ロハス的なライフスタイル♪

薬膳やアロマ、美容と健康、ダイエット、生活の知恵や動物占いなど、ロハスなライフスタイルをご紹介しています♪

*

ドライブレコーダー選び方のポイントは?

      2018/04/23

2017年6月に東名高速道路で起きた死亡事故以来、映像と音声を記録してくれるドライブレコーダーの必要性が問われ、カー用品店では爆発的な売れ行きを示し、中でも売れ筋は2万円代と言われていました。

その事故の原因は、PAで事故の直前に注意したクルマに高速道路上を追いかけられ、無理やり「追い越し車線」に止められ、そこへ大型トラックが追突し、ワゴン車に乗っていた夫婦が死亡、娘さん二人が負傷しました。

SPONSORED LINK

他人ごとではなく、いつ自分も遭遇するかわからない。ドライブレコーダーは無いよりはあった方がいいけど、いざ買うとなると何を基準に選べばいいのかわからないよ!ってことないですか?

画質は「フルHD以上」が基本

せっかく買うなら「相手のナンバーが読み取れるもの」がよい。

解像度は「1920×1080」(フルHD)画素数は「200万画素」以上を目安に選ぶとよいでしょう。

レンズはF1.8など明るいほうが夜間の記録に有利です。

また、HDRやWDRという暗部と明部の差を補正してくれる機能があるものはとても見やすくなるようですが、どちらを選べばよいのか迷いますね。今のところ逆光補正についてはパイオニアの「WDR」と謳っている製品をおススメされている方が多いようです。

画角は水平画角が「108°」以上のものを選ぶ。

撮影できる視野角が広いほどよいでしょう。

「水平画角・・・横の撮影範囲」
「垂直画角・・・縦の撮影範囲」
「対角画角・・・斜めの撮影範囲」の3つがあります。

このうち最も重要なのが水平画角で、各メーカーによって平均値はまちまちのようです。

フロントガラスから左右にどれくらい広く映せるかを表します。110度から130度が一般的ですが広すぎると遠くのナンバーが小さくなるなどバランスも無視できないですね。

バッテリーの有無

エンジン停止中の盗難や当て逃げなどを監視するときに、バッテリー内臓型ですと便利です。ほとんどのドライブレコーダーはシガーソケットから給電できますが、できないモデルもありますので確認されるといいですね。

駐車監視機能が付いていればなおさら安心!

SDカードの容量

ドライブレコーダーによっては保存のSDカードの容量が少ないものがあるようです。

GPS対応

ドライブレコーダーで録画した動画には、時刻だけでなくGPS情報なども入れられるなど、証拠としての記録を求められます。GPS対応をしていますと証拠としての価値がさらに上がります。ご夫婦で同じ車を使っている友人は、行動がわかるからドラレコはつけない!と言っていました。(笑)

耐熱性

高温に耐えられずにオーバーヒート!ドラレコが止まってしまい、運悪くそのタイミングで事故に遭ってしまったら最悪ですよね!何のためのドラレコ?となります。

ドライブレコーダーは夏場、炎天下にさらされますので耐熱性能を重視して買い求めたいですね。購入時に動作温度を確認されてください。

 - 生活