精油 香り|7つのタイプ別でみる52種の特徴と効果・効能

アロマテラピーの基本

精油は原液ですので、一部を除いて直接皮膚につけないでください!正しい方法でご使用していただくために、初めての方はこちらを先にご覧くださいませ~。

スポンサーリンク

精油の香りは大きく7つに分類されます。

①柑橘系 オレンジ・スイート、グレープフルーツ、シトロネラ、タンジェリン、ベルガモット、マンダリン、メリッサ(レモンバーム)、ユズ、ライム、レモン、レモングラス 
②ハーブ系 アニスシード、アンジエリカ、キャロットシード、クラリセージ、スィート・マジョラム、スペアミント、セージ、タイム、バジル、ヒソップ、フェンネル、ペパーミント、ヤロウ、ローズマリー 
③フローラル系 カモミール・ローマン、ジャスミン、真正ラベンダー、スパイクラベンダー、ゼラニウム、ネロリ、リンデン、ローズオットー 
④エキゾチック系 イランイラン、サンダルウッド、パチュリ、ベチパー 
⑤樹脂系 フランキンセンス、ベンゾイン、ミルラ 
⑥スパイス系 クローブ、コリアンダー、シナモン、ジンジャー、ブラックペッパー 
⑦樹木系 サイプレス、シダーウッド、ジュニパーベリー、ティートリー、プチグレン、ユーカリ、ローズウッド 

①柑橘系

・主に柑橘系の果物や、それに似た香りのハーブから抽出されます。

レモン

オレンジ・スィートノート:トップ※柑橘系ならではの甘くフレッシュでさわやかな香りです。
心、身体・肌への効能緊張の緩和・皮膚炎・乾燥肌・コラーゲンの生成を助ける・気管支炎・便秘・眠りたいのに眠れない・緊張性腹痛
精油の特性と心理効果リフレッシュしたい時や身体にエネルギーを与えたいとき、楽天的で前向きな人になるにつれ人生まで変わり始めます。
一般的な使用法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水・虫よけ
使用上の注意!光毒性はわずかです。
グレープフルーツ ノート:トップ※ほのかな苦みと甘みを含むさわやかな香りです。
心、身体・肌への効能ダイエット・セリュライト・便秘・二日酔い・利尿作用・トラブル肌(ニキビ・毛穴の開き)
精油の特性と心理効果食欲を減退させ脂肪代謝率を高めます。体重が減ってたるんでしまった肌を引き締めます。熱を伴う風邪やインフルエンザの治療には吸入します。落ち込んだ心を元気にして頭痛や疲れを軽減します。
一般的な使用法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!光毒性があります。トリートメント直後から12時間は日光に当たらないように!
シトロネラノート:トップ ※レモンに似たスッキリとした香りで、ほのかに甘さがあります。
心、身体・肌への効能元気がないとき・集中させたいとき・頭痛や神経痛の解消に・リウマチ・蚊などの虫よけに・汗や体臭の予防に・肌を柔らかく滑らかにする
精油の特性と心理効果防虫グッズの香料に使われているほどで、蚊よけやクローゼットの防虫に、猫も嫌う香りですので野良猫対策にも!制汗、デオドランド作用もあります。
一般的な使用法芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水・虫よけ、掃除など
タンジェリンノート:トップ~ミドル※甘くてさわやかな香り
心、身体・肌への効能ストレス・リフレッシュ・緊張の緩和・不眠・便秘・食欲不振・神経性の胃痛・皮下脂肪の燃焼促進・血行不良・妊娠線の予防と改善
精油の特性と心理効果妊娠中や子供にも使えるやさしい精油です。ストレスや不眠、消化器系のトラブルに効果を発揮します。
一般的な使用法芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!光毒性があります。トリートメント直後から12時間は日光に当たらないように!
ベルガモットノート:トップ※花のような甘味を含み、ビターな柑橘系の香りです。
 心、身体・肌への効能ストレス・イライラ・消化不良・膀胱炎・緊張・不眠
精油の特性と心理効果イライラして怒りっぽく批判的で手厳しいため、消化器系や肌が荒れ、神経がピリピリしている人を鎮静し、リフレッシュさせてくれます。
 一般的な使用法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水・虫よけ
使用上の注意!光毒性があります。トリートメント直後から12時間は日光に当たらないように!
マンダリンノート:トップ※フローラルでデリケート、柑橘系の中ではもっとも甘い香りです。
心、身体・肌への効能妊娠線・消化不良・落ち着きのない子ども
精油の特性と心理効果甘いフルーティーな香りは神経の緊張を鎮めて気分を明るくさせます。体内を解毒し、セリュライトを減らしてくれます。体重が減ってたるんでしまった肌を引き締めます。
 一般的な使用法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!光毒性があります。トリートメント直後から12時間は日光に当たらないように!
メリッサ(レモンバーム)ノート:ミドル ※フローラルベースの甘いレモン系の香りです。
心、身体・肌への効能イライラ・ストレス・リラックス・うつ・不眠・消化不良・ヘルペス・虫刺され
精油の特性と心理効果パニックなどを起こした場合に鎮静作用で穏やかにし、明るい気分へ導きます。心臓の弱い人やぜんそくに高い効果を発揮します。生理を正常にして生理痛をやわらげます。
 一般的な使用法芳香浴・トリートメント・アロマバス・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!作用や香りがやや強く、皮膚や粘膜を刺激することがある。妊娠中の人、乳幼児への使用は避ける。
柚子(ユズ)ノート:トップ ※爽やかなユズの香り
心、身体・肌への効能不安・集中力を高める・リフレッシュ・身体を温める・筋肉痛・血行不良・虫よけ・脂性肌
精油の特性と心理効果ユズに含まれる成分のリモネンは血行を促進し、新陳代謝を活発にして、身体を温める働きがあります。自律神経に作用し、リラックス効果の高い精油です。
 一般的な使用法芳香浴・トリートメント・スチーム・湿布・アロマバス・スキンケア・ヘアケア・香水・虫よけ、掃除など
使用上の注意!光毒性があります。トリートメント直後から12時間は日光に当たらないように気をつけましょう。皮膚を刺激することがありますので濃度に注意するように。
ライムノート:トップ※シャープで苦味のあるさわやかな香り、ほのかに甘味も含みます。
心、身体・肌への効能不安なとき・集中力を高める・解熱作用・鼻水、鼻づまり解消・脂性肌のケアの効果的
精油の特性と心理効果理由もなく不安な気分になったときや疲れているときは心をリフレッシュさせてくれます。風邪をひいたときはせきを鎮め、感染症を阻止するのに役立ちます。皮膚につけたあとは日光を避けます
 一般的な使用法芳香浴・トリートメント・アロマバス・スチーム・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!光毒性がある。トリートメント直後から半日は日光に当たらないように気をつけましょう。皮膚を刺激することがあるので濃度に注意しましょう。-
レモンノート:トップ※フレッシュできりっとひきしまった酸味のある香り。
心、身体・肌への効能リフレッシュ・脂性肌・ニキビ・イボ・おでき・虫よけ・浄化・しもやけ・静脈瘤・切れた毛細血管の修復・便秘・冷え性・むくみ・消化不良・頭痛・偏頭痛・体臭
精油の特性と心理効果リフレッシュ効果が高いので、興奮した時や気分転換をしたい時にピッタリです。頭をスッキリさせて集中力や、記憶力を高めたい時にも有効です。勉強部屋の芳香に1本あると便利。
一般的な使用法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水・虫よけ
使用上の注意!光毒性があります。トリートメント直後から12時間は日光に当たらないように!
レモングラスノート:ミドル ※全草にスッキリしたレモンのような香り
心、身体・肌への効能リフレッシュ・無気力・気管支炎・ 胃腸炎・虫よけ・ニキビ・たるみ・体臭・セルライト
精油の特性と心理効果 開いた毛穴やニキビ、毛穴のつまりには、フェイシャルスチームで肌をディープクレンジングするといいでしょう。消化を促進しガスを排出することからレモングラスのハーブティーは食後によく飲まれています。
一般的な使用法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水・虫よけ

②ハーブ系

ハーブの花や、葉から抽出されます。

ローズマリー

アニスシードノート:トップ~ミドル※スパイシーで、温かみのある甘い香り
 心・身体・肌への効能リフレッシュ・気分を高揚させる・風邪・喘息・口臭・便秘・分娩の促進・二日酔い・皮膚の感染症
精油の特性と心理効果古代エジプトではミイラの防腐剤に使われていましたハミガキやマウスウオッシュの成分としても知られています。消化不良や腸内に溜まったガスの排出など、消化器系のトラブルに効果を発揮します。
 一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布
使用上の注意!妊娠中、乳幼児の使用は避ける。分娩時には使用しても良い。長時間の使用を避け、低濃度で使用する。
アンジエリカノート:ベース※ぬくもりのある甘い香り
 心・身体・肌への効能ストレス・精神疲労・風邪・膀胱炎・リウマチ・食欲不振・頭痛・偏頭痛・肌細胞の再生を促す・くすみ
精油の特性と心理効果抗ウイルス作用があり、ロンドンで疾病が流行した際には王室の処方薬として使われたという話が残っています。ジャコウのような甘い香りで、香水やリキュールなどの香りづけにも利用されています。
 一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
キャロットシードノート:ミドル※軽い甘さのあるドライな香り
心・身体・肌への効能ストレス・精神疲労・むくみ・気管支炎・ぜんそく・膀胱炎・しみ・くすみ・湿疹・老化防止
精油の特性と心理効果野生種のノラニンジンの種子が原料となります。からだの浄化作用に優れており、皮膚病への効能でも知られ、老化からくるシミやシワを防いで肌にハリと弾力を与えます。
一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア
使用上の注意!妊娠中の使用は避ける。
クラリセージノート:トップ~ミドル ※ナッツのような甘さをほのかに感じる深みのある香り
 心、身体・肌への効能抗うつ・健康回復・月経痛・ストレスや神経の緊張・不眠症
精油の特性と心理効果 分娩時にこの精油を部屋に香らせると陣痛がやわらぎ、子宮の収縮力が強くなります。更年期のストレスや神経の緊張をやわらげ、のぼせからくる過度の発汗を抑えます。神経質で心配性で意気消沈していて難局を乗り切るだけの意思力が無い人に適しています。
 一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!妊娠初期は控える。分娩時には使用しても良い。長時間の使用を避け、低濃度で使用する。集中力を減退させるので車の運転時は避ける
スィート・マージョラムノート:ミドル※スパイシーで温かみのある香り
心、身体・肌への効能高血圧・ストレス・不眠症・リウマチ・月経痛・筋肉痛・頭痛・偏頭痛・鎮静作用
精油の特性と心理効果 マージョラムの鎮静作用は不安、不眠、神経衰弱などの症状に対して効果的に作用します。ストレスからくる頭痛や偏頭痛に対しても有効です。
一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!妊娠中の使用は避ける。
スペアミントノート:トップ※ペパーミントより少し甘い香りで清涼感がある
心・身体・肌への効能リフレッシュ・二日酔い・頭痛の緩和・口腔ケア・虫刺され・時差ボケに。
精油の特性と心理効果落ち込んでいる時に心を刺激して元気づけてくれます。胃の筋肉をリラックスさせる働きがあり、しゃっくりや吐き気を止めるのに効果的です
一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス
使用上の注意!敏感な肌や目の周囲の使用と妊娠中の使用は避ける。
セージノート:トップ※シャープで苦味を含んだ香り、くっきりと印象に残る香り
心・身体・肌への効能悲しみを癒しリフレッシュしたいとき・月経不順・更年期障害・低血圧・筋肉痛の緩和
精油の特性と心理効果肉の臭みけしとして利用されているセージですが、古くから万能薬として知られています。疲労した時や哀しい時に効果がありますがごく少量を使う。記憶力を向上させたい時にもおすすめ
一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス・スキンケア・ヘアケア
使用上の注意!作用がとっても強いので低濃度、少量で単発的に使用すること。妊娠中、授乳中、てんかん、高血圧、乳幼児への使用は絶対に避けます
タイムノート:トップ~ミドル※甘みと苦味を含んだ清涼感ある香り
 心、身体・肌への効能ストレス・不眠・うつ・リュウマチ・性病・気管支炎・膀胱炎・胃腸炎・肌の感染症・にきび
精油の特性と心理効果去痰作用や鎮痙作用があるのでけいれん性の咳やぜんそくの症状を鎮めるのに役立ちます。
 一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布
使用上の注意!妊娠中、高血圧症の場合は使用を避ける
バジルノート:トップ ※かすかに酸味のあるスパイシーな香り
 心、身体・肌への効能 神経衰弱・精神疲労・臭覚マヒ・カタル
精油の特性と心理効果神経系が興奮している時バジルを用いると神経系が強壮され、気分が落ち着きます。小腸に対して胃腸のガスによる鼓腸を軽減します。
 一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・虫よけ
使用上の注意!妊娠中の使用は避ける。
ヒソップノート:ミドル※温かくて甘みのある香り。
心・身体・肌への効能強心作用・強壮作用・解熱作用
精油の特性と心理効果特に精神面に働きかけ哀しみや心の傷を癒します。循環器系を正常化する働きがあるので生理中のむくみにも効果的。
一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス
使用上の注意!強力な精油なので使用量は少なめに。高血圧の人や妊娠中、授乳中、乳幼児は使用を避けましょう。
フェンネルノート:ミドル ※フローラルな甘さをもったスパイシーな香り
 心、身体・肌への効能便秘・神経性消化不良・腹部膨張・痰を含む咳・利尿作用
精油の特性と心理効果 食物をきちんと消化させ、ガスを出しやすくします。腹部の鼓腸を抑える精油なので豪勢な食事をしたあと、お腹が膨れるのを楽にしてくれるでしょう。授乳期には母乳の分泌を良くします。
 一般的な使用方法  芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・香水
使用上の注意!妊娠中の使用は避ける。
ペパーミントノート:トップ ※清涼感あふれるハッカの香り
心、身体・肌への効能消化不良・咳・風邪・筋肉痛・デオドラント効果・のりもの酔い
精油の特性と心理効果 過去のしがらみを断ち切り、覚悟を決めて新たな一歩を踏み出す勇気が湧いてくる。嘔吐や胃酸の逆流、げっぷやしゃっくりを止めるのに役立ちます。鼻水、鼻づまりにも効果的です。
 一般的な使用法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水・虫よけ
使用上の注意!妊娠中、授乳中の使用は避ける。
 ヤロウノート:ミドル※ほのかに甘くてスパイシーな香り
 心、身体・肌への効能過度の緊張・ストレス・不眠・風邪・下痢・更年期障害・静脈瘤・湿疹・やけど・ニキビ・育毛・
精油の特性と心理効果
 一般的な使用方法  芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!強力な精油で頭痛を催すことがあるので長時間の使用を避ける事。妊娠中は避ける。キク科アレルギーのある場合は避ける。
ローズマリーノート:ミドル※フレッシュで樟脳に似た清涼感ある香り
 心、身体・肌への効能 頭痛・集中力増加・血行不全・筋肉痛・ねん挫やこわばり・肩こり・不眠
精油の特性と心理効果 身体を温めて強壮する用途の広い精油であり、身体の様々な器官を活性化し、障害を取り除く作用があります。低血圧や循環不全による手足の冷えに効果的です。関節炎やリウマチの治療にも有効です。脳や神経系への血液循環を増強して記憶力、集中力、注意力の向上を助けるので集中したい時には部屋に香らせるとたいへん効果的です。
 一般的な使用方法  芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!妊娠中、高血圧症、てんかん、心臓疾患のある場合は避ける。

③フローラル系

主に花から抽出されます。

カモミール・ローマンノート:ミドル※青リンゴのような甘酸っぱい香り
心、身体・肌への効能湿疹やアレルギー・月経痛・神経痛・抗炎症
精油の特性と心理効果子供の寝つきが悪い時やかんしゃくを起こしている時。心を穏やかにしてくれます。神経性の胃腸障害に適しています。
内に秘めた感受性を隠すためにわざと不真面目な態度をとったり、人に邪険に当たったり、すぐカッとなったりしてしまう・・
そんな時カモミールを用いると態度が和らぎ神経が静まります。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!妊娠中、キク科アレルギーのある場合は使用を避けます。
ジャスミンノート:ミドル※魅惑的な花の香り。甘くて濃厚。
心、身体・肌への効能 高揚・催淫・出産時・ドライスキン・不眠症
精油の特性と心理効果 自信がわき、気分の落ち込みを防ぎます。  月経時の不快感や腹痛を軽減し、分娩時の痛みも和らげます。深く傷ついて悲観にくれている時に適した精油です。  ジャスミンを使うと、この先何が起きても平気だと思えるようになり、楽しくゆったりした気分になれます。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!妊娠中は分娩間近までは使用を避ける。
 真正ラベンダーノート:ミドル※甘くさわやかでフローラルな香り
 心、身体・肌への効能 ストレスと緊張・不眠症・頭痛・皮膚炎・水虫・気管支炎・高血圧・体臭・虫除け・坐骨神経痛・応急処置(けが・やけど・ショック)
精油の特性と心理効果 毒性がなく常備薬として価値が高い。希釈せずに直接肌につけられる数少ない精油。脂性肌にはフェイシャルスチームで改善おススメ!ストレスや神経の緊張からくる身体の諸症状の治療に用いられます。スパイクラベンダーと香りは似ていますが作用は真正ラベンダーとは異なります。
 一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水虫よけ
使用上の注意!妊娠中の使用は避ける。
スパイクラベンダーノート:トップ~ミドル※くっきり、ハッキリしたラベンダーの香り
 心、身体・肌への効能リフレッシュ・不安で落ち込んでいるとき・頭痛や筋肉のコリ・やけどやニキビ・虫刺され
精油の特性と心理効果気管支炎やのどが痛むときは呼吸を楽にして痛みをやわらげてくれます。殺菌作用もあり、水虫に効果的。空気を浄化するのに適しています。
 一般的な使用方法 芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水・虫よけ
使用上の注意!妊娠中の使用は避ける。
ゼラニウムノート:ミドル※バラのような甘さを含んだ香り
心、身体・肌への効能 不安・不眠症・のぼせ・動悸・下痢・ニキビ・ドライスキン・炎症を起こした肌・虫刺され・しみ・くすみ・乗り物酔い・時差ボケ・バストアップ・更年期
精油の特性と心理効果神経系に対する鎮静作用と冷却作用があり、気持ちが落ちつかない時、不安な時に使用すると効果的です。更年期障害の治療に有効な精油です。膀胱炎には入浴時に数滴入れるとよいでしょう。ドライスキン、オイリースキンのどちらにも適し、ニキビの治療にも使えます。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水虫除け
使用上の注意!妊娠中の使用を避ける。
ネロリノート:ミドル※オレンジの甘さにやや苦味のある花の香り
心、身体・肌への効能 不眠症・老化した肌・妊娠線・抑うつ
精油の特性と心理効果 肌の回復作用をもつので乾燥、老化した肌、毛細血管が切れてしまった肌やシワのトリートメントに有効です。やや内気で人に打ち解けず周りからクールにみられる人が使うと感情をありのままに表現できるようになります。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
リンデン(ボダイジュ花)ノート:ベース※ソフトな甘い香りでスパイシー。深みがあり、香りは長続きします。
心、身体・肌への効能 血圧降下作用・頭脳明晰作用
精油の特性と心理効果とてもリラックス効果が高く、ぐっすりと眠れます。頭痛や神経痛を改善し、高いコレステロール値を低下させ、貧血症を緩和します。またやけどを治し、シワやシミを防ぎ、髪の毛の成長を促します。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
ローズオットーノート:ベース ※甘味と深みのあるしっかりとしたバラの香り
心、身体・肌への効能 うつ・不感症・ストレス・月経前緊張症・不妊症
精油の特性と心理効果 自分を魅力的で自信に満ちた状態にしてくれます。慢性の便秘を治療する緩下剤として役立ちます。生殖器系に作用し、子宮を浄化、強壮する作用があるので更年期障害や重い月経に悩まされている女性におススメです。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水

④エキゾチック系

異国情緒が漂うような個性的な香り。

イランイランノート:ミドル※甘くて濃厚な、ジャスミンに近い香り
心、身体・肌への効能 不安・不眠症・高血圧・催淫・イライラ・気分落ち込んでいる・ストレス・パニック・恋をしたい・孤独感
精油の特性と心理効果 こんを詰めて働き、責任感が強いためストレスが溜まり自分の感情をコントロールできなくなった人におススメ。神経系を鎮静させると同時にリラックスした安らかな気分にしてくれます。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!妊娠初期は避ける
サンダルウッド(ビャクダン)ノート:ベース※甘さのあるオリエンタルな香り。
心、身体・肌への効能 ときめきたい・恋をしたい・膀胱炎・性病・慢性の咳・ジクジクした湿疹・ドライスキン・不眠症
精油の特性と心理効果古代から瞑想や宗教儀式に用いられ、優れた鎮静作用がありますので心を穏やかにし、 疲れた身体を静かに休め、神経系を鎮めます。下痢、胆のうの炎症を和らげるのを助けます。行きづまりを感じたり、いつも堂々巡りしてしまう人に適しています。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!うつ状態の時は使用を避ける。
パチュリノート:ベース※スパイシーで土のような香り、墨汁に似ている。
心、身体・肌への効能 下痢・ニキビ・傷痕・シワを目立たなくする・水虫・妊娠線・とびひ
精油の特性と心理効果 神経疲労・ストレス・不安を癒やす際に使われる。健康な肌の組織再生を促すので傷痕や妊娠線が目立たなくなります。肌の老化予防になくてはならない精油です。ネロリと組み合わせると非常に効果的です。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水・虫よけ
ベチバーノート:ベース ※スモ―キーで土を連想させるような深みのある甘い香り
心・身体・肌への効能ストレス・不眠・緊張の緩和・心を落ち着かせる・免疫力を高める・肩こり・ねんざ・打撲・ニキビ・生殖器系の強壮
精油の特性と心理効果イネ科の植物の根から抽出されるベチバーは、鎮静力に優れ、ストレスや緊張を緩和させる働きがあります。中枢神経のバランスをとり、病気を寄せ付けず、健康な身体に戻す力を発揮します。虫よけの効果も高く、落ち着いた芳香で石鹸や香水の香料としてもよく用いられます。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水・虫よけ

SPONSORED LINK

⑤樹脂系

香木の樹脂から抽出されます。

フランキンセンスノート:ベース※ややレモンに似たスパイシーでスッキリした香り。瞑想の香り。
心、身体・肌への効能 イライラ・ストレス・緊張・不安・瞑想・老化した肌・粘液分泌調整・不眠症
精油の特性と心理効果 炎症を鎮め、肌を引き締める効果のある若返りの精油です。集中力を高めます。不安や緊張を癒やすため、ストレスを感じたり、疲れて何もしたくない時に使用すると気分が高揚します。老化した肌やシワのトリートメントにはとても大切な精油です。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
ベンゾイン(安息香)ノート:ベース ※バニラのような甘く濃厚な香り。
心、身体・肌への効能 ストレス・花粉症・膀胱炎・皮膚炎・かゆみ・しもやけ、あかぎれ
精油の特性と心理効果 鎮静効果に優れ、ストレスや呼吸器系の不調に効果を発揮します。にきび、乾燥肌、体臭にも効果的です。 幸福感を与え、悲しみ、抑うつを和らげます。抗炎症作用、去痰作用があり、風邪や気管支炎などの症状を緩和します。
一般的な使用方法芳香浴・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!妊娠中の使用を避ける。
ミルラ(没薬)ノート:ベース※ジャ香を思わせるようなスモ―キーでスパイシーな香り
心・身体・肌への効能無気力・不安の解消・歯槽膿漏・口内炎・胃からくる口臭を消す効果・気管支炎・床ずれ・水虫・湿疹
精油の特性と心理効果呼吸器系や消化器系に作用して効果的ですが、特に口腔系の潰瘍、歯槽膿漏などに効果を発揮します。 
一般的な使用方法芳香浴・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!妊娠中の使用を避ける。

⑥スパイス系

料理のスパイスとして使われている香辛料から抽出されます。

クローブノート:ベース ※刺激的でスパイシーな香り。ゴキブリが嫌う香り。
心、身体・肌への効能 うつ・記憶力の強化・腸内ガス・消化不良・にきび
精油の特性と心理効果 皮膚の感染症や消化器系の疾患に効果的。 歯痛に有効
一般的な使用方法芳香浴・蒸気吸入・香水・虫よけ
使用上の注意!妊娠中の使用を避ける。
コリアンダーノート:トップ※ピリッとした刺激のある、官能的でスパイシーな香り。
心、身体・肌への効能 神経衰弱・リフレッシュ・胃けいれん・血行不良・関節炎
精油の特性と心理効果 記憶力の強化や、体内の毒素の排出に適しています。デオドラント作用があります。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・蒸気吸入・湿布
シナモン
ノート:ベース※ニッキの香り。甘くピリッとスパイシーな香り。
心、身体・肌への効能神経衰弱・イボ・胃痛・関節痛・下痢・呼吸器系の感染症
精油の特性と心理効果 全体的に強壮作用があります。特に呼吸器系への強壮作用にすぐれており、カゼなどの感染症に非常に効果を発揮します。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入
使用上の注意!妊娠中、授乳中の使用を避ける。
ジンジャーノート:トップ※ショウガの香り。
心、身体・肌への効能ねんざ・精神疲労・乗り物酔い・二日酔い・打ち身
精油の特性と心理効果 胃を温め、消化を助けるスパイス。下痢や吐き気など消化器系の強壮に役立ちます。 性欲を高めます。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布
ブラックペッパーノート:トップ※コショウの香り。
心、身体・肌への効能便秘・気管支炎・打ち身・口内炎・扁桃炎・リウマチ
精油の特性と心理効果呼吸器系の感染症全般に効果的です。尿の出をよくします。風邪、インフルエンザなど感染症による発熱に働きかけます。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布

SPONSORED LINK

⑦樹木系

樹木の樹皮や枝、葉などから抽出されます。

 

サイプレスノート:ミドル※ヒノキに似たスッキリとした香り。
心、身体・肌への効能拡張蛇行静脈・痔・けいれん性の咳・発汗過剰
精油の特性と心理効果ストレスによって起こる神経衰弱、緊張、疲労の治療に使われることがあります。拡張蛇行静脈や切れた毛細血管の治療にとても有効。冷え性やしもやけにはジンジャーと混ぜて足浴に使うといいでしょう。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
シダーウッドノート:ベース ※ウッディでドライな香り。
心、身体・肌への効能 ニキビ・フケ・体臭・咳と気管支炎・関節炎・肌の感染症・神経の緊張と不安
精油の特性と心理効果身体を温めるだけではなく機能回復、強壮、鎮静、高揚作用があります。神経系の緊張、慢性的な不安、抑うつ、疲労などに効果的。遅れがちな月経を整えます。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
ジュニパーベリーノート:ミドル※爽やかで甘いウッディ系の香り。
心、身体・肌への効能 膀胱炎・セリュライト・リウマチ・オイリースキン・ニキビ・水分の滞留・体臭
精油の特性と心理効果 腎臓と泌尿器系に作用し、尿の出が悪かったり、逆に出すぎたりといった症状に適しています。浄化作用がありますので尿酸や、風邪をひいたり組織の働きが鈍った時に体内にたまる毒素を排泄するのを助けます。フェイシャルスチームとして2~3滴お湯に落として使用すると黒ニキビや湿疹、皮膚炎の症状にも有効です。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水
ティートリーノート:トップ※シャープで清涼感あるフレッシュで鋭い香り。
心、身体・肌への効能ヘルペス・抗菌・抗ウイルス・カゼとインフルエンザ・皮膚の感染症・応急処置・殺菌作用・膀胱炎・水虫体臭
精油の特性と心理効果 吸入するとカゼやインフルエンザを追い払ってくれます。急性や慢性膀胱炎に有効です。水虫、ウオノメ、おでき、やけど、切り傷、虫刺されなどにも有効です。さまざまなイボをとり除くことができます。毎日少量を患部に直接(この精油は直接OK)つけてください。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・香水
プチグレンノート:トップ~ミドル※鎮静作用のあるフルーティな香り
心・身体・肌への効能ストレス・うつ・リフレッシュ・神経衰弱・不眠・呼吸器系の感染症全般・筋肉のけいれん・にきび・吹き出物・おでき
精油の特性と心理効果 薬効はネロリと似ていますが、ネロリより安価であっさりしています。抗うつ作用があります。疲労感をとり除きます。ニキビ肌のお手入れに最適です。この精油はオレンジからだけでなく、レモンやマンダリン、クレメンタインの果皮からも抽出されています。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・スキンケア・ヘアケア・香水
使用上の注意!皮膚を刺激することがあるので濃度に注意すること
ユーカリノート:トップ※シャープな香り。爽やかで鋭い香り。ティートリーに似ている。
心、身体・肌への効能 カゼやインフルエンザ・気管支炎・粘膜の不調・リウマチ・膀胱炎・虫よけ・花粉症・眠けさまし・体臭
精油の特性と心理効果 抗ウイルス作用があるので流感やせき、ぜんそく、鼻づまりなどに効果的。のどの痛みや鼻の炎症を抑えます。 特に花粉症には有効。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・湿布・香水・虫よけ
使用上の注意!高血圧、てんかんを病む人は避ける。
ローズウッドノート:ベース ※バラに似た落ち着いた香り。
心、身体・肌への効能 ストレス・スキンケア・リンパ系の強壮・催淫
精油の特性と心理効果 ストレスや緊張からくる頭痛を和らげたり、頭痛だけではなくストレスに関係したさまざまな疾患に効果的です。ほてり、乾燥肌、炎症を鎮めるのに役立ちます。また、肌を蘇らせます。傷痕、ハリのない肌、シワのトリートメントに有効です。神経を落ちつかせる一方で、気持ちを上向きにし、穏やかに気分にしてくれます。
一般的な使用方法芳香浴・トリートメント・アロマバス・蒸気吸入・湿布・スキンケア・ヘアケア・香水

アロマは医療ではありません。結果を保障するものではありません。ご自身の責任においてご利用いただければと思います。
<精油選びのチェックポイント>
100%天然のもので混ぜ物(香料・アルコールなど)をしていない純粋なものであること。ラベルに必要なこと(品名・学名・抽出部位・原産地)が書いてあるか、輸入元や、取扱い注意などがきちんと日本語で記載されているかなどをチェックしましょう。

私がよく利用しているアロマショップです^^
ease アロマオイル エッセンシャルオイル はじめてのアロマセット オレンジスイート・ティートリー・グレープフルーツホワイト・ユーカリブルーガム・真正ラベンダー 各5ml AEAJ認定精油

SPONSORED LINK

タイトルとURLをコピーしました