぎは かえって障害になりますので、特に高齢者は気をつけて。
一日7粒ぐらいに。

SPONSORED LINK

くるみを食べるとどんな効果が期待できるの?

  • 便秘解消
  • 肥満予防
  • 美肌効果
  • 滋養強壮
  • 老化防止
  • 認知症予防
  • 不眠症改善
  • 抜け毛改善
  • 脳卒中予防
  • 脳出血予防
  • 脳梗塞予防
  • 心臓病予防
  • 心筋梗塞予防
  • 動脈硬化予防
  • ぜんそく改善
  • 疲労回復効果
  • 血管を若返らせる効果
  • 悪玉コレステロール改善

 
脳出血・脳卒中・脳梗塞予防

動脈硬化症の症状である血管内にできるプラークが、脳の血管を塞いでしまったり、
血栓が、脳の血管を塞いでしまうことで起きる脳梗塞には、
コレステロールの蓄積抑制効果のある、リノール酸が含まれているクルミが効果的なんです。

心臓病・心筋梗塞・動脈硬化予防

images (4)

心筋梗塞とは心臓に血を送る冠動脈という血管に血栓などが詰まり、
心臓の筋肉が損傷し心臓が動かなくなる病気ですが、

突然発症する病気ではなく、
食生活、生活習慣の乱れが積み重なって発症する病気と言われます。

くるみが悪玉コレステロールを下げ、血栓を予防する効果があるのは、
リノール酸を含んでいるからなんです。

くるみを常に食べていると血管を丈夫にして、血液の中の老廃物を排泄してくれて、
結果的には動脈硬化予防になるのです。

注)リノール酸の過剰摂取に気をつけて!
善玉コレステロールも一緒に下げてしまい、血栓ができやすくなるため、
動脈硬化や、心臓病、脳梗塞などの原因となってしまいます。

※リノール酸を多く含む食品の一部

ひまわり油
綿実油
とうもろこし油
大豆油
ラー油
ごま油

これらと一緒に摂る場合は、量は控えめにするといいですね。

認知症予防

認知症の原因は明確に解明できていませんが、
脳の委縮など脳細胞の損傷によるものと考えられています。

血流やホルモンも関係しているのではないかといわれているのですが、
そうであれば、アミノ酸は有用ではないかということです。

認知症の主な症状は記憶障害ですが、
単なる物忘れではなく「忘れていることすら忘れる」という状態になって、
日常生活も困難になり人格障害が起きることもあるそうですので、

くるみをローストして、毎日7粒食べる習慣をつけるといいですね。

不眠症に効果的

くるみには天然の睡眠薬と言われるメラトニンの材料が含まれているのですが、
メラトニン減少に伴う不眠症には、くるみの効果が期待できるということです。

入眠導入促進という意味では、「中途覚醒」や「早期覚醒」の不眠症に効果的ですよ。
また、神経系の働きを調整する作用があり、精神安定を促進するので、
「精神疾患的要因」や「ストレスなど心因的要因」などの不眠症にも効果的です。

抜け毛
ダウンロード (10)

薄毛や抜け毛は、血行が悪いことが主な原因といわれていますよね。

くるみが薄毛や抜け毛に効果的とされる一番の理由は、
くるみに含まれるオメガ3脂肪酸・ビタミンB6や抗酸化物質により
血行がよくなるからなんです。

くるみ、試してみる価値はありそうですね!

シミ・しわ・たるみ予防

くるみには、抗酸化作用のあるビタミン類が豊富で、
活性酸素を体内から取り除くため、細胞の再生がおこなわれます。

アンチエイジングの為にもくるみを食べよう~!

便秘・肥満予防

脂肪分は大半を不飽和脂肪酸、リノール酸が占めていますから、
エネルギーはあっても植物性脂肪酸なので肥満予防に役立つというわけです。

食物繊維も含まれており、便秘解消にも役立ちますよ。

悪玉コレステロールの改善

リノール酸は、体に脂肪を取り込みにくくする効果があり、
コレステロールや中性脂肪の低下作用があります。

ダウンロード (6)

くるみを滑らかになるまですり潰し、野菜といっしょに和えたり、
炒めたりすると食べやすくなりますよ。

・くるみ・豆腐・アボカドサラダ
・ほうれん草のくるみ酢あえ、

いろいろ試してみるのも楽しみの一つですね。
もちろん、そのまま調理しないで食べることもできます。

SPONSORED LINK
 

関連記事

cats

薬膳 ハト麦の効能は? イボ取りや肌の老化防止にもなる!?

  薬膳に使われるはと麦は、はと麦茶としても よく知られていると思うのですが、

記事を読む

vegetable

食材「青菜・根菜・海藻・きのこ・豆類」の栄養と効能を見てみる!

健やかに生きていく上で欠かせない食材。 ここでは、青菜・根菜・海藻・きのこ・豆類の 栄養と効能を

記事を読む

bmmシナモン

シナモンスパイスの効能とレシピはこちら!

寒くなると、温かい飲み物が欲しくなりますが、 健康にも、美容にも、 抜け目なく効果的な飲み物をご

記事を読む

19-112081

くるみの驚くべし美容と健康効果!

テレビで話題になった「くるみ」は 世界の研究者が注目している健康的な食品なんです!

記事を読む

tu

冷え性の改善には薬膳流の食材選びから!

一年中、冷え性で悩んでいませんか? 「冷えは万病の元」「冷やすと子宝に恵まれない」などと言われます

記事を読む

take

たけのこがダイエットに効果的なワケとは?大腸がんの予防にもなる?

春になると「待ってました!」といわんばかりに、 たけのこ料理にありつけます。あの歯ごたえがたまらな

記事を読む

images (3)

黒豆の栄養と効能パワー!こんな人に勧めたい薬膳体質チェック!

黒豆といえば、「まめに働く」などの語呂合わせから、 おせち料理には欠かせない食材ですね。 薬効効

記事を読む

images (9)

生姜の恐るべし効果と効能!注意することとは?

生姜(しょうが)といえば、いろんな用途がありますよね。 しかし、カラカラに乾燥したり、小さくなって

記事を読む

images (4)

アーモンドの知っておきたい効能!効果ある食べ方とは?

おつまみ、チョコ菓子などに、馴染みの深~いアーモンドを、 ミランダ・カーは毎日欠かさずに食べている

記事を読む

ダウンロード

美肌に良い食べ物とは?薬膳が効果的?

  お肌がくすんでいると、なぜか生活感がでて 老けて見られてしまいますが、 潤っ

記事を読む

PAGE TOP ↑