ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

ほうれい線はなぜできる?予防と消す方法はある?

      2017/12/25

肌はキレイでもほうれい線があると老けて見られてしまいますよね。手鏡を真上から覗き込んでタルミ度チェックをしてみましょう。

SPONSORED LINK

ほうれい線は、重力に逆らえない皮膚のたるみで、加齢によるものと思われがちですが、いやいや、若くてもほうれい線の目立つ人がいます。ほうれい線の原因はさまざまですが、主に考えられる原因を下記にまとめてみました。

ストレスが原因

心と身体は一つですので、悲しいことや、精神的にダメージを受けることがあると、一気に老けてしまいますね。それは、一時的なものであって、加齢からくる老化とはちょっと性質が違うようです。

【対策】
栄養と休養が必要ですね。心身ともにリラックスできる環境があれば改善できますよ。温泉や、アロマテラピーはいかがですか?

保湿不足が原因・対策は?

人間のからだは約60%が水でできており、老化とともに50%と割合が少なくなっていきます。特に紫外線は大敵です。肌が乾燥すると弾力を失い、ほうれい線のようにたるみが生じてきます。

【対策】
肌の表面にあるセラミドが減っていると化粧水などを入れても入れても保湿保持ができないため、すぐ蒸発して乾燥する原因になります。セラミドで角質の修復を行います。

エステサロンでもセラミドを重要視しています。

クリームはお肌を保護してくれますので化粧水だけという方は、クリームもお勧めします。

栄養のバランスが悪い・対策は?

人間の体は食べ物でつくられています。栄養不足からお肌の老化を早めます。

【対策】
偏った食事をしているとどうしても栄養不足になりがちです。身体のため、お肌のためにもバランスよい食事を摂ることで新陳代謝を活発にし、お肌のターンオーバーを早めてくれます。

頭皮からの皮膚のたるみが原因・対策は?

皮膚は一枚でできております。頭皮から徐々に下垂していきます。スマホにどっぷりはまっている人は要注意です。

【対策】
重力には勝てません。上から徐々に下垂してきており、ほうれい線やたるみが生じてしまいます。

仕事柄、前かがみの姿勢が避けられない方は一日数回、両手を後ろに組んで、天井を見上げます。首を伸ばしますので首のシワ対策にもなりますよ。

老廃物(リンパなど)が溜まる・対策は?

お顔にはリンパ官がクモの巣のように張り巡らされていてリンパ管の中を流れるリンパ液が滞るとむくんでしまい、ほうれい線が目だってしまいます。

【対策】
リンパマッサージを行う。お顔のリンパ(老廃物)を流してひきしまったお肌をキープしましょう。リンパ流しの詳細はこちらに画像付きで説明しておりまのでよろしければそちらをご覧ください。

肌の弾力が失われる原因・対策は?

皮膚の真皮層にある、コラーゲン、エラスチンなどの劣化によりヒアルロン酸の減少から肌を支えられなくなり弾力が失われ、ハリのないお肌になってしまいます。ほうれい線が目立ってきます。

【対策】
コラーゲンを促進するには、同じく真皮層にある線維芽細胞(コラーゲン製造工場みたいなもの)を元気にして活発に働いてもらう必要があります。

線維芽細胞によるコラーゲンを産生する働きが落ちると肌の潤いが失われ、キメの崩れやシワ、たるみなどの原因となります。普段使うスキンケアに気を使いたいです。

ha

コラーゲンの劣化はなぜ起きる?

活性酸素による酸化と、糖化が、肌と身体を老化させる。すると、コラーゲン(たんぱく質)が糖で弱くなってしまう。

「活性酸素を増やす原因」になっているのは、睡眠不足・紫外線・乾燥・栄養不足・喫煙・暴飲暴食・ストレスなど。

「糖化の原因」になっているのは、食べ過ぎ・運動不足・太っている・ストレス・加齢など。

「糖化」とは、体内のたんぱく質と、食事によって摂取した糖(砂糖・米・小麦・果物など)とが結びつくことで、固いたんぱく質が体内に蓄積してしまうことです。

【皮膚をセーターにたとえると】
セーターは、新しいうちは弾力があってふわふわしています。古くなると毛糸が伸びて切れそうになることもありますね。引っぱると切れてしまいます。

毛糸がコラーゲンで、網目に交わっているところがエラスチンとする。このコラーゲンやエラスチンが酸化して硬くなっていくとプチプチ切れて中にあるヒアルロン酸が抜け出て、弾力を失ってしまうのです。

ふくらみがなくなりヘタってしまう。すると、皮膚の一番上(表皮)が陥没?=シワ・たるみ・ほうれい線と化してしまいます。

SPONSORED LINK

僧帽筋が硬くなっている・対策は?

僧帽筋(そうぼうきん)ってなんだ?肩が凝ったらもみほぐしてくれる場所です。前かがみの姿勢(猫背)が多い人は僧帽筋が硬くなっているかもしれません。(肩こりの人に多い)

顔の皮膚と筋肉は僧帽筋が引き上げているので、前かがみの姿勢が多くなると僧帽筋は硬くなって衰えてしまい、顔の筋肉と皮膚を引き上げる力が無くなってしまいます。

【対策】
硬くなった僧帽筋のコリをほぐすと同時に、首を軽くまわしたり、肩を動かしたりして軽くストレッチを行うと血液の循環が良くなります。

骨格のゆがみが原因・対策は?

頭蓋骨は23個の骨から成り立っています。それぞれの骨のつなぎ目にズレができて、顔の筋肉にゆるみが生じてしまいます。

【対策】
ブラッシングはされていますか?最近、手櫛で髪がまとまっちゃうのでブラシを使っている人が少なくなっているようです。

実はブラッシングがタルミ防止の決め手にもなっているんですよ!頭にはツボがいっぱいあって刺激することで経絡の流れが良くなり代謝も高まります。頭皮のタルミも軽減できます。

重力に逆らえないので上から下に落ちていくのは仕方ないとしても努力次第で報われます。

睡眠不足が原因・対策は?

成長ホルモンの分泌が減少するため肌の新陳代謝もスムーズに進まず、酸素、栄養、老廃物の交換が滞り、たるみに繋がります。

【対策】
睡眠中の成長ホルモンは眠り始めのノンレム睡眠のときに最も多く分泌され、肌の修復を行っています。

ノンレム睡眠(深い眠りで大脳は休息している状態)レム睡眠(浅い眠りで夢を見ることが多い。身体の休息状態)

ノンレム睡眠⇒90分後⇒レム睡眠⇒90分後⇒ノンレム睡眠と繰り返され明け方にむかって浅い眠りとなり目覚めます。

余談ですがお子さんの身長を伸ばしたければ睡眠時間に気をつかってあげましょうね。

筋力の衰えが原因・対策は?

頬骨筋が衰えると、上から下がってくる筋肉を支えられなくなります。

【対策】
頬骨下にたまっている老廃物を流して、口輪筋と頬を支える頬骨筋の筋力アップのエクササイズを毎日行うといいですね。ほうれい線を30秒で消す方法(このページの右にある動画でお試しください。)

若くてもほうれい線のできる原因は?

ほうれい線は元々あるものですが、若い人の肌はこの重力に負けないだけの構造が備わっているため、たるまないわけです。

    それではなぜ若くても目立つ人がいるの?

  • 親から譲り受けた骨格や筋肉のつき方が原因
  • パソコン、スマホの普及でうつむく姿勢が多くなった
  • 片方の足に重心をかけて立っていたり、噛み合わせが悪い
  • いつも左(右)でバッグを持つクセがある
  • 表情筋が劣化したため、脂肪より重い筋肉がたるんで、支えられなくなった
  • 頭皮のたるみから、顔の皮膚が下がってきている
なおです^^
ほうれい線には原因がいっぱいありましたが、普段の生活の中で気をつけることのできる内容でしたね。

 - 美容 , ,