ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

アロマセラピストとは?資格はいる?開業に免許は必要?

      2017/11/26

アロマテラピーの勉強をしてみたい?セラピストになって人を癒やしてあげたい?では、こちらからどうぞ~

SPONSORED LINK

アロマテラピーは、香りを利用した自然療法のことです。香りで心身をリラックスさせ、本来人間がもっている自然治癒力を最大限に高めて、健康に導くという効果があります!

その療法を行う人をアロマセラピストと言います。治療家ではありませんので治療を行うことはできません。

しかし、精油配合のトリートメントオイルを、クライアントのお顔や身体に塗布しながら施術を行うため、トリートメントに必要な専門的知識と経験が問われます。

誤解されやすいこととして、「アロママッサージ」と言われる方がいらっしゃいますが、それをいうなら「アロマトリートメント」に言い換えてください。マッサージは「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格(免許)を持った人のみが行えるものであり、アロマトリートメントはオイルを使った施術になる、ということです。

SPONSORED LINK

アロマセラピストになるには資格はいりますか?

国家資格ではなく、民間資格ですので、免許というものはありませんが人の身体を触るという行為があるためアロマの知識だけではなく、カラダのメカニズム(解剖生理学や皮膚科学に関する知識)や、カウンセリング、トリートメント技術などは必須です。

植物から得られる精油の働きと性質を最大限に活用しながら、ホリスティック・アロマテラピーとして捉え、展開できる人。

ホリスティックとは、身体に起こったトラブルを、その部分だけの問題ととらえず、心を含めた全体的、全人格的なものとして、アプローチするという意味です。

まずはアロマの基本をお勉強して次のステップへと進んでみましょう。一般的には、協会のアロマテラピー検定を受けて合格すること、その先にセラピストの検定があります。

100件以上5星のレビューがついてる「1回で受かる! アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集 」は独学でも合格できそうです。なか見検索できますので覗いてみられてもいいかも? ↓  ↓  

 

サロン開業に免許はいる?

アロマセラピストと名乗るための免許はいりませんが、開業をして所得を得るようになると申告しなくてはいけませんので
ご自宅のある税務署に開業届けが必要になります。

開業したものの、最初はベッドなどの備品、経費(スクール代・交通費・材料費・販促物などなど)の出費が多いため1年後、様子をみてから届けても間に合います。

領収証は最初から保存しておきましょう。

アロマテラピーの活用法はこちらにあります。

 - アロマ