ロハス的なライフスタイル♪

動物占い、手相、アロマオイルの使い方、薬膳や健康、美容に関する事柄などを主にご紹介しています♪

*

膝が痛い!原因は? 軟骨のすり減り?

      2017/12/22

数年前のこと、左足の膝が腫れているのに気付いた。腫れているため屈伸ができにくく、スムーズに歩けない。

SPONSORED LINK

整形外科で、レントゲン、尿の検査をしてもらった。医師は、「検査前まではリウマチかと思ったけど・・」と。

結果、軟骨がすり減って骨と骨が接触して炎症が起きたことで腫れや痛みが生じているとのこと。もらった薬は、過去のことなので名前は忘れてしまったが、アンメルツ?らしきを膝に塗って、グルコサミン?らしきものを飲んで、3ヶ月で完治、その後、再発なしです。

加齢が原因でこのような症状がおきることがあります。早めに診断を受けるといいですね。痛みを我慢していると姿勢も悪くなりますから。

痛みの原因は軟骨のすり減り?

軟骨とは・・水分を多く含むゲル状の柔らかい組織のこと。

aaanankotsu

骨と骨が接して動くこの関節ですが、図のように軟骨(クッションの役割)がすり減ることで、骨と骨が直接当たったり、すり減った軟骨のカスが刺激になったりで、痛みがでるようになります。これを、一次性変形性膝関節症といいます。

また、膝に水がたまるようになります。たまった水は抜きますが、抜いてもまた溜まる場合は改善できていないからなんですね。
images (1)

加齢や筋力低下などの人、また体重が重い人、O脚気味の人は膝関節の負担が大きく、軟骨がすり減りやすいですので、気をつけましょう。

軟骨も新陳代謝を行っていますが、新しく生まれ変わるのに50年~100年かかるため軟骨が摩耗(まもう)すると、再生は難しいといわれています。

治療法はあるの?

整形外科で、湿布・消炎鎮痛剤をもらい、ヒアルロン酸注射を定期的に数回受ける。また、関節を支える筋力を鍛えることが、軟骨の保護に役立ちます。

    変形性膝関節症に効果的な足の筋力トレーニングを行いましょう。テレビを見ながらできます

    02-01画像元 www.qlife.jp

  1. イスに深く腰掛けて、1.2.3.4.5とゆっくり数えながら片足を前に垂直に伸ばします
  2. できるだけ膝を伸ばして、つま先は足裏が向こうにむくように立てます1.2.3.4.5 ゆっくり数えながらおろします
  3. 両足とも行います

ジョギングやウオーキングは、変形性膝関節症の方には、負担になるため避けた方がいいでしょう。

SPONSORED LINK

大腿直筋が原因でひざが痛む

大腿直筋が硬くなるとひざが痛む場合があります。大腿直筋は、太ももの前側の筋肉のことです。

骨盤とひざの下を結びつけている筋肉なので、この大腿直筋が硬くなると、骨盤とひざが引っ張られるため、骨盤が前に傾き、ひざが曲がった姿勢になります。

そして、ひざのお皿の骨が筋肉とつながった部分が常に引っ張られるので、ひざの痛みにつながるのです。

大腿直筋を緩めましょう!

aaa0121d23b blog.goo.ne.jp 一部編集

壁に手をつけて立ちます。この動作を「10秒キープを左右5回ずつ」行います。太ももの「印の部分の筋肉」が伸びるように意識します。

まっすぐ立てる人は、両手で足を持ってみてください。

この形を、寝転んでもやってみましょう。どちらがやりやすいですか?腰が痛い人は無理しないでくださいね。

骨の老化が原因

膝が痛む原因には、スポーツ、事故、病気や障害など種類が多いです。、加齢に伴う骨・筋肉の老化が原因の場合もあります。

骨も老化がはじまっています。

特に40代以降の女性は、女性ホルモンが減少するため骨も弱体化し、もろくて折れやすくなります。

    骨が弱くなりやすい人

  • 更年期
  • やせている人
  • 極端なダイエットをした人
  • 運動が好きでない、やらない人
  • あまり日に当たらない
  • 家族に骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の人がいる
  • 魚・肉・大豆製品・乳製品などたんぱく質を食べない

骨の老化を防ぐためには、やはり運動と食事の工夫が大切ですね!

 - 健康 , , ,