ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

目に良い食べ物とは?赤ジソにも効果はある?

      2016/05/22

 
パソコンにゲーム、携帯など
目を酷使することが増えた現代社会では、
視力が落ちないはずはないだろう~、という環境になりました。

SPONSORED LINK

コンタクトレンズの利用者が増えているようですが、
そんな環境から目を守るにはどうすれば良いのでしょう。

今回は、抗酸化力が強く目に良い「赤ジソ」に焦点を当ててみました!

 

赤ジソとは?

赤紫蘇とは、シソ科の植物で、ハーブなんですね。

赤紫蘇(アカジソ)に含まれている成分
カロテン、ビタミンE、パントテン酸、葉酸、ビタミンK、カルシウム、ビタミンB2など

青シソは、四季関係なく年じゅう野菜売り場に置かれていて、
刺身のツマなど、料理の用途も広いと思いますが、

赤ジソ(赤紫蘇)

梅干しを作るときの色づけに、なくてはならない存在ですよね。
また、漢方薬にもなっています。

さらに、目に良いとされる抗酸化力の強いアントシアニンが含まれているんです。

また、動脈硬化を予防してくれるポリフェノールの一種で、
赤紫蘇はロズマリン酸の含有量が多く、アレルギー症状にも効果がありますよ!

 
アントシアニンとは?

青紫色の色素成分のことで、目の機能を向上させ、
血圧上昇を抑制する働きがあります。

その青紫色の色素は、
視神経の働きを支えているロドプシンの再合成を助ける効能があります。
ロドプシンとは、目の網膜にある紫色の色素のことなんです。

アントシアニン(青紫色の色素)が含まれている食べ物には何があるでしょうか。

ブルーベリーはよく聞きますが、
ぶどう黒胡麻黒豆なすさつまいもの皮などにも含まれているんですね!

 
ロズマリン酸とは?

ロズマリン酸とは
シソ科の植物に含まれているポリフェノールの一種

強力な抗酸化成分が確認されており、
その抗酸化力は食品の保存などにも活躍しています。

赤紫蘇によって抽出されたドリンクであれば、
ロズマリン酸が含まれているので積極的に摂りたいですね。

SPONSORED LINK

赤ジソを使ったレシピ

赤ジソを乾燥させたものを細かくしたふりかけ「ゆかり」は、

  • ご飯のふりかけに!
  • 酢の物にまぜて!
  • ポン酢に混ぜて冷しゃぶのタレに!
  • y

    毎日簡単に、美味しく頂きましょう♪

    赤ジソが手にはいれば、作ってみたくなる!?

  • 赤紫蘇酢
  • しば漬
  • 七味唐辛子
  • 紫蘇ジュース
  •  
    即効性はないとしても、
    食事の中で意識して、目によい成分を補うようにしていくことは
    必要かもしれませんね。

    毎日パソコンとにらめっこしていると
    確実に、視力が落ちていくのがわかります(泣)

    食事を見直さないといけないなぁ~と、
    今更ながら痛感しています。

    はい!他人ごとではないんです(汗)

     - 健康 , ,