ロハス的なライフスタイル♪

動物占い、手相、アロマオイルの使い方、薬膳や健康、美容に関する事柄などを主にご紹介しています♪

*

レモン(精油)のアロマ効果でアロマテラピーライフを楽しむ方法!

      2018/05/04

アロマが認知症に効果的という話はよく聞かれていると思いますが、香りで精神的な病を癒やしたりすることが古代から行われていたようです。

SPONSORED LINK

レモンを絞った時、手に油分が少し残ったような気がしたことはないですか?レモンの精油は、圧搾法(あっさくほう)といって、果実を機械で丸ごと絞ったあと、果汁(ジュース)と果皮の精油に分類する方法で抽出されています。

余談ですが、浄化や魔除けのために、満月の夜にレモンをお風呂に入れると良いようですよ。

学名:Citrus limon
科名:ミカン科
抽出部位:果皮
抽出方法:圧搾法
主な産地:イタリア・アメリカ・スペインなど

こんな悩みにおすすめです!!

心へ
頭をすっきりさせてリフレッシュしたい時に!集中力や記憶力を高めたい時にも有効です。心身の疲れを感じているときのリフレッシュに!

身体へ
消化不良や、便秘に!消毒性があるので発熱を伴った風邪に効果的!血行をよくして身体を温め、毒素を排出します。

肌へ
古くなった角質を取り去ってくすんだ肌色を生き生きとさせます。またにきびや吹き出物をおさえる働きがあります。傷みやすい爪の保護や、イボ、ウオノメの除去にも効果を発揮します。

レモンの精油 おススメの使い方

温湿布と冷湿布の使い分けをする

不快を感じている患部にアロマ湿布を貼り、直接的に症状を緩和させます。

    【湿布の方法】

  1. 洗面器やボールなどを用意して、温湿布なら熱湯を、冷湿布なら冷水(10~15℃)を、7分目程注ぎます。
  2. 目的や症状に合わせて選んだレモン精油を1~2滴落とし、よくかき混ぜます。
  3. 薄めのタオルを浸し、軽く絞ります。患部に当て、約10分置きます。

温湿布は「にきび・食欲不振」の症状のとき。

冷湿布は「虫刺され・発熱・のぼせ」の症状のとき。

暑い夏の日はレモンの香りの冷たいおしぼりはいかが?

冷湿布をつくる要領でレモン精油を落とした冷水におしぼりタオルを浸けて、軽く絞り、ビニール袋にいれ、冷蔵庫で冷やしておきます。

夏でも温かいおしぼりは気持ちいいものです。温湿布をつくる要領で作ってみましょう。ラップにくるんでおいて、使う前にレンジで40秒ほどチン!すれば出来上がり!

眠けをさましたい

車の運転中や、会議中、勉強の最中に睡魔が襲ってくることがありますね、こうしたときは、レモン精油を使って心とからだに刺激を与え、リフレッシュすることができます。

※時間がない時は、お湯か水を入れたマグカップか、ハンカチなどに精油を1~2滴落として吸入しましょう。絶対飲まないように!
レシピ:レモン精油1~2滴

※全身浴または、手浴をしましょう。
レシピ:レモン2滴+ローズマリー2滴

手順:眠けが取れない時は、40~42度くらいの少し熱めのお湯に精油を落として、短い時間でさっと全身浴をします。

レモンで皮膚がピリピリされる方がいらっしゃいます。そういう場合は、塩、またはハチミツに混ぜて使いましょう。

※お風呂に足首が浸かるくらいのお湯を入れて、レモン精油を2~3滴落とし、かき混ぜます。お風呂に入り、勢いよくシャワーを出すと精油の香りが足元から立ち上がってくるので、爽快感を感じますよ。目はパッチリするかもしれませんね!

冷え性のレシピ:血行を促進させ、全身を温める足浴に!

手足の末端、肩、背中、おなか、腰、足首など冷えを感じたなら足湯をしてみませんか。血管を拡張し、身体を温める作用のある柑橘系の精油が冷え性改善に有効です。

レシピ:レモン精油1滴+パチュリ精油1滴+ジュニパーベリー精油1滴

手順:洗面器かバケツに40~43度のお湯を半分くらい張り、精油を落としてよく混ぜます。足を入れて10分ほどつけ、香りが弱くなったりお湯が冷めてきたらお湯を足します。

SPONSORED LINK

トリートメント用のオイルを作ってみる

alert使用するにあたって気をつけなければいけないことがあります。レモンの精油には、光毒性といって、日光や紫外線にあたるとシミになる場合があるので、トリートメント直後から半日は日光に当たらないように注意が必要です。

敏感肌の人は刺激を受ける場合があるので、濃度に注意が必要です。

精油は基本的に非常に高濃度ですので、原液のまま使わずに、キャリアオイルで薄めて使用します。

キャリアオイル10mlに対して精油2滴が目安になります。

aare

では、肩こりに効果的なマッサージオイルをつくってみましょう。

レモン:2滴
ユーカリ:1滴
ローズマリー:1滴
キャリアオイル:今回はスィートアーモンドオイル20mlを使用

alert3歳未満・妊娠中・高血圧など持病のある方は使えない精油がありますのでご注意くださいね。

レモン(精油)のこんな使い方もいかが?

  • 車の臭い消し・・雑巾を洗う水に2滴落として洗い、車中を拭く
  • 洗濯物の仕上げに・・すすぎの時に直接3~5滴落とす(シミに注意)
  • 靴の臭い消し・・レモンの精油を落としたテイッシュペーパーを入れる
  • 掃除機の中のごみ袋に1~2滴落とす
  • キッチンの油汚れ・・ぬれ雑巾に精油を落とし、精油部分が汚れに着くようにふきます

いろいろ工夫をされると、アロマテラピーライフが楽しくなりますよ♪

精油が直接皮膚につかないように気をつけてお使いください。

 - 精油