ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

体臭 汗臭の原因は?雑菌除去できるアロマ(精油)で快適に!

      2018/05/03

汗ばむ季節になると、体臭・汗臭で悩みますよね。満員電車の中の「ムッ!」とした、鼻をつまみたくなるような体臭を嗅いだときはブルーになります。

夏は汗をかくので、体臭が気になる方も多いと思いますが、実は、汗をかかなくなる季節ほど体臭はきつくなりやすいのです。老廃物が溜まったままなので・・・。

SPONSORED LINK

いくつか考えられる原因をピックアップしました。

わきが

わきがは、わきの下や、耳の穴、おへその周りなどにあるアポクリン腺から分泌される汗が原因です。頭皮から足裏など、皮脂分泌が多いところも、丁寧に洗って、あとは精油のパワーを借りましょう。

加齢臭が原因かも?

加齢臭とは、男女共に40歳を越えたあたりでみられる特有の体臭のことをいいます。

加齢臭が出やすい部分「耳の後ろ・首の後ろ・胸・背中・」というのは皮脂腺が多いため発生しやすいのですが、加齢により酸化を抑える力が、弱くなるために臭いとして発生するのです。

特にこの部分は清潔に保っておきたいものです。

加齢臭の原因物質は「ノネナール」とされており、皮脂腺から出る脂肪酸(パルミトレイン酸)の酸化や、バクテリアによって醗酵して出来る物質などのことですが、加齢と共にターンオーバーが遅れ、溜まりやすくなっています。

そのノネナールを減らすには抗酸化ビタミン類を摂るのが良いとされています。

食事で気をつけることとして、動物性タンパクや、脂肪類を良く摂る人は、体臭がきつくなりやすいですから、野菜、和食、梅干しのようなクエン酸や食物繊維を意識して食するといいですね。

ジャンクフードが多い人は気をつけて!

タバコも体臭の原因のひとつですね。量を減らす工夫を!

便秘が原因

便秘が原因の体臭・口臭がありますが、腸内で便の滞在時間が長いと、悪玉菌の増加、便の腐敗、発酵が進みます。

腐敗した便からは、発がん性物質などの有害物質(体臭の原因)が発生してしまいます。

この有害物質は、通常、排便時に出ていくのですが、なかには、腸の壁から吸収され、血液中に溶け出し、血液ととも全身に有害物質(体臭の原因)が運ばれていきます。

そして、皮膚から体臭が、呼気から口臭が放出されます。

腸内環境が良くなることで、臭いの原因になる悪玉菌の繁殖を抑制することができますよ!

運動不足が原因?

運動不足の人は、汗をかくことが少ないため、汗腺が衰えてしまい、特に下半身や腕・手足の汗が減ります。

たまに汗をかくと、その汗はアルカリ性が強く、細菌にとっては大好きな汗となります。

運動不足の人が、突然運動をして筋肉を使うと、筋肉の中に、疲労物質である乳酸が大量に作られてしまいます。

乳酸はアンモニアと仲がよく、いっしょに汗となって排出されます。アンモニアに似た臭いはそのせいだったんですね。

SPONSORED LINK

 

単品ダイエットが原因?

単品ダイエットや、偏った食事などで、極端に炭水化物を減らすと、代謝が悪くなり、脂肪酸の燃焼システムがうまくいかなくなります。

そうすると、血中に乳酸やケトン体といった成分が増え、体臭の原因になります。臭いが酸っぱい?と感じたことはないですか?

足のニオイが原因?

足の汗や脂などの分泌物をバクテリアといった雑菌がエサとして摂取し、その分泌物が分解されたことで脂肪酸の一種であるイソ吉草酸(イソキッソウサン)と呼ばれる成分が生じるのです。

まめに、足の指の間や裏、爪の中などを綺麗に石鹸で洗浄し、雑菌を寄せ付けないようにすると良いですね。

男性の体臭

「男性の体臭が気になるんですけど」・・・と、女性より、男性の体臭を不快に感じている人が多い。なぜか?

体臭成分の揮発性ステロイド、「アンドロステノン・アンドロステロン・アンドロスタジエール」のうち、女性にとって不快に感じる原因物質が「アンドロステノン」であるということがわかっています。

「アンドロステノン」は「汗」と混ざることで臭気が増強し、更に、他のニオイ成分と混ざると不快度マックスになるんです!

sick_takansyou

    男性の体臭

  • 皮脂腺がより活発である
  • エクリン腺やアポクリン腺からの発汗機能が盛んである
  • アンドロステノンが体臭そのものも強くする

病気が原因?

  • 甘酸っぱい臭い…「糖尿病」
  • おしっこのような臭い…「腎機能が低下」
  • ドブやカビのような臭い…「肝機能が低下」
  • 卵の腐敗臭…「胃炎」や「胃・十二指腸潰瘍」
  • 魚臭い臭い…代謝異常の病気のひとつである「魚臭症(トリメチルアミン尿症)」

 

制汗・デオドラント作用のあるアロマ(精油)でケア

 
ニオイの元を除去してくれるデオドラント用ボディスプレーをつくって、脇の下など気になるところにシュッ!と、ひと吹きしましょう。

デオドラント用ボディスプレーの作り方

まず、50ml のスプレー容器と、精油、無水エタノール、精製水を用意しましょう。

おすすめの精油レシピ例①

無水エタノール10mlの中へ
精油:「サイプレス3滴+ティートリー3滴+ラベンダー3滴」を
入れて、よく振って混ぜます。

次に精製水か、ミネラルウオーターを40ml加えて混ぜます。使用前にもよく振ります。

おすすめの精油レシピ例②

無水エタノール10mlの中へ
精油:「サイプレス5滴+ジュニパー5滴+シダーウッド3滴」を
入れて、よく振って混ぜます。

次に精製水か、ミネラルウオーターを40ml加えて混ぜます。使用前にもよく振ります。

注)順序を間違えないでね!精製水に精油をいれると混ざりません。

aaat

また、アンズの種子「キョウニンエキス」が「アンドロステノン」の発生を抑制する!ということがわかっているようです。

このアンズの種子には抗菌作用があります。

アンズの種から抽出した、サラリとした感触の使い易いキャリアオイル、アプリコットオイルを使って軽くマッサージしてみましょう。

これは植物油ですので、このまま使えます。

お風呂で使う場合

熱めのお湯に、精油「レモン2滴+サイプレス2滴」を落としてよくかき混ぜ、短時間の全身浴を楽しみます。

精油の成分が、汗と臭いを抑えてくれます。

images (4)

ぬるめのお湯にじっくり入ると、逆に汗が吹き出てきますので、避けてください。

それぞれに使用する精油で、香りが苦手な場合は、この精油「ユーカリ・ティートリー・レモングラス」も使ってみましょう。

「アロマに興味はあるけど難しそう~」と思っているアナタ!
ココをクリックしてみてね。
初心者でも簡単にアロマライフを楽しめますよ♪
当店人気No.1のアロマオイル!アロマオイル ラベンダー 10ml  【レビューで送料無料//エッセン…

 - アロマ , ,