ロハス的なライフスタイル♪

動物占い、手相、アロマオイルの使い方、薬膳や健康、美容に関する事柄などを主にご紹介しています♪

精油の 選び方のポイント!取り扱いに注意することとは?

      2019/01/03

アロマテラピーで、心が癒されるとか、体臭が軽減されるとか、ダイエットに効果があるとか聞かれたことはありませんか?キンモクセイの香りをかぐと、食欲が抑えられてダイエット効果があるといわれています。キンモクセイの精油で試してみませんか?

SPONSORED LINK

 
実際に精油を買ってみましょう。

    好きな香りで選びます。いい香り~♪ 心地よい香り~♪など、インスピレーションで選びます。気分や、体調によって、今まで好きだった香りが嫌いになることもあります。今、アナタに必要な香りが、心地いいんです。
    目的にあわせて選びます。ストレス、風邪、花粉症、冷え性など、心や身体のトラブルを改善してくれる精油を選びます。症状別レシピを参考に選びますが、基本は、好きな香りであることが大切です。
    100%天然成分であること!品名・学名・抽出部位・抽出方法、原産国、注意事項などが書かれているものを選びます。下記のように表示されているものを買いましょう。

    aaann-horz

    エッセンシャルオイル(精油)と、合成香料のアロマオイルとは別ものです。心身に良い働きを求めるなら、エッセンシャルオイル(精油)ですよ!間違えないでね^^

初めて精油を買う場合は、専門店など知識豊富なスタッフにアドバイスしてもらいましょう。

SPONSORED LINK

精油の取り扱いに注意すること

飲んではいけません

絶対に飲んではいけません!子どもが間違って飲まないように保管に気をつけましょう。

※誤って口に入れてしまったら、すぐに大量の水で口をすすぎ、口の中の精油分を外に出します。胃の中に入ってしまった場合は、肝臓や腎臓に障害が出る可能性があります。すぐに医師の診断を受けましょう。

直接肌につけてはいけません!

精油は濃縮された純度の高いものですのでとても刺激が強いです。基本的には原液のまま使用しないで植物油(キャリアオイル)や、水、アルコール等で薄めて使います。

目もと、口元、唇、肛門などのデリケート部分は希釈してあっても使用しないこと!

※誤って原液を肌につけてしまったら? 植物油(キャリアオイル)を塗ったあと、石鹸で洗い流し、充分すすぎましょう。

なかでも「ラベンダーとティートリー」は、直接肌につけてもかまいません。(他の注意事項を参考にしてください)

使用前にはパッチテストを行なう!

パッチテスト用オイルの作り方
トリートメントオイルとして使用する場合、腕の内側など、皮膚の柔らかいところに、希釈した精油を綿棒で塗り、1日様子をみます。肌が赤くなったり、かゆくなったりした場合は、使用を控えます。

乳幼児への注意!

1歳未満の赤ちゃんは使用厳禁!3歳未満の乳幼児は芳香浴以外は使用しない。芳香浴などの際も、乳幼児は使用できない香りがありますので注意してください。

12歳以下の子どもの場合は、大人の半量で試してから使います。

妊娠中・既往症のある方が注意すること!

妊娠中、トリートメントなど肌に触れるような使い方をする場合、注意が必要です。特に妊娠初期に通経作用のある精油を使用すると、流産の危険があります。

高血圧など既往症のある方がトリートメントをする場合、ローズマリーなど避けた方が良い精油があります。詳細は、専門知識のある人に相談しましょう。

直射日光を避ける!

柑橘系「ベルガモット・レモン・グレープフルーツ」ハーブ系「アンジェリカ・ルート」などは、光毒性(ひかりどくせい)があります。トリートメント直後に紫外線を浴びると、皮膚が赤く腫れあがることがあります。半日ほど、日光に当たらないように十分注意が必要です。

使用期限を守る!

開封したら1年以内、柑橘系は6ヶ月以内を目安に使いきりましょう。香りや作用が衰えるだけでなく、害が出る場合もあるので要注意です!

火気に注意する!

精油は引火する可能性があります。オイルウォーマーを使用するとき、精油を近くに置かない。キッチン、ストーブなど火気のそばでは使わないように、特に注意が必要です。

使用量を必ず守る!

使用量が多すぎると、香りが強すぎて気分が悪くなったり、不調を感じたりすることがあります。温かい部屋、浴室などでは、香りがたちやすいですので1~2滴から様子をみながら使いましょう。

精油は薬ではありません。治療を目的としたものでもありませんので、精油を使うときは、製品についての注意事項をよくご覧になって正しくお使いください。妊娠中や、重い病気の人、慢性的な病気のある人などは、必ず事前に医師にご相談ください。当サイトは、精油を使用して生じた問題に対する責任は負いかねます。

●よく使うショップです。ご参考にどうぞ~。

アロマオイルの作り方・使い方へ

 - 精油