食事マナー |スマートな食べ方とやめた方がいいNGな食べ方

レモンとステーキ 暮らし

レストランや披露宴など、普段食べている変なクセがついついでてしまったり、食べ終わったお椀のふたどうするんだっけ!?など、慌てないように最小限のマナーは身につけて堂々とスマートに食べたいものです。

 
まず、和食といえば、焼き魚、刺身、にぎり寿司、煮物、汁物などがありますが、いざ、人の目を気にして食べないといけない時、これってどうするんだったかな?かな? 恥をかかないためにおさらいをしてみましょう。

懐石料理

箸の使い方

箸置き
割り箸のとき、箸置きがない場合は、箸袋を折って結びます。食事が終わったら、「使用済み」とわかるように箸先を結んだ箸袋の間にはさむか、箸袋に戻して、先の1/3くらいを下に折りかえしておきます。

刺し箸
箸でつかみにくいものを突き刺して食べた方が早い気もしますが、外でこれをやってしまうと作った人に失礼にあたるのでやめましょう。

迷い箸
みんなで取り分けて食べれるように大きな器に入ったものを、器の上で箸をウロウロするのは「どれにしようかな~」感が伝わるので、まわりの人達に良い印象を与えませんから絶対にやめてほしいですね。

もぎ箸
箸を口の中にいれたまま、くっついたご飯粒などをもぐもぐさせてとろうとしている動作ですが、見ている方は気持ち悪いので、くっつかないように吸い物などを先に食べるようにするといいですね。

寄せ箸
遠くにある器を、箸でズズズッと引き寄せるのは絶対止めてほしいですね。両手で持って寄せます。

渡し箸
お茶碗の上に箸を横たわらせないように。食事中や、食後についついやってしまいがちではないでしょうか。これって汚れた箸先が目につくのでよろしくないようで、必ず箸置きに置くように。

汁物のお椀の使い方

お椀のふたを開ける時、左手でお椀をしっかり押さえ、お椀を包み込むように右手を当て、内側に押すように力を入れると少しすき間ができてふたが開きやすくなります。

取ったふたは、内側を上に向けてお椀の右側に置きます。食べ終わったら出てきたときと同じようにふたをしめます。

刺身の食べ方

刺身の小皿に、しょうゆとわさびをいれて混ぜていませんか?それをやっちゃうと、せっかくのわさびの香りがとんでしまうのでやめましょう。

刺身の上にわさびを少量のせて、そのままわさびを挟むようにお刺身を二つ折りにしたあと小皿の醤油をつけて小皿を持っていただきます。青じそがついていたら刺身に巻いて食べてもOK!

にぎりずしの食べ方

にぎりずし大好きだけど、しょうゆのつけかたがヘタなんだよね。ご飯がこぼれないようにきれいに食べる方法は、まず、にぎりずしを箸ではさんで横向きに倒します。「え~、たねがすしめしから外れて落ちてしまいますよー。」多分落ちるかも!笑

利き手にもよりますが、倒すとき、たねが左側にあると作業?がしやすいです。

倒したにぎりずしのたねとすしめしを箸でかるくはさんで持ちます。ご飯は上、たねを下にしてたねの先のほうにしょうゆを少量つけ、たねを上向きにして口に入れます。

一口で入りきらないと思ったら、すし飯だけを半分程先に食べ、残りをたねでくるんで食べます。にぎりずしはかみ切らずに一口で食べるのがマナーです。

ここまでいかがでしたか?なんか、いちいち面倒くさい!と思わないでもないですが、人も自分もきれいに美味しくいただくには、マナーは必要ですね。

SPONSORED LINK

魚の食べ方

子どもの頃から、日本海の美味しい魚を食べて育ったわたくしでありますが、頭と骨だけが残るというような、そんなきれいな食べ方はできませんでした。今は、コツを知ったので少しマシです。苦笑

焼き魚

1)サンマなどの魚は、腹を手前に、頭は左にお皿に盛りつけられているのが正しいですね。最初に箸をつける場所は、画像にあるように頭に近い背側の身になります。

2)頭からシッポに向かってひとくちずつ食べ進めていきます。途中、骨や焦げた皮などは、器の手前にまとめておきます。

3)上の身を全部食べ終えたら、中骨を抜きますが、グチャグチャにならないように、左手で頭をかるく持ち上げ、頭に近いところの中骨と身の間に箸を刺しこみ、シッポのほうに少しずつずらして抜きます。頭と骨シッポがくっついている状態になっています。

焼き魚はひっくり返して食べない方が無難だそうです。

4)はずした骨は器の向こう側に置きます。残りの身も頭からシッポに向かって食べ進みます。汚れた指などはティッシュペーパーかナプキンで拭き、たたんで持ち帰ります。

5)きれいに食べられましたか?では、残った残骸ですが、中骨を半分に折り、器の左手前にまとめておき、すだちやレモンがあれば、のせて隠しておくと見た目もきれいです。

口の中に骨が入っていたら、家だと指でつまみだしていますが、人前では、左手で口元を隠しながら箸でつまみだします。まぁ~たいへん、魚を食べるだけで疲れますね。つまみ出した骨はさりげなく器の端に寄せておきます。さりげなく、です。笑

天ぷらの食べ方

天ぷらは、淡白な素材から食べるとおいしく味わえるということで、味の淡い素材を手前に、味の濃い素材を奥になるように盛りつけられています。箸で一口大に切って食べますが、かじったものは器に戻さないようにします。

かにと伊勢えびの食べ方

カニの身

かにの身は1本ずつ出して食べましょう。最初に全部出してから食べるのは避けた方がよいということです。かには美味しいので大好きなのですが、「いちいち面倒くさい!」という主がいるため、家ではなかなか食べる機会がない。一人で食べる勇気もないし、、。

伊勢えびのグラタンですが、この場合、身をフォークで押さえ、殻と身の間にぐるりとナイフをいれます。身を手前に出し、大きければ左から一口大に切って食べます。

身をはずしてから調理している場合が多いので意外と簡単にとれますよ。

焼きとりや田楽の食べ方

箸で、一口分ずつ串からはずして食べます。串ごとかぶりつくのは口元が汚れたりで、見た目がきれいではないから。。。

肉の食べ方

フォークでしっかり肉を押さえ、ナイフを引くようにして、左から一口大に切ります。少し斜めに切ると切れやすいです。つけ合わせは肉と交互に食べます。

骨付き肉の場合、紙が巻いてあれば手で持って食べますが、そうでないときは、骨と肉の間にナイフを入れて肉をはずします。左から一口分ずつ切り分けて食べるとよいでしょう。

つけあわせにグリーンピースがあると、ころがらないようにと、ナイフとフォークで格闘しかねない。フォークの背で一口分ずつつぶしてすくって食べるとスムーズにでき、スマートに見えますよ。

肉まんの食べ方

家では手で食べますが、中国料理の正式なマナーとしての食べ方は、箸で肉まんを寝かせ、裏の紙を手ではがします。左手で肉まんを軽くおさえ、箸で半分に割ってから一口大を口に入れます。

れんげの使い方

ラーメンとか食べる時、れんげはスプーンを持つように持っていますが、みなさんはいかがですか?実はそれって×なんですね。人差し指を上の溝にのせて、親指と中指ではさむ形が正しいようです。ちょっと食べづらいです。苦笑

フォークでライスをスマートに食べるには

一時期、フォークの背にライスをのせて食べていましたが、腹にのせて食べるのがルールだそうです。フォークですくって食べてもOKだけど、スマートに食べるには、一口分のライスをナイフで寄せてフォークにのせて食べます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。知ってたつもりが、意外と「え~そうだったの?」っていうこと、ありませんでしたか?ナプキンの使い方などテーブルマナーも気になるところ。こちらも参考にいかがでしょうか。

SPONSORED LINK

コメント

タイトルとURLをコピーしました