ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

口唇ヘルペスとは?原因は?感染するとどうなる?うつさない配慮とは?

      2017/12/18

口唇(こうしん)ヘルペスとは、口や唇のまわりに赤い水ぶくれができ、かゆみや痛みがあります。「熱の華」とも呼ばれます。

SPONSORED LINK

原因は、ヘルペスウイルスの中の単純ヘルペス1型というウイルスです。 細菌と違い、殺せないので繰り返します!

特に疲れやストレスがたまっていたり風邪などで免疫力が弱っているときは要注意です。

一度感染すると神経細胞に隠れ潜んでしまう「潜伏感染」が特徴です。

母親がヘルペス保持者であれば、産まれてくる子供もヘルペス保持者として産まれてくるようです。

alertヘルペスになっている時は免疫力が落ちていますので、アレルギーチェックをしないといけないようなことは避けたほうがいいですね。

たとえば、いつもと同じ毛染めをしていても、皮膚に異常がおきたりすることがあるようですので治ってからされると良いでしょう。

口唇ヘルペスの予防

    ヘルペスはうつります。

  • ペットボトルの回し飲み、コップ、タオル、枕カバーなど、他、口や唇が接触することは避けましょう。
  • ヘルペスウイルスは、熱や乾燥に弱いため、洗濯物を分けて洗う必要はありません。
  • 過去に発症したことがある人は、睡眠不足や体力を消耗させないように、特に気をつける必要があります。

口唇ヘルペスに感染した場合

heru

早めに皮膚科へ行くのが一番ですが、薬を使うとすれば抗ウィルス薬(外用薬、内服薬)が効果的です。軽いうちは、軟膏だけで治る場合もあります。
アクチビア軟膏 2g/口中薬/ヘルペス/軟膏・クリーム【第1類医薬品】アクチビア軟膏 2g 口唇ヘル…

まず、休息を取る。十分な睡眠を身体が求めています。人は寝ている間に免疫力が回復します。免疫力が回復すれば、ヘルペスも改善していきます。身体がSOSの悲鳴を上げるまえに、休養をとりましょう。

口唇ヘルペスを人にうつさないように

水ぶくれができているときはウイルスが存在しているので感染力が強い時期です。

治りかけにかさぶたができると剥がしたくなりますが自然に剥がれ落ちるまでは油断は禁物です!

かさぶたの内側にまだウイルスが存在している可能性があります。

気になるのでついつい手で触ってしまいがちですが、その手で、人に接触するとうつしてしまいます。

赤ちゃんを抱っこする場合は、必ず丁寧に手を洗います。

かわいい赤ちゃんを見るとついチュッとしたくなりますがとっても危険です! うつさない配慮を!

SPONSORED LINK

口唇ヘルペスから下半身へうつさないように!

夫婦生活などでは、性器への接触が多いので特に気をつけてほしいものに単純ヘルペスウイルス2型があります。

性器やお尻の周辺に水ぶくれができる病気です。
性的な接触によってウイルスが感染します。初感染の(性器ヘルペス)は重症化するので気をつけましょう

妊娠中にヘルペスを発祥すると赤ん坊の脳に障害が出る可能性もあります。

ヘルペスウイルスに対する免疫を持っているのかどうか、抗体検査があるようですので心配な方は受けられるとよいでしょう。

完全に症状がなくなるまでは、他の人への感染に注意を払うことが重要です!

 - 健康 ,