ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

足裏 反射区をチェック!対応する器官と病症例が一目でわかる!

      2017/12/22

肩こりつらいですよね~。反射区を押してみましょう。ゴリゴリするかも!

足裏、押さえて痛いところは、老廃物が溜まっている可能性があります。反射区を押して膀胱に流してしまえば、痛みは軽減されますが、それでも飛び上るほど痛い場合は、病気が潜んでいる場合があります。足ツボをして早期発見につなげましょう。

SPONSORED LINK

アロマセラピストですので、アロマのオイルを使って足ツボの施術もしております。飛び上るほど痛い方には医療機関に行かれることをおススメしています。子宮筋腫、卵管が腫れていると診断された方が多いです。

あなたは大丈夫?

下記の図を見ながら、各反射区を探してみましょう。首から上は左右反対の位置になります。左足裏の 8(目)と9(耳)は右目と右の耳の反射区ということになります。

健康チェックポイントも見てみましょう!各反射区が弱ってくるといろんな症状がでてきます。

病症例

1 大脳「頭痛・脳血栓・視覚障害・脳卒中・頭重」    
2 前頭洞「頭痛・脳卒中・不眠症・蓄膿症」    
3 小脳「不眠症・めまい・高血圧」
4 脳下垂体「発育不全・痩せすぎ・不妊症・内分泌機能の失調」
5 三叉神経「偏頭痛・顔面神経痛・耳鼻咽喉系の病気・不眠症」 
6 鼻「鼻炎・アレルギー性鼻炎・蓄膿症」
7 首「肩こり・肩と首の痛み・高血圧・頚部循環障害」
8 目「白内障・緑内障・眼底出血・遠視・近視・眼精疲労」
9 耳「耳下腺炎・耳鳴り・難聴・耳炎」
10 肩「肩こり・腕のマヒ・無力症・五十肩」
11 僧帽筋「手のしびれ・脱力感・睡眠不足によるコリ」
12 甲状腺「甲状腺肥大・肥満・痩せすぎ・情緒不安定・甲状腺炎」
13 副甲状腺「骨折しやすい・偏頭痛・手足が冷える・無気力になる」
14 肺・気管支「咳・気管支炎・肺炎・喘息・肺気腫」
15 胃「胃痛・胃炎・胃潰瘍・心臓圧迫・嘔吐・腹部膨満感」
16 十二指腸「十二指腸潰瘍・消化不良・胆汁の分泌障害」
17 膵臓「糖尿病・すい臓炎・新陳代謝障害」

ヒールをはくと重心が足先にうつり、どうしても前かがみな姿勢になり、この姿勢でいると常に子宮は圧迫され、血流の流れを押さえつけられます。常に子宮の中は冷え、不妊、生理痛、子宮筋腫の大きな原因になるようです。

18 肝臓「肝炎・肝硬変・黄疸・慢性疲労・情緒不安定」
19 胆嚢「胆結石・消化不良・胆のう炎」
20 消化器系神経叢「神経性の胃腸病・下痢・めまい・精神不安定」
21 副腎「不整脈・けいれん・リウマチ・関節炎・喘息」
22 腎臓「腎不全・関節炎・リウマチ・動脈硬化・高血圧」
23 輸尿管「尿管炎・関節炎・高血圧」
24 膀胱「膀胱炎・頻尿症・膀胱けいれん」
25 小腸「腸炎・下痢・老化・低血圧・ガスで腸が張る」
26 盲腸「盲腸炎・下腹部膨満」
27 回盲弁「腹痛・下腹部膨満感」
28 上行結腸「腹痛・便秘・下痢」
29 横行結腸「腹痛・便秘・下痢」
30 下行結腸「腹痛・便秘・下痢」
31 直腸「痔・直腸炎・便秘」
32 肛門「痔・静脈曲張・炎症」
33 心臓「心臓肥大・心筋梗塞・狭心症・呼吸困難・心臓けいれん」
34 脾臓「貧血・食欲不振・運動による腹痛」
35 膝「関節炎・疼痛・損傷」
36 生殖腺「男性(インポテンツ・睾丸充血)女性(生理痛・不妊症)」
37 仙骨「腰痛・背の痛み」

足の甲はこちらです。

足のツボを押してみましょう

(注)食後30分~1時間は行なわないこと。

  1. 22(腎臓)⇒ 23(輸尿管)⇒ 24 膀胱(ぼうこう)
  2. 腎臓の反射区をグッ!と押す、押しながら輸尿管を通り、膀胱でグッ!と押す。

  3. 次は、気になる各反射区を押してみましょう
  4. 再度、腎臓から輸尿管を通り、膀胱へ
  5. その後、コップ1杯強の白湯を飲んで、トイレで排泄するという流れになります

最初の頃より、ずいぶん痛みがマシになっていると思いますが、いかがでしょうか?

22(腎臓)の部分は強く押さないとツボに当たりませんので頑張ってください(苦笑)

24 膀胱(ぼうこう)の位置は、図にある足の真裏ではなく、足の内側(側面)のふっくらした部分になります。

足ツボを避けた方が良い場合

  • 妊娠中
  • 高血圧
  • 熱がある
  • ペースメーカーをつけている
  • アルコールを飲んでいる

SPONSORED LINK

足は第二の心臓といわれているのはなぜか?

心臓から全身に送られる血液は、一方は噴水のように近距離の頭まで昇り、あとは足先に向かって引力の力をかりてスムーズに下りてきます。下りた血液は、心臓までの長い道のりを自力で戻らなければならないのです。

上まで戻っていくには、日常生活の中で歩いているこの動作が足裏に流れる血管を押したり、離したりして、足底にたまりがちな血液の循環を促進しているのですね。

カラダの重みで押さえつけ、一歩踏み出すために足をあげる。このポンプのような動きが血液を送り返す働きを助けています。
この働きをさして、足裏は「第二の心臓」と呼ばれています。

なおです^^
足ツボは老廃物を排泄して、自然治癒力を高めます!
手軽にできますし、病気になる前の健康管理にいかがでしょうか?

 - 健康 ,