ロハス的なライフスタイル♪

動物占い、手相、アロマオイルの使い方、薬膳や健康、美容に関する事柄などを主にご紹介しています♪

手荒れが奇跡のように回復!ワセリンの正しい使い方 体験談あり!

      2019/01/14

原因はあきらかではないが、多分洗剤負けかな?生れて初めての手荒れ、痒い!かゆい!掻いたら皮膚が痛むのはわかっていても、我慢ができない。

気がすむまで掻いて、後悔の繰り返し(泣)飲み薬と塗り薬をもらったので、1週間ぐらいで治るものと思っていたのに、気がついたら9か月目になる。

SPONSORED LINK

 
画像左は、9月4日10時 バリバリに乾燥していて、指先の皮膚が固くなっています。ところどころ、ひび割れてちょっと痛い!干ばつした土のよう(汗)

2

画像右は、同じく9月4日14時、朝、手を洗ったあと、化粧水、乳液、クリームを塗り、よく馴染ませたあとに、ワセリン(チューブの白色ワセリン)をベタつくほど塗って、ある程度なじませてから、ティッシュペーパーで軽くポンポンと押さえて、綿の手袋をしていました。

浮いてきた薄皮や、トゲトゲして毛羽たったものを、気をつけながらピンセットでとる。

指先がふっくらしてきました。今までにも、このように良くなったり悪くなったりの繰り返しでしたが、今回は今までと違って、その後も、カサツキがなく、指先もツルンとしています。

まだ、完治はしていませんが、この調子でいくと、元の手に戻りそうです。汚いものをお見せしてすみません(汗)

手荒れ改善までの経過

手が荒れて、すぐ皮膚科へ皮膚科Aでは、外用合成副腎皮質ホルモン剤と飲み薬をもらった。

一日に2回塗ってくださいと言われたが、その間、乾燥するので、痒くて掻かずにはおれない。日に日に悪化する。

2か月後、皮膚科Bに行ってみるも、同じだった。

またまた、数か月後、皮膚科Cに行ってみる。ここでは、下記を処方してくれて、今までにない手厚さを感じました。

3

この他、エクラプラスターという、外用副腎皮質ホルモン剤が含有されている肌色のシールをもらいました。

日中は、このシールを貼って、夜は、画像のチューブの塗り薬と、青色の薬が添付されているガーゼを貼って、手袋をして寝ました。

ピンクのビーソフテンは、油性クリームなので、ハンドクリームとして、使っていました。

これで、ひどかった手のひらが改善され、「やったー!」と思ったのもつかのま、次は指先が荒れてきてしまった。人には感染しないが、自分の手の中で感染しているらしい。「やっかいだな~、いたちごっこをやっているみたい(泣)」

aaayu5

炎症は治まっていて、薬のおかげか、痒みも治まっている。あとは、皮膚の再生を待つばかり!

そこで、ホルモン剤をやめて、保湿剤と言われている「ワセリン」だけにしてみたが、ベタつくだけで皮膚の乾燥は変わらない。。
aaayu4

Wikipedia
ワセリンは皮膚表面に油分の膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果に加え、外的刺激から皮膚を保護するという働きがあることから、鎮痛・消炎・鎮痒の軟膏剤のような医薬品の基剤や、化粧クリームのような化粧品などの基剤として用いられる。

また潤滑剤や皮膚の保湿保護剤としても用いられる。湿潤療法のために、使用される事がある。乾燥をきっかけとする皮膚病や、切り傷からの出血を一時的に止める為にも多用されている。

SPONSORED LINK

すでに角質はボロボロだった

catshi

皮膚の潤い(水分量)は、皮脂・天然保湿因子・角質細胞間脂質(主にセラミド)という、3つの物質によって、一定に保たれているのですが、角質細胞間脂質(主にセラミド)が減ってしまうために、皮膚が乾燥すると考えられています。

この、乾燥をほっておくと、湿疹がますます悪化してしまうので、こまめな手入れが必要であるということですね。

最近では、化粧品業界もこのセラミドに着目して、セラミド入り美容液とか、化粧水とか、という商品が多く売り出されるようになりました。

このセラミドとは、例えば、ブロックがセメントで綺麗に積み上げられている塀を想像してみてください。すき間なく詰まっています。そのセメントの役目がセラミドとして、セラミドが劣化して、減ってくると、すき間だらけになり、化粧水などをたっぷり補ってもすぐ、蒸発してしまい、皮膚が乾燥状態になります。

乾燥肌を防ぐには、セラミドを補うことが第一条件なんですね!

セラミドといえば、この「ロコベースリベアクリーム」は、セラミド配合、だから?皮膚の再生が早い!ドラッグストアで1800円(税別)で買っていたのに楽天ではこんなに安い!
kuri-mu
《こちらの商品は代引・日時指定・同梱等不可です。》★送料は1個ごとに加算されます簡易包装[…

手にもスキンケアを

手は他の場所に比べて皮脂腺が少なく、その分だけ皮脂膜によるバリアーが薄くなっています。

バリア機能とは?
身体の内側と外側を区別して、外から有害なものが入ってくるのを防ぐ働きをいいます。このバリア機能は、主に皮脂膜と角質層の働きによって保たれており、うるおいにはこの機能を維持するのに大切な要素となっているんです。

皮脂膜
皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混ざりあってできた天然の保護膜です。角質層の水分の蒸発を防いでくれます。

角質層
角質細胞が何層にも重なりあって、防護膜の役割をしています。

このように、皮膚の仕組みを知っておくのもいいですね。

その知識の結果、私の場合、薬で、ある程度炎症が治まったら、セラミド対策をして、保湿保護をしないといけないということがわかってきました。なので、ワセリンで保湿保護だけでは、十分ではなかったんです。

あっ!それから忘れてはいけないのは身体の中からきれいにすることなんですよね。バランスの良い食事を摂ることと、血液を酸化させてしまう、活性酸素を増やさない工夫が重要になってきますね。

みんなそれぞれ、皮膚湿疹の状態は違うと思いますが、必ず良くなることを信じて、頑張りましょうね^^

 - 美容