ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

土用の丑の日 2018年はいつ?なぜうなぎを食べるの?

      2018/01/14

「土用の丑は夏だけ」って思っていた人いませんか?春夏秋冬あわせて 4回あります。ここでは、よく知られている夏の土用の丑についてお伝えします。

2018年の土用の丑の日は 「7月20日(金曜日)」です。

SPONSORED LINK

土用とは、元々事と言ったものの省略です。

土の気が旺(さかん)である時期であるため、土を動かしたり、穴を掘ることを忌むとされたようです。
 
また、中国古代の陰陽五行説に基づくもので、陰陽五行説では、四季を五行(木・火・土・金・水)に割りふって、春は木、夏は火、秋は金、冬は水としたため、土に割振る季節がなかったことで、四季の終り、各18日間を土の為の期間、つまり土用として割当てたということです。

本来、土用は全ての季節にあり、年間に4回あります。

猛暑の7月下旬から8月上旬にかけての、夏の土用は最も印象が強く、一般的に「土用は夏」という認識が強いのではないでしょうか?

土用は季節の最後に割り振られるので「土用の明け」は次の季節の始まる日の前日となります。

    

丑の日の「丑」は、十二支の「子寅卯辰巳午未申酉戌亥」の丑です。

各土用の中で丑の日にあたる日が「土用丑の日」、
一般的には「夏土用の最初の丑の日」に鰻を食べる日ということになっています。

なぜ丑の日に牛肉ではなくて鰻なの?

鰻を食べる習慣について、通説があるらしい。讃岐国出身の平賀源内(蘭学者)が発案したという説が最もよく知られていて、それによると、江戸時代に商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため、源内の所に相談に行った。源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めたという。

unagi

「夏にウナギを食べると、夏バテしない」などの知識も披露し、販売促進になったと言われています。

すると、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになったとさ!

鰻って、本当は冬のほうが脂がのって美味しいんだよね。だから、夏は売れなかったのか~。

unagi2

鰻は栄養が豊富だから、暑い夏を乗り切るための策としては名案だったのか。

この話、何かに似ていませんか?そうなんです!恵方巻きです!

海苔屋がお寿司屋に営業トークしたことで主に、関西に言い伝えられている「恵方巻き」と似ています。

商人の知恵が長年、よい意味で伝えられることはいいですよね。巻き寿司も、鰻も大好物の私にとって嬉しい話です(苦笑)

土用は季節の変わり目でもあるため、栄養価の高いうなぎを食べるという習慣は万葉集にも詠まれていました。

万葉集 巻一六「石麻呂に、吾物申す 夏痩せに よしと云ふ物ぞ うなぎ取り召せ」大伴家持

夏の土用の期間の丑の日に、鰻の蒲焼きを食べる習慣は、国民的行事にもなっているような気がします。

 - 生活 , ,