ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

産後によくある症状の原因と解決法!

      2017/12/19

「人生の一大イベント」でもある出産のあとは、今まで経験したことのない症状が現れます。人によって違いはありますが、不安をかかえたまま過ごすのではなくて、前向きに対処していけるといいですね。

SPONSORED LINK

         
抜け毛  腰痛  乳腺炎  膀胱炎  孤独感 
むくみ  肩こり  産褥熱  尿もれ  不安感 
肌荒れ  筋肉痛  睡眠不足  恥骨痛  焦燥感 
妊娠線  腱しょう炎  おっぱいの張り  便秘  イライラ感 
    子宮復古不全  痔  産後うつ 
    骨盤のゆがみ  静脈瘤  ストレス 

抜け毛

髪がハンパなく抜けてきて、この先どうなるの?って不安になりますが、一時的なものです。

女性ホルモンのバランスの乱れから起るもので、産後2ヶ月~6ヶ月を過ぎる頃までが多いようです。

全く抜けない人もいます。心配な方は、発毛促進効果のあるシャンプー等に変えてみる方法もありますね。

膀胱炎

女性に多い膀胱炎とは、尿道から侵入した細菌の感染が原因であることが多いです。犯人は大腸菌です。

残尿感があり、何度もトイレに行きたくなる。キュッ!とした熱い痛みがあるなどの症状があります。

軽いうちに、ティートリー(精油)を3~5滴、浴槽に入れてかき混ぜ、ゆっくり浸かります。殺菌作用にすぐれているので効果が期待できますよ!
赤ちゃんは厳禁!一緒に入らないでくださいね!

乳腺炎

乳腺炎の症状は、授乳中、搾乳中に起こり、乳房に激しい痛みと腫れがでます。乳腺が詰まって、腺房内に乳汁が貯留して、痛みのあるしこりになります。

早めに産婦人科に行かれた方がいいです。娘が経験しています。(人生の中で一番辛かった・・と)

骨盤のゆがみ

子宮は、産後6週間ぐらいで元の大きさに戻り、緩んでいた靭帯は、早くて3~4か月、遅くても6ヶ月ほどで元の状態に戻ると
いわれており、このとき、骨盤が歪んだままだと、歪んだまま固まってしまいます。

では、どうすればいい?

脚を組んで座ったり、お姉さん座り(横座り)はしないように、背筋を伸ばして、あぐらをかいで座るのがベスト!

産後6週間ほどは悪露がでているので、産後2ヶ月~6ヶ月頃までに骨盤矯正をすると良い。娘も行きましたが、スタイルが良くなり身長も伸びたように感じました。

子宮復古不全

子宮筋の収縮障害がおき、産後の子宮の回復が妨げられ分娩後長期に出血が持続している状態です。

子宮内に胎盤、卵膜などの部分的なものが残存物としてあると、子宮収縮剤により保存的に治療する必要があるようです。

SPONSORED LINK

子宮の収縮を活発にするには。。

産後の入浴は、退院してから2週間経過し、悪露の色が赤色から茶色となり量が減って子宮内膜が回復した兆しが見えてきましたら、OK!のサインですね!

エッセンシャルオイルのクラリセージラベンダーを合計3~5滴ほど、天然塩30gにまぜバスソルトを作ります。お湯を張った浴槽に落とし、よくかき混ぜ10分~15分ほど浸かりましょう。赤ちゃんは厳禁!

天然塩が用意できない場合、精油のみでも大丈夫です。皮膚の弱い方はヒリヒリする場合がありますので量を減らしてみましよう。

同じ香りを1週間以上使わないための工夫をします。
ラベンダーのみ、
クラリセージのみ、
1:4
2:3などしてみます。

このエッセンシャルオイル(精油)は子宮の収縮を活発にしてくれるとともに、産後の赤ちゃんのお世話で疲れた身体を癒やしてくれます。授乳中でも大丈夫です。

赤ちゃんと一緒に入らないでくださいね!

精油の使い方の詳細はこちらを参考にしてくださいね。

産後クライシスを避けるには

産後クライシス」なんて、言葉を聞くようになりました。

産後はカラダだけではなく、精神的にも変化が現れますね。結婚するまでは、恋人どおしだったのに、結婚したとたん、女性は主婦という役割が増え、出産したとたんに、という役割が増え、女性という存在感が薄れていく?

男性側から見ると、自分自身は、結婚後も何も変わらないけど、彼女が主婦になり、母になり成長していきながらも、自分に向けてくれる視線から離れていく寂しさを感じる。

ここで、

協力しようと思うのか?

寂しさから逃げようとするのか?

2人の子どもだから2人で育てるのが理想ですが、そんな理想通りにいかないのが世の中。

bsPPW_kodomowoseouoyakotoyama

では、どうすれば、夫婦仲良く子育てができるのでしょう。

答えはひとつでは無いと思うのですが、出産を控えた親戚の若い夫婦に、あることをしました。

「産後クライシス」になる原因が書かれたサイトをプリントアウトして、2人で読むように!と言って渡しました。読んだらしいです。

出産に立ち会った彼は産声を聞いてすぐ、彼女に「ありがとう!」と言ったようです。

お互い19歳、これから、山あり、谷ありの人生を歩むことになるのですが、なんでも相談し合って、助け合って、家庭を築いていってほしいと思いました。

出産って本当に大変なんですよね。産まれた後も、これから先も・・。

ちょっと余談ですが、

」という文字は
お互いに支え合っているんです。

一人ではできないことでも2人なら何とかなるさ o(゜▽゜o)(o゜▽゜)o

 - 健康 , ,