ロハス的なライフスタイル♪

動物占い、手相、アロマオイルの使い方、薬膳や健康、美容に関する事柄などを主にご紹介しています♪

開口神社(あぐちじんじゃ)|堺の大寺さん 安産祈願・開運厄除けの神様 

   

阪堺線「大小路」と「宿院」の中間に位置する開口神社は、あぐちじんじゃと読み、大寺(おおてら)とは、かつて(江戸時代まで)開口神社の神宮寺であった念仏寺の通称です。

堺生まれで、奈良時代の日本の僧侶「行基 ぎょうき」が境内に念仏寺を建立したことで、堺の人々は開口神社のことを今でも「大寺さん」と呼んでいます

SPONSORED LINK

 
雄大な鳥居がドシッと構えていました。鳥居の色も素敵でした!

1700年以上もの歴史を持ち、大阪湾の出入り口を守る神様を祀っている神社で、神功皇后勅願によって創建されたと伝えられています。通称「大寺さん」と呼ばれ、地元の人達の心のよりどころとなっているようです。

【豊竹稲荷神社】本来は、穀物、農業の神であるが、現在では産業全般の神として信仰されているということです。

【三宝荒神社】、かまど神社とも呼ばれており、台所の神様として、毎年11月28日には三宝荒神社大祭を執り行われており多くの参拝客があるようです。

この他、立派な狛犬(こまいぬ)をはじめ、入り口付近には、金龍井、針塚に歌碑、句碑などがあります。境内には本殿を囲むように小さな社がいくつもありました。句碑には与謝野晶子の顔も彫られていました!

また、節分祭・初午祭・さつき祭・八朔祭・三宝荒神祭などが行われ、多くの参拝客が訪れます。11月でしたので七五三に参拝されている方がいらっしゃいました。

手水舎は、南門近くにあります。社務所では、御朱印記帳は300円でした。500円が相場かな?と思ったので思わず300円?と聞き返してしまいました(笑)

開口神社では、
※ 神前結婚式ができます。挙式には最大合計30名まで参列できるということです。
※ 40名~80名が利用できるレンタルスペースがあります。人数に応じて3部屋用意されていて、「展示会・研修会や会議、教養講座、習い事教室、サークル活動等、さまざまな用途にご利用ください。」とあります。

開口神社(あぐちじんじゃ)アクセス

 
大阪府堺市堺区甲斐町東2丁1-29
TEL. 072-221-0171 FAX. 072-223-9512

開口神社 HP
開口神社 アクセス

活気のある神社というイメージを受けました。ここから南へ徒歩5分 住吉大社宿院頓宮にも行ってきました。

 - 神社・仏閣めぐり