ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

精油の使い方 冷え性など身体と心のケア16の症状別でみてみる!

      2018/04/22

「冷え性がひどくて~、」こんな時、どの精油をどのように使えばいいの?症状別に精油を選んでみましょう。

アロマテラピーは医療ではありません。四季折々の植物の香り(アロマ=芳香)を私たちの心と身体の健康に役立てる自然療法、あるいは植物療法のひとつです。家庭でアロマテラピーを実践してみましょう。

精油を直接お肌につけないでくださいね。アロマ初心者の方は、こちらを先にお読みになって、精油の活用をお試しください。

SPONSORED LINK

    冷え性

  • 血液の循環が悪いために起こります
  • ストレスからくる自律神経のアンバランスと関係がありますので夜12時までには就寝し、朝は二度寝をしないようにしてみましょう。

活用方法】全身浴、足浴法、トリートメント
【精油の例】ラベンダー、ゼラニウム、ローズマリー、ジュニパーベリー

    胃痛

  • 過食などを除き、ストレスが原因で胃痛になる場合が多く、そういうときは、お風呂に精油を落としてリラックスしましょう「ラベンダー、ベルガモット、クラリセージなど」
  • シクシク痛むときは、「ラベンダーやスィートマージョラム」を使った温湿布をおなかに当てます

【活用方法】全身浴、温湿布

【精油の例】ラベンダー、スィートマージョラム、ベルガモット、ローズマリー、クラリセージ、レモン、ペパーミントなど

    肩こり

    kata

  • 眼精疲労が原因の肩こりには、目の周囲や側頭部、後頭部を押して刺激してみましょう
  • 長時間にわたって同じ姿勢を続けると筋肉が固くなって血行が悪くなります。「ラベンダー、ユーカリ、ローズマリー」などで温湿布を試してみてください
  • 全身を軽く動かして筋肉の緊張をとり除き手浴や、「ラベンダー、ペパーミント、マージョラム、ローズマリー」などでトリートメントを行うとよいでしょう

【活用方法】温湿布法、手浴法、トリートメント法、芳香浴法

【精油の例】ラベンダー、ユーカリ、スィートマージョラム、ローズマリー、ペパーミント、レモン、レモングラス、ジュニパーベリーなど

    花粉症

  • 花粉症には、ペパーミント、ユーカリの吸入法が効果的です。マスクの表側に1滴落として使います。肌に触れないように気をつけましょう
  • ユーカリ、ラベンダー、レモンの精油をハンカチに合計3滴ほど落としてバッグの中に入れたりして持ち歩き、必要な時に吸入してみましょう
  • 頭痛や頭重感が伴うときはラベンダーを使った温湿布で後頭部、首のうしろ、鼻部に当てます

【活用方法】吸入法、温湿布法、手浴法

【精油の例】ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、レモン

    筋肉痛

    20141018130226-84S

  • スポーツや仕事による筋肉痛にはウォーミングアップとクールダウンがとても大切です
  • 強張って(こわばって)しまった筋肉には、「ローズマリー、ペパーミント、ユーカリ、レモングラス、ジュニパーベリー、スィートマージョラム、ラベンダー」などを使って、軽い刺激でトリートメントしてみましょう
  • 慢性的に硬くなった筋肉には鎮静作用のあるラベンダーを中心にゼラニウムがあればブレンドして温湿布をしてみましょう

【活用方法】トリートメント法、全身浴法、温湿布法

【精油の例】ローズマリー、ペパーミント、ユーカリ、レモングラス、ジュニパーベリー、スィートマージョラム、ラベンダー、ゼラニウムなど

    下痢

  • 細菌などの感染症、暴飲暴食、アレルギー反応や冷え、ストレスなどが一般的です
  • 冷えやストレスが原因の場合、ジュニパーベリーとラベンダーをブレンドした足浴で汗をだします
  • おへその上や腹部の冷たいと感じるところに、「ラベンダーや、カモミール・ローマン」の温湿布がおススメです

【活用方法】温湿布法、足浴法

【精油の例】ジュニパーベリー、ラベンダー、カモミール・ローマン

    月経痛

  • 月経痛や、月経前症候群があったり、月経リズムがアンバランスな場合は、「ラベンダー、クラリセージ、
    ジュニパーベリー、ゼラニウム、ローズオットー」などで、トリートメントオイルをつくり、下腹部(恥骨上)、下背部(仙骨上)に塗布し、丁寧に擦り込みますその上から温湿布をされるといいでしょう
  • 月経の問題にはストレスや、生活リズムが影響するため、普段から芳香浴法や全身浴、足浴などで気分転換を行い、全身のトリートメントで身体のこわばりを緩めるといいですね

【活用方法】芳香浴法、トリートメント、全身浴、足浴

【精油の例】ラベンダー、クラリセージ、ジュニパーベリー、ゼラニウム、ローズオットー、イランイランなど

    頭痛

  • こめかみ、側頭部の鈍痛や、頭が締め付けられるような慢性の頭痛は緊張型頭痛が多いようです
  • ストレスや疲労などによる血行不良が考えられます。ゆっくりと休むことを心がける
  • 肩や首の緊張からくる場合、温湿布で、固くなった筋肉を緩めるといいですよ
  • 冷えや風邪が原因の場合は汗を出すと少し楽になります。手浴、足浴をしてみましょう

【活用方法】芳香浴法、温湿布法、トリートメント法、手浴・足浴法

【精油の例】ラベンダー、ペパーミント、ユーカリ、ティートリー

    便秘

  • 「朝早く起きる、朝食をとる、便意を我慢しない」など排便リズムを整える
  • おへその周囲を時計回りに、肋骨の下、みぞおちなど、おなかの内部までゆっくりと動かすようにトリートメントします
  • お腹が張って苦しい時は、レモンの精油をつかった温湿布を下腹部に当てるといいですよ

【活用方法】温湿布法、トリートメント法

【精油の例】ローズオットー、カモミール・ローマン、レモン、ペパーミント、レモングラス、スィートマージョラム、ローズマリー、ユーカリなど

SPONSORED LINK

    膀胱炎

  • 大腸菌やブドウ球菌などが尿道から膀胱に侵入して増殖し、炎症を起こしたもので女性に多く再発しやすいです。
  • ストレスが原因で起こる場合もありますね。
  • 強力な殺菌作用、抗真菌作用、免疫力を高める作用のあるティートリーと、抗菌作用のあるゼラニウム、鎮静作用のあるラベンダーの精油をお風呂に落として全身浴します
  • ティートリーのみでもOK!急性膀胱炎になったときこれで助けられました(汗)ポイントは、ゆっくり浸かることです

【活用方法】全身浴

【精油の例】ティートリー、ラベンダー、ゼラニウム、ジュニパーべりー、ベルガモット

    眼の疲れ

    teyoku

  • 後頭部や首のつけ根、肩甲骨の内縁部にラベンダーの温湿布を行います
  • ベルガモット、ユーカリ精油で手浴を行い、首や肩を緩めリフレッシュします

【活用方法】芳香浴法、温湿布法、手浴法

【精油の例】ラベンダー、ベルガモット、ユーカリ、レモン

    腹痛

  • 疲労や、姿勢が原因と考えられる場合、固く緊張した筋肉や関節を緩めて痛みを軽減させます
  • 温湿布もいいですが、トリートメントを行う場合、「ラベンダー、レモングラス、ユーカリ、ジュニパーベリー、
    ローズマリー、ペパーミント」などがいいでしょう
  • 腰から下、足首までを緊張をゆるめるようにやさしくマッサージします

【活用方法】温湿布法、トリートメント法、全身浴法など

【精油の例】ラベンダ-、ユーカリ、ローズマリー、レモングラス、ジュニパーベリー、ペパーミントなど

症状別ホームケアの活用例「心のケア」

    気持を落ちつけたい

  • 気持ちが高ぶったり、感情が抑えきれないときには、「サンダルウッド、ラベンダー、ベルガモット」などでおなかや、手首にトリートメントや温湿布をするといいでしょう

【活用方法】芳香浴法、トリートメント、温湿布、手浴法

【精油の例】ベルガモット、レモン、ラベンダー、ゼラニウム、サンダルウッド、スィートマージョラムなど

    元気を出したい

  • なんとなく元気がないとき、やる気がでないときは、「ベルガモット、レモン、ペパーミント精油」を使いましょう
  • お湯に精油を入れて蒸気で香りを広げたり手浴をします。
  • 目覚めたい時は熱めのお湯で全身浴をし、短時間で切り上げます

【活用方法】芳香浴法、手浴、全身浴、足浴、

【精油の例】ベルガモット、レモン、ペパーミント、ローズマリー

    集中力を高めたい

  • 勉強や、仕事などを能率よく進めたいときには、「ローズマリー、ペパーミント、ベルガモット精油」を使います。
  • トリートメントオイルをつくり、こめかみに少量ぬります。
  • ハンカチ、テイッシュペーパーなどに精油を落として香りをかぎます。

【活用方法】芳香浴法、トリートメント、手浴

【精油の例】ローズマリー、ペパーミント、ベルガモット、レモン、ティートリー、ユーカリなど

    寝つきを良くしたい

    images

  • 寝つきをよくするためには、テイッシュペーパーやガーゼに精油を1~2滴落として枕元におくと良い。
  • 手浴をして手を温めると、首や肩の緊張がとれてリラックスできます
  • 鼻づまりで寝苦しい時はユーカリがいいですよ

【活用方法】芳香浴法、全身浴、手浴、トリートメント

【精油の例】ラベンダー、ゼラニウム、イランイラン、ベルガモット

いかがでしたか?アロマは薬ではありませんが、数本常備しているととっても安心です。肌につけないように気をつけながらつかいます。

誰でも使えるわけではないですので妊娠中、乳幼児、持病のある方などは注意事項を確認してからお使いくださいね。

 - 精油