精油

精油

ベチバー 精油の使い方は?心や身体・肌への作用とは?

ゴキブリ退治に効果的!なベチバーですが、根が古いほど良質の精油がとれるということで、年を経るほど香りと質がよくなるという性質があります。ベチバーは、濃くて粘度が高くかなり重いですので瓶をさかさまにしてもなかなかでてきませんが根気よく待つ。 ...
精油

ジュニパーベリー 精油の使い方は?心や身体・肌にどんな作用があるの?

ジュニパーは、15mほどに成長する針葉樹ですが、栽培されているものは2mぐらいの高さにそろえられるようです。小さな黄色の花を咲かせ、直径5~8mmほどの黒くてやわらかい実をつけます。この実から精油が抽出されます。苦味と甘みが混ざったようなス...
精油

ローズマリー 精油の使い方は?心や体、肌にどんな作用があるの?

ローズマリーと言えば、認知症に効果があるということでご存知の方も多いのではないでしょうか。クリアで強い刺激のある香りがします。その強い香りはさまざまな器官を活性化し、修復してくれます。強い収れん作用もあるので、肌の引き締めにも効果があります...
精油

レモングラス 精油の使い方は?心や身体・肌にどんな作用があるの?

レモングラスは、草丈が約90cm程のイネ科の植物です。インドでは数千年に渡って愛用されてきており、解熱剤や、感染症、腫瘍の進行をくい止めるのに役立つ薬として使われていました。 レモンに似た爽やかな香りですが、フレッシュでレモンより...
精油

レモン 精油のアロマ効果でアロマテラピーライフを楽しむ方法!

アロマが認知症に効果的という話はよく聞かれていると思いますが、香りで精神的な病を癒やしたりすることが古代から行われていたようです。 レモン(精油)のデータとアロマ効果について レモンを絞った時、手に油分が少し残ったような気がした...
精油

ラベンダーのパワーは凄い!効果効能はこちら!

アロマといえば、ラベンダーは一般的ですね。精油は、皮膚に直接つけてはいけないのですが、ラベンダーは、やけど、虫刺され、水虫など、直接塗布してもOKですので、アロマ初めての方でもまずラベンダーから試されてはいかがでしょうか。 ここでは、...
精油

柚子 精油の効能と効果|寒い冬はゆず風呂でポッカポカ♪

柚子はいろんな料理などで使われていますが、皮から搾り取られた精油には血行を促進する成分が含まれています。 柚子(ユズ)の効能と効果をみてみましょう 効 能(主な作用) 抗菌作用、抗真菌作用、殺虫作用、鎮痛作用...
精油

ユーカリ 精油で助けられた花粉症!その効能と効果は?

コアラの好物として知られるユーカリには、数多くの種類がありますが、ユーカリ・グロブルスがもっとも一般的で、風邪や花粉症対策に向いています。 ユーカリの効能効果 効 能(主な作用) 抗ウイルス、抗炎症、去たん、解熱、殺菌...
精油

メリッサ(レモンバーム)精油|生命の万能薬と呼ばれた効能・効果は?

メリッサは「ミツバチ」を意味するギリシャ語で、ミツバチがこの花を好むことからこの名前がついたそうです。古くから万能薬として知られており、心臓の鎮静作用を示す薬として利用されてきました。プレッシャーに打ち勝つ力を与えてくれます。 メ...
精油

ミルラ(没薬) 精油の効能・効果| 口臭を防いでくれる!?

ミルラ(没薬)は、どことなく麝香(じゃこう)を思わせる香りで、無気力なときに使うと気分が明るくなります。 ミルラ(没薬)の効能効果 効 能(主な作用) 強壮作用、健胃作用、デオドラント作用、子宮強壮作用、刺激作用、殺菌作用...
精油

マンダリン 精油の使い方は?心や身体・肌への作用とは?

マンダリンの名前は、マンダリンと呼ばれる中国の高級官僚たちが尊敬のしるしとして、主君にこの果実を捧げたことに由来しているといわれています。温州ミカンの仲間で、果皮を乾燥させたものは「陳皮」と呼ばれ漢方薬や料理の香りづけに使われます。 ...
精油

ベンゾイン(安息香)精油の使い方は?心や身体・肌への作用とは?

ベンゾインは古くから霊的な力があると信じられ悪霊を追い払うための薫香として使われていたようです。安息香という名は、これを焚くと呼吸が楽になることからつけられました。 ベンゾイン(安息香)の使い方 注意)15~20mほどに生...
精油

ベルガモット 精油の使い方は?心や身体・肌にどんな作用があるの?

ベルガモットの実は苦味があり食用に向きませんが、他の柑橘類よりはるかに甘い香りがし、紅茶のアールグレイのフレーバーとして使われています。精油は主に、化粧水や、トリートメントオイル、オーデコロンの原料として使われています。 ベルガモット...
精油

ペパーミント 精油の使い方は?心や身体・肌にどんな作用があるの?

ペパーミントといえば、メントールのスッとした刺激的な香りで、気分がスッキリします。歯磨き粉、お菓子、ガムなどの香りづけに利用されており、ウォーターミントとスペアミントの交配種のハーブです。 ペパーミントの効能効果 効 能(主な作...
精油

フランキンセンス 精油 |皮膚の若返りは有名!効能・効果はこちら!

フランキンセンスは、心を落ち着かせ透き通るような瞑想の香りを感じさせます。かる~いレモンのようなスッキリ、スパイシーな香りです。この精油は、皮膚の若々しさを保つことは有名な話です。 フランキンセンスの効能効果 効 能(主な作用)...
精油

パチュリ 精油の使い方は?心や身体・肌にどんな作用があるの?

パチュリはマレーシアでは毒蛇や蜂に刺されたときの解毒剤として、中国や日本では、薬として使用されてきました。 インドでは木の葉を乾かして、衣類などを虫食いから守る防虫剤としても利用されており、19世紀初めごろからイギリスなどに輸出するカ...
精油

ネロリ 精油の使い方は?心や身体・肌への作用とは?

ネロリという名前は、17世紀イタリアのブラッチャーノ公爵夫人が、ネーロラのオルシーニ城に住んでおり、彼女は手袋にビターオレンジの花の香りをつけ、愛用したことで「ネロリの手袋」と呼ばれたことが由来となっています。 ネロリの使い方 ...
精油

ティートリーの効果効能はハンパない!常備しておきたい万能精油!

ティートリーといえば、殺菌力が強いことで知られています。また、精油を原液で使うことは禁じられておりますが、ティートリーは、綿棒に1滴落として、ヘルペスや水虫の殺菌対策(注意事項をご覧ください)に、直接皮膚につけることができるので常備しておき...
精油

ゼラニウムの精油|効能・効果はこちら~!どんな肌タイプにもOK!

皮脂のバランスを整える作用があり、ドライスキン、オイリースキンのどちらにも適し、ニキビの治療にも使えます。ローズに似た香りは肌のお手入れに最高~! ゼラニウムの効能効果 効 能(主な作用) エモリエント、強壮、抗うつ、抗炎...
精油

スイートマジョラム 精油の使い方は?心や身体・肌への作用とは?

スイートマジョラムは、草丈20~50㎝ほどの多年草です。古代ギリシャやローマでは神の力が宿す薬草として知られ、広く使われていました。また新婚夫婦の幸福を祈って花冠が贈られたり、墓地に植えて死者の魂に安らぎをもたらす助けにもしたということです...